標茶町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しべちゃちょう
標茶町
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 釧路総合振興局
川上郡
団体コード 01664-1
面積 1,099.41 km²
総人口 8,002
住民基本台帳人口、2014年3月31日)
人口密度 7.28人/km²
隣接自治体 釧路町鶴居村弟子屈町
厚岸町中標津町別海町
町の木 ナラ
町の花 コスモス
標茶町役場
町長 池田裕二
所在地 088-2312
北海道川上郡標茶町川上4丁目2番地
外部リンク 標茶町役場

日本地域区画地図補助 01660.svg

標茶町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

標茶町(しべちゃちょう)は、北海道釧路総合振興局管内の川上郡にある町。 主に富山県、長野県からの満蒙開拓団(弥栄開拓団)の引揚者が戦後多数移住した。

町名の由来はアイヌ語の「シペッチャ」(大きな川のほとり)から。

地理[編集]

釧路総合振興局のほぼ中央に位置する。距離は釧路市中心部から北東に約40km。 町の面積1,099.56 km²。 日本全国の町村では、6番目に広い。

町を南北に釧路川が流れ、川に沿って釧網本線、国道391号などの交通網が走る。

南部には釧路湿原を有する。 釧路湿原の総面積18,290haのうち標茶町が占める面積は11,993haで全体の約65%にあたり、四市町村中最も多い。

町の境界線を北西を上にして見ると羊のように見えるとされている。

気候[編集]

周囲四方に山に囲まれた盆地で夏と冬の寒暖差が激しく、夏は釧路などよりも気温が上がる。太平洋側気候のため積雪量は少ない。

標茶町
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
43
 
-2
-15
 
 
28
 
-2
-15
 
 
59
 
2
-9
 
 
74
 
9
-2
 
 
98
 
15
3
 
 
88
 
18
8
 
 
111
 
21
13
 
 
132
 
23
15
 
 
155
 
20
10
 
 
111
 
15
2
 
 
80
 
8
-5
 
 
51
 
1
-10
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[1]

隣接している自治体[編集]

沿革[編集]

1885年に網走刑務所の前身である釧路集治監が開設されたのが始まり。 郡役場や戸長役場、日本銀行の出張所も設置され、一時期は釧路に匹敵する規模の町となった。 服役する囚人は最盛期で2,000人近くに上り、釧路-網走間の道路の建設、釧路鉄道の建設、川湯のアトサヌプリ(硫黄山)での硫黄の採掘などの役にあたった。

1887年には硫黄山の硫黄の輸送のため、標茶-硫黄山間に北海道で二番目の鉄道が建設された。硫黄は標茶で積み替え、釧路までは水運で運ばれたが、乱掘のため資源が枯渇し、採掘は9年足らずで廃止された。

1901年に釧路集治監は廃止され、機能は網走分監にうつされる。1903年の弟子屈村の分離も重なり、人口が激減するが、1908年に軍馬補充部が集治監跡地へ設置されたことにより、再び町は活気にあふれた。軍馬補充部は1945年に廃止、敷地の一部と建物は戦後まもなく開校した標茶高校に、残りの敷地は農地等に転用された。標茶高校の敷地が広いのは、これらの歴史的経緯のためである。

  • 1885年(明治18年)釧路集治監開設、塘路に熊牛村外四ヶ村戸長役場が設置される。
  • 1887年(明治20年)硫黄山の硫黄の輸送のため、標茶-硫黄山間に鉄道が建設。
  • 1892年(明治25年)香川県の移民団「貫誠社」が塘路に入植するが、半年で解散。
  • 1901年(明治34年)釧路集治監廃止
  • 1903年(明治36年)弟子屈・屈斜路の両村が弟子屈外一村戸長役場(現在の弟子屈町)として分離する。
  • 1908年(明治41年)軍馬補充部川上支部が設置され、これに伴い人口が増加し始める
  • 1923年(大正12年)熊牛村となる。
  • 1927年(昭和 2年)釧網本線が標茶まで全通
  • 1929年(昭和 4年)熊牛村から標茶村に改称する。改称理由は「熊牛」という名前が山奥を連想させるため
  • 1945年(昭和20年)軍馬補充部が廃止。
  • 1950年昭和25年)11月1日 町制施行、標茶町
  • 1953年(昭和28年)標茶駅前大火により約100戸が焼失
  • 1955年(昭和30年)太田村の一部(現在の茶安別地区)を合併

2004年平成16年)11月現在、他の自治体との合併予定はない。

経済[編集]

産業[編集]

主要産業は酪農。農家の戸数は年々減少しているが、逆に乳牛の頭数は増大、大規模化が進んでいる。 標茶町で酪農が開始されたのは昭和に入ってからで数戸の酪農家が生乳をバター、クリーム等に加工して釧路で販売していた。昭和9年頃から各地で集乳所が建てられ、本格的に酪農が行われるようになった。

近年は南部の塘路湖を中心とした観光開発が進み、 釧網本線のトロッコ列車「くしろ湿原ノロッコ号」が釧路駅 - 塘路駅間にて運転されている。塘路湖ではカヌー体験などが可能。 冬季はSL冬の湿原号釧路駅 - 標茶駅間にて運転されている。

  • 釧路内陸標茶工業団地(優遇措置あり)

金融機関[編集]

立地企業[編集]

