ジョー・ストラマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・ストラマー
}
基本情報
出生名 John Graham Mellor
出生 1952年8月21日
トルコの旗 トルコ アンカラ
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
死没 2002年12月22日(満50歳没)
イングランドの旗 イングランド サマセット
ジャンル パンク・ロックロックンロールレゲエワールドミュージック
職業 ミュージシャン俳優
担当楽器 ボーカルギターピアノ
活動期間 1973 – 2002
レーベル CBSSonyHellcat
共同作業者 The 101'ers
ザ・クラッシュ
ザ・ラティーノ・ロカビリー・ウォー
ザ・ポーグス
ザ・メスカレロス
公式サイト www.strummernews.com
著名使用楽器
フェンダー・テレキャスター

ジョン・グレアム・メラーJohn Graham Mellor, 1952年8月21日 - 2002年12月22日)は、イギリスミュージシャンパンク・ロックバンド "ザ・クラッシュ" のボーカリストジョー・ストラマーJoe Strummer)として知られる。

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第44位[1]

経歴[編集]

生い立ち(1952-1976)[編集]

トルコアンカラで生まれる。父親は外交官、母親は看護師。父の海外転勤にともない、カイロメキシコシティボンで幼少期を過ごした。10歳の時、ジョーは兄のデヴィッドと共にロンドン近郊のサリーにある私立学校、シティ・オブ・ロンドン・フリーメンズ・スクールに寄宿生として入学。学生時代、両親に会うことはほとんど無かった。この頃、ビートルズビーチ・ボーイズローリング・ストーンズウッディ・ガスリーレコードを聴くようになり、ロックへの興味を持ち始めた(この影響からか、彼はクラッシュを結成して名前を“ジョー・ストラマー”に改めるまで、“ウッディ”と名乗っていた時期もあった)。在学中、兄のデヴィッドが自殺。彼とデヴィッドは兄弟として決して親しい間柄ではなかったようだが、デヴィッドの自殺は彼の人生観を決定的に変えた出来事であった。デヴィッドが白人至上主義を標榜するイギリス国民戦線に入党していたことから、それが何らかの形で彼の自殺につながったのではないかと当時のジョーは感じていた。このことが、後にクラッシュが反ファシズムの姿勢を明確に打ち出す一因になったと考えられている[2]1970年、私立学校を卒業した彼は、プロの風刺漫画家を目指し、ロンドン・セントラル・スクール・オブ・アート&デザインに入学。在学中は、ロンドン北部のパルマーズ・グリーンでクライヴ・ティンパレイ(Clive Timperley)とタイモン・ドッグフラットシェアをしている。

1973年ウェールズにあるニューポートに転居し、ニューポート・カレッジ・オブ・アートに入学するが、まもなく退学になる。この頃、彼は友人たちとザ・ヴァルチャーズというバンドを結成。正式なメンバーとしてではなく、時々ヴォーカルリズム・ギターとして活動していたが、1974年に解散。この間、彼は墓掘りの仕事をしていた。バンド解散後、ロンドンに戻り、ドッグと再会。しばらくの間、路上で演奏をしていたが、当時のルームメイトたちと新たなバンド "The 101'ers" を結成する。バンド名は、彼らの無断居住していた住所がウォルタートン通り101番地であったことに由来する。バンドは主にロンドン市内のパブR&Bブルースのカバー曲を演奏していた。1975年、それまでは“ウッディ”・メラーだった通名を“ジョー・ストラマー”に改め、友人にもその名で呼ぶよう強要した。この“ストラマー (Strummer)”という呼び名はサイドギターという彼のポジションを示すものだが、自虐的な面もある(左利きの彼にドッグが右利きとしてギターの演奏方法を教えたため、結局コードをかき鳴らす (strum) 程度にしか上達しなかった)。バンドではリード・ヴォーカルだった彼は、この頃から作詞・作曲を始める。その中の一曲 "Keys to Your Heart" は、後にスリッツドラマーとなるパルモリヴことパロマ・ロマーノとの恋愛に触発されたものであり、この曲は "The 101'ers" の1stシングルとなった。

