中野裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中野裕之

中野 裕之(なかの ひろゆき、1958年1月22日 - )は、広島県福山市出身の映像作家ミュージックビデオ(MV、PV)監督、映画監督。ピースデリック有限会社所属。広島県立福山誠之館高等学校早稲田大学商学部卒業。

略歴・人物[編集]

1980年よみうりテレビ入社、CM業務部に配属され、搬入されたCM素材のチェックや放送、CM制作業務などをする。まもなく制作に転じ、どんぶり5656AV GARDENなど、主に深夜番組で宮沢章夫中島らも竹中直人らと共に多くのコントを制作。一方でCM制作などにも関わる。

よみうりテレビ退社後、1987年に日本初のミュージックビデオ(MV、PV)制作会社、タイレルコーポレーションを設立。1990年に手がけたディー・ライト(Deee-Lite)のデビュー曲「Groove Is In the Heart」が全米4位の大ヒットを記録した。この作品で、米MTVアワード日本人初のノミネート(6部門)。他今井美樹GLAYMr.Children小泉今日子小野リササザンオールスターズ観月ありさ布袋寅泰サラ・ヴォーンら、日本、海外アーティスト約200本のPVを手がける。

1993年に“見る側にピースな気持ちにさせる映像の追求”を目的にピースデリック設立。従来のPV制作の一方で1998年には、布袋寅泰を主演に起用した『SF サムライ・フィクション』で劇場用映画デビューを果たしている。

2006年カンヌ国際映画祭で短編映画『IRON』がヤング批評家賞を受賞。翌2007年4月にはMVの監督を集め、竹内らと日本音楽映像製作者協会(JMVPA)設立、理事長についている。

タケイグッドマン竹内鉄郎らと共に、日本のミュージックビデオ監督・制作草分け的存在として知られる一方で、過去にはキヤノン「EOS」や、アップルコンピュータ「power mac G5」などのCMに出演したこともある。

作品一覧[編集]

主なビデオクリップ[編集]

映画[編集]

  • SF サムライ・フィクション(1998年)第13回高崎映画祭若手監督グランプリ
  • Stereo Future(2001年)
  • RED SHADOW 赤影(2001年)
  • Short Films(2003年)
  • IRON(2005年)
  • 短編映画集『男たちの詩』(2008年)プロデュース
    • 「IRON」(第59回カンヌ国際映画祭 国際批評家週間・ヤング批評家賞受賞)監督:中野裕之
    • 「スパゲッティナポリタン」監督:兼重淳
    • 「午後三時三分十五秒の観覧車」 監督:中野裕之
    • 「富士とドーナツ」監督:芹沢康久
    • 「灯台」監督:中野裕之
  • 東京オンリーピック「男子鉄球玉入れ」(2008年)
  • TAJOMARU(2009年)
  • FLYING BODIES(2013年)

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

  • V6スペシャルDVD『それぞれの空 -DRAMA STORY CLIP-』(2007年)
  • CR七人の侍(2008年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]