農協・漁協[編集]

  • 標茶町農業協同組合(JAしべちゃ)
  • 塘路漁業協同組合

郵便局[編集]

  • 標茶郵便局(集配局)
  • 塘路郵便局(集配局)
  • 虹別郵便局(集配局)
  • 久著路郵便局(集配局)
  • 磯分内郵便局
  • 阿歴内簡易郵便局
  • 上オソツベツ簡易郵便局

宅配便[編集]

コンビニエンスストア[編集]

公共機関[編集]

警察[編集]

  • 弟子屈警察署標茶駐在所
  • 弟子屈警察署磯分内駐在所
  • 弟子屈警察署塘路駐在所

消防[編集]

  • 釧路北部消防事務組合標茶消防署

地域[編集]

標茶(市街地)、磯分内、厚生、多和、栄、ルルラン、南標茶、五十石、沼幌、虹別、阿歴内、塘路、久著呂、オソベツ、茶安別

人口[編集]

Demography01664.svg
標茶町と全国の年齢別人口分布(2005年) 標茶町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 標茶町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
標茶町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 13,832人
1975年 12,737人
1980年 12,297人
1985年 11,633人
1990年 10,701人
1995年 10,015人
2000年 9,388人
2005年 8,936人
2010年 8,278人
総務省統計局 国勢調査より

人口は1960年(昭和35年)の17,424人(国勢調査)をピークに減少が続く。

教育[編集]

町内にある北海道標茶高等学校は日本一広い高校(大学を除けば日本一広い学校でもあり、大学も含めた単一キャンパスの広さでは日本で三番目)。敷地面積は255万平方メートル。 釧路管内ではじめて総合学科が設置された。

  • 大学関連施設
  • 高等学校
  • 中学校
    • 標茶中学校
    • 虹別中学校
  • 閉校した中学校
    • 磯分内中学校(2012年3月31日閉校)
  • 小学校
    • 磯分内小学校
    • 標茶小学校
    • 虹別小学校
    • 沼幌小学校
    • 中御卒別(なかおそべつ)小学校
  • 閉校した小学校
    • 五十石(ごじっこく)小学校(1970年3月31日閉校)
    • 上磯分内小学校(1970年3月31日閉校)
    • 下茶安別小学校(1970年3月31日閉校)
    • 厚生小学校(1971年3月31日閉校)
    • 阿歴内第三小学校(1976年3月31日閉校)
    • 栄小学校(1978年3月31日閉校)
    • 開盛小学校(1979年3月31日閉校)
    • 萩野小学校(1980年3月31日閉校)
    • 上虹別小学校(1983年3月31日閉校)
    • 北片無去小学校(1984年3月31日閉校)
    • 阿歴内第二小学校(1995年3月31日閉校)
    • 中虹別小学校(2003年3月31日閉校)
    • 上御卒別小学校(2005年3月31日閉校)
    • 弥栄小学校(2007年3月31日閉校)
  • 小中学校
    • 阿歴内(あれきない)小中学校
    • 久著呂中央(くちょろちゅうおう)小中学校
    • 塘路小中学校
    • 中茶安別(なかちゃんべつ)小中学校
  • 閉校した小中学校
    • 上久著呂(かみくちょろ)小中学校(1969年3月31日閉校)
    • 新久著呂小中学校(1970年3月31日閉校)
    • 久著呂小中学校(1971年3月31日閉校)
    • 上沼幌小中学校(1979年3月31日閉校)
    • 上茶安別小中学校(2002年3月31日閉校)

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

かつて町内に存在した鉄道

バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

文化財[編集]

天然記念物[編集]

  • 釧路湿原
標茶町指定天然記念物[編集]
  • エゾカオジロトンボ
  • ゴトウアカメイトトンボ
  • キタサンショウウオ
  • サルルン沼一帯のエゾカオジロトンボ等生息地
  • ベニバナヤマシャクヤク

その他[編集]

  • 北海道集治監釧路分監本館 - 標茶町指定有形文化財(建造物)
  • 旧塘路駅逓 - 標茶町指定有形文化財(建造物)
  • 標茶町二つ山遺跡第1地点出土品273点 - 標茶町指定有形文化財(美術工芸品)

レジャー[編集]

観光[編集]

温泉[編集]

町内には各所で温泉が湧出し、日本有数の温泉湧出量を誇る。[1] 町民の憩いの場としても利用されているが、他地区の温泉と比べて特徴が無いためか、廃業した温泉も多い。

祭り[編集]

その他[編集]

  • 1887年、北海道内2番目の鉄道として釧路鉄道が標茶町~硫黄山間に敷設される。
  • 1990年代後半からインターネットに関する教育に力を入れ、特定非営利活動法人(NPO)のインターネット・サービス・プロバイダ、標茶インターネットプロジェクト(sip)を持つ。町内の小中学校全てがインターネットに接続され、小中学生全員がメールアドレスを持つ。
  • 2005年平成17年)6月から、市外局番が3桁「015」になる。(北海道では札幌「011」以外では初。)
  • オオカミを飼育・研究しているオオカミ牧場が存在する。

出身有名人[編集]

標茶町が舞台の作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本温泉協会発行「温泉」第70巻 2000年度調査によれば標茶温泉の自墳湧出量は全国第4位である。

外部リンク[編集]