結婚[編集]

1970年代初頭、彼はパメラ・ムールマン(Pamela Moolman)という南アフリカ国籍の女性と結婚している(これは彼女が英国に滞在しつづける為の偽装結婚で、謝礼として得た金で彼はロック活動で生涯の伴侶となるフェンダー・テレキャスターを購入している)。その後、ギャビー・ソルター(Gaby Salter)という女性と1978年から1993年まで同棲し、二女の父となったが、(パメラ・ムールマンが所在不明で離婚の手続きが取れないことを理由に)結婚には至らなかった。1993年に、当時は結婚していたルシンダ・テート(Lucinda Tait)と出会い、1995年に結婚。結婚生活は彼の死まで続いた[2]

"ザ・クラッシュ"(1976-1985)[編集]

1976年4月3日、"The 101'ers" はそれまで無名であったパンク・ロックバンド、セックス・ピストルズとともにロンドンのナッシュビル・ルームでライブを行う。セックス・ピストルズのパフォーマンスに強い衝撃を受けた彼は、しばらく後に、後のマネージャーとなるバーニー・ローズギタリストミック・ジョーンズに接触した。以前からジョーンズにバンド加入の誘いを受けていた彼は、"The 101'ers" に見切りをつけ、ポール・シムノンベース)、テリー・チャイムズドラム)、キース・レヴィンギター)を加えた5人で "ザ・クラッシュ" (命名はポール・シムノンによる)を結成。

クラッシュの一員として活動していた期間に、彼はバンドのメンバーと共に何度か逮捕されている。1977年6月10日には、トッパー・ヒードンと共にホテルの壁に "The Clash" とスプレーで落書きしたために逮捕され、1980年代初めには、ドイツハンブルクでのライブの際、暴れた聴衆をギターで殴ったとして逮捕されている。

1982年、アルバム『コンバット・ロック』発売前に、バーニー・ローズの発案で、アルバム売り上げを増やすための話題づくりとして、彼は姿を消す。しかしこの行動がメンバーの怒りを買い、メンバー間の緊張が高まり、クラッシュの崩壊が始まる。『コンバット・ロック』発売直前にトッパー・ヒードンがヘロイン中毒により脱退を申し出、1983年3月28日カリフォルニア州サンバーナーディーノで開催されたUSフェスティバルを最後にジョーンズはクラッシュを解雇された。

1985年11月、新たなメンバーを迎えたクラッシュは結果的にバンド最後のアルバムとなる『カット・ザ・クラップ』を発売するが、ファンと評論家の双方からこき下ろされる結果となり、彼はクラッシュの解散を決意。およそ10年に渡る活動はこうして幕を閉じた。

荒野の数年間(1985-1999)[編集]

1年後の1986年、彼は再びジョーンズと共に活動し、アメリカ映画シド・アンド・ナンシー』に楽曲を提供している。ジョーンズとはこの後も活動を共にし、ジョーンズの結成したバンド"ビッグ・オーディオ・ダイナマイト"の2ndアルバムに参加している。

1987年にはアレックス・コックス監督の映画『ウォーカー』に出演し、映画のサウンドトラックにも楽曲を提供。同年に公開された映画『ストレート・トゥ・ヘル』にも出演している。1987年秋から1988年にかけては、ギタリストとしてザ・ポーグスのツアーに参加(病気のフィリップ・シェヴロンの代役)。1989年にはジム・ジャームッシュ監督の映画『ミステリー・トレイン』に脇役として出演。1990年にはアキ・カウリスマキ監督作品『コントラクト・キラー』にも出演を果たし、作中ではパブで演奏をするギタリストとして、ザ・ポーグスから提供された2曲を歌っている。この時期、彼は映画での仕事を主に行っており、俳優としての仕事のみならず、上記以外の複数の映画への楽曲提供を行っている。

