ミッキー・ギャラガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッキー・ギャラガー
アニマルズ&フレンズのツアーでのミック・ギャラガー(2008年フランス)}
アニマルズ&フレンズのツアーでのミック・ギャラガー(2008年フランス)
基本情報
出生 1945年10月29日
イングランドニューカッスル・アポン・タイン
出身地 イングランド、ロンドン
ジャンル ロックパンク・ロック, レゲエロックンロール、他
職業 キーボーディスト、作曲家
担当楽器 キーボード、ピアノ
活動期間 1965年 -
共同作業者 ジ・アニマルズイアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズ、スキップ・ビファティ、ピーター・フランプトン、コーチーズ、ザ・クラッシュ
著名使用楽器
ハモンド・オルガン

ミッキー・ギャラガー(Micky Gallagher、1945年10月29日 - )はイギリスのキーボード奏者。イアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズのメンバーとして有名で[1]ザ・クラッシュのアルバム3作に参加したことでも知られる。ハモンド・オルガンを専門とする。

来歴[編集]

ジ・アンノウンズのメンバーとして音楽のキャリアを開始。1965年にジ・アニマルズの創設メンバーアラン・プライスに代わって同バンドに加入した。その後チョーズン・フューを結成し、そこでアラン・ハル(後のリンディスファーンのメンバー)と一緒にプレイした。また、スキップ・ビファティ、ピーター・フランプトン、コーチーズとも共演している。

ギャラガーの音楽は1970年代のイアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズのサウンドに大きな影響を与えた。ザ・クラッシュの有名なアルバム『ロンドン・コーリング』と『サンディニスタ!』や、ライヴにも参加している。クレジットには無いが、クラッシュのラスト・アルバム『カット・ザ・クラップ』にも参加した。

ギャラガーは映画 『エクストリームズ (Extremes)』(1971)、『アフター・ミッドナイト (After Midnight)』(1990)、およびブロードウェイの公演『シリアス・マネー』(1988)に音楽を提供した。

彼はまた、ポール・マッカートニーロビー・ウィリアムズデイヴ・スチュワートアニー・レノックスのレコーディングやライヴにも参加している[2]

ギャラガーは現在ブロックヘッズでの活動をしながら、アニマルズのオリジナル・ドラマー、ジョン・スティールと共にジ・アニマルズ&フレンズでも活動している。

出典[編集]