ロンドン・コーリング (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンドン・コーリング
ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー
Joe Strummer: The Future Is Unwritten
監督 ジュリアン・テンプル
製作 アンナ・キャンポウ
アラン・モロニー
アマンダ・テンプル
オーラフ・コリンズ
ステファン・モールマン
スーザン・ミューレン
製作総指揮 ジェレミー・トーマス
音楽 イアン・ニール
スティーヴ・アイズルズ
アマンダ・ストリート
撮影 ベン・コール
編集 ニーヴン・ハウィー
マーク・レイノルズ
トビアス・ザルドゥア
配給 ヴァーティゴ・フィルムズ
IFCフィルムズ[1]
東北新社
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年1月20日
サンダンス映画祭
日本の旗 2007年9月8日
上映時間 123分(サンダンス映画祭)
製作国 アイルランド共和国の旗 アイルランド
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ロンドン・コーリング ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー』(Joe Strummer: The Future Is Unwritten)は、ジュリアン・テンプル監督による2007年ドキュメント映画イギリスパンク・ロックバンド、ザ・クラッシュのリードシンガー、ジョー・ストラマーの生涯を綴る。2007年1月20日サンダンス映画祭で初上映された[2]、ダブリン国際映画祭でも2007年2月24日に上映された[2]

イギリスでの公開は2007年5月18日。続いてオーストラリアで8月31日、日本で9月8日、アメリカ合衆国では11月2日に限定公開された[2]

キャスト[編集]

特記ない限りすべて本人役。

評価[編集]

評論家にはおおむね好評であった。映画批評サイト「腐ったトマト」(Rotten Tomatoes) の2007年11月3日時点の集計によれば、25のレヴューのうち84%が好反応を示している[3]。メタクリティックでは11のレヴューの統計で、100点満点中、平均77点を受けた[4]

オースティン・クロニクルのマーク・サヴロフは2007年の8番目の映画と評価した[5]。またサロンのStephanie Zacharekは同年の9番目と評価した[5]

興行収入[編集]

2008年1月3日の時点で、アメリカとカナダで239,149ドルの収入[6]。2007年12月16日時点でのその他の地域での収入は718,872ドルとなっている。[7]

出典[編集]

  1. ^ Joe Strummer: The Future Is Unwritten (2007) - Company credits”. Internet Movie Database. 2007年11月3日閲覧。
  2. ^ a b c Joe Strummer: The Future Is Unwritten (2007) - Release dates”. Internet Movie Database. 2007年11月3日閲覧。
  3. ^ Joe Strummer: The Future is Unwritten - Rotten Tomatoes”. 腐ったトマト. 2007年11月3日閲覧。
  4. ^ Joe Strummer: The Future Is Unwritten (2007): Reviews”. メタクリティック. 2007年11月3日閲覧。
  5. ^ a b Metacritic: 2007 Film Critic Top Ten Lists”. メタクリティック. 2008年1月5日閲覧。
  6. ^ Joe Strummer: The Future Is Unwritten (2007)”. ボックスオフィス・モジョ. 2008年1月6日閲覧。
  7. ^ Joe Strummer: The Future Is Unwritten (2007) - International Box Office Results”. ボックスオフィス・モジョ. 2008年1月6日閲覧。

参考文献[編集]

スティーヴン・シェイファー (2007年11月9日). “A Clash course in rocker's life”. ボストン・ヘラルド. 2008年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]