1989年、バンド"ラティーノ・ロカビリー・ウォー"と共にソロ・アルバムの作成に取り掛かるが、その後発表したアルバム『アースクエイク・ウェザー』は商業的に失敗に終わり、ソニー・レコードとの契約を失う。この前後10年間ほどは鳴かず飛ばずの時代であった。1990年にはザ・ポーグスのアルバム『ヘルズ・ディッチ』のプロデューサーを努め、1991年にはシェイン・マガウアンの脱退を受けてバンドに加入し、ライブツアーのヴォーカルを務めた。1994年4月16日には、チェコ系アメリカ人のバンド"ダーティー・ピクチャーズ"と共にプラハで開催されたユーゴスラビア紛争難民のためのチャリティーライブに出演。このライブでは再びクラッシュ時代の楽曲を披露している。

彼自身はクラッシュ解散からこの時期までを、「荒野の数年間」(The wilderness years)と評しており、クラッシュ解散以後、華やかな世界からは姿を消していたが、1995年には"レヴェラーズ"、1996年には"ブラック・グレープ"といったイギリスのヒットチャートに登場するミュージシャンたちと活動し、再び華やかな音楽の世界へと姿を見せた。

ザ・メスカレロス結成 - 死(1999-2002)[編集]

ジョー・ストラマー 1999年

1990年代半ば、彼は優秀なミュージシャンを集めてバックバンド“ザ・メスカレロス”を結成し、1999年には1stアルバム『X-レイ・スタイル』を発売し、イギリスと北米でライブツアーを開催。2001年には2ndアルバム『グローバル・ア・ゴー・ゴー』をリリース。北米・イギリス・アイルランドでツアーを行う。

2002年11月15日、ロンドン西部のアクトン・タウンストライキ中のロンドン消防組合のためにチャリティーライブを行う。この日のライブの聴衆の中には、かつてのクラッシュのギタリスト、ミック・ジョーンズがいた。ライヴの途中、ジョーンズはステージへと上がり、ストラマーと共にクラッシュ時代の曲「バンクローバー」を演奏。アンコールではさらに「白い暴動」と「ロンドンは燃えている!」を演奏した。このライブは1983年以来、ジョーとミックが同じステージ上に立った初めてのライブであり、そして最後のライブでもあった。2002年11月22日には最後となるライブをリバプールで行う。この頃、彼はU2のボノと共にネルソン・マンデラが主催するアフリカでのエイズ撲滅運動のために共同作曲を行っており、2003年2月にはロベン島でチャリティーライブを行う予定であった。

2002年12月22日サマセット州ブルームフィールドにある自宅で死去。当初の発表では死因は心臓発作とされたが、解剖の結果、先天性の心臓疾患だったことが判明した。バンドのメンバーであったポール・シムノンとミック・ジョーンズによれば、トッパー・ヒードンを加えた4人でクラッシュがロックの殿堂入り授賞式で再結成することを検討している最中であったという。また、彼自身は、遺作となる3rdアルバム『ストリートコア』を制作中であった。亡くなる前の晩には、クラッシュの殿堂入りに合わせて発売されたベスト・アルバム『エッセンシャル・クラッシュ』の収録曲を選ぶ作業をしていた[2]

2003年2月に開催されたグラミー賞授賞式では、エルヴィス・コステロブルース・スプリングスティーンスティーヴ・ヴァン・ザントデイヴ・グロール(元ニルヴァーナ、現フー・ファイターズ)、ピート・トーマストニー・カナルノー・ダウト)によって「ロンドン・コーリング」が演奏され、3月にはクラッシュはロックの殿堂入りを果たした。

死後[編集]

使用機材[編集]

塗装が剥がれ地のサンバーストがわかるストラマキャスター

ストラマーのキャリアを通じてのメイン・ギターはストラマーが「ストラマキャスター」と呼んだ1966年製のフェンダー・テレキャスターで、元々はサンバースト・ボディに白ピックガードだった物である。ストラマーはこれをThe 101'ers時代の1975年に入手した。(テレキャスターを選んだのは、当時彼が憧れていたウィルコ・ジョンソンが使用していた為である[2]。)クラッシュ加入後、このギターはグレーの上に黒を重ねてリフィニッシュされた。1979年には "NOISE" の文字がボディ上部にスプレーされ、ラスタ旗のステッカーがピックガードのホーン部に貼られた。そして "Ignore Alien Orders" のステッカーがブリッジの上部に貼られた。アルバム『動乱』リリース時にはブリッジは独立サドルの物に、またチューニング・ペグも初期のクルーソンタイプから当時の物に取り替えられ、大きなクエスチョンマークがボディ裏に描かれた。これ以降ギターの構成は終生このままで、ステッカーが追加されただけである。黒の塗装はストラマーの激しい演奏により徐々に剥げ、下塗りのグレーやオリジナルのサンバースト、さらには木地まで現れている(ストラマーがセットリストを貼り付けた一角以外)[3]。フェンダー社は後に、メキシコ製テレキャスターをベースに、塗装の剥げやパーツの錆などでこのギターのイメージを再現したジョー・ストラマー・テレキャスターを生産した[4][5]

ストラマーはこの他、初期にはグレッチ・ホワイトファルコンやホフナー、1977年には1960年代半ばの白いエスクワイヤー(『スーパー・ブラック・マーケット・クラッシュ』のジャケット写真で投げている物。ライヴでもたびたび使用)や黒ボディ、黒ピックガードにメイプル指板の1960年代後半のテレキャスター、ナチュラル・フィニッシュのテレキャスターを使っている。さらに、映画『ロンドン・コーリング/ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー』の映像ではストラトキャスタータイプのギター(おそらくはフェンダー・リードI)の使用も確認できる[6]

アンプについては、ストラマーはローランド・ジャズコーラスヴォックス・AC-30、マーシャルの使用が知られているが[7]、彼のメインアンプはミュージックマン・HD 212 150である[8]。ストラマーはアンプ選択についてこう語った。「フェンダーの古いアンプを探す時間が無くてね。ミュージックマンは望みに近かったんだよ。」「プラスチックの外装はひどいけどね。」[9]

エピソード[編集]

  • 彼のキャリアを通じてファンに最も記憶されているのは、ファンに対して非常に献身的だったことである。ライブ終了後、彼は周囲に集まるファン一人一人に対してサインをし、声をかけ終わるまでその場を立ち去らなかったと言われており、時に数時間かかることもあったという。1982年のクラッシュ来日時には、ファンからのプレゼントがかなりの量になったが捨てるに忍びなく、多額の超過手荷物料金を払ってツアーの次の目的地であるニュージーランドまで全部持って行った、と写真家ペニー・スミスが証言している[2]
  • 彼は生前、社会貢献活動に対して積極的であり、上記のチャリティーのみならず、地球温暖化防止のための植林活動を行っており、植林のためのCDリリースを行った初のミュージシャンであった。現在ではフー・ファイターズコールドプレイピンク・フロイドら多数のミュージシャンたちがこの活動に参加している。
  • ジョージ・オーウェルガルシア・ロルカを好んでいた。

出典[編集]

  1. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e Salewicz, Chris (2008). Redemption Song: The Ballad of Joe Strummer. New York: Faber and Faber, Inc.. pp. 629. ISBN 978-0-86547-982-1. 
  3. ^ A tribute to Joe Strummer's Fender Telecaster guitar”. strummerguitar.com (2007年). 2008年11月4日閲覧。
  4. ^ Fender×JOE STRUMMER”. fender.jp. 2008年1月19日閲覧。
  5. ^ Joe Strummer”. fender.com. 2008年11月4日閲覧。
  6. ^ ロンドン・コーリング/ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー (DVD). 東北新社.. 該当時間: 1:08:55 
  7. ^ The Clash Equipment”. 2008年11月4日閲覧。
  8. ^ Joe Strummer's Music Man HD 212 150 & Calzone Road Case”. Rock Stars Guitars. 2008年11月4日閲覧。
  9. ^ Musician Magazine 1980

外部リンク[編集]