闇のパープル・アイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

闇のパープル・アイ』(やみのパープル・アイ)は、篠原千絵による日本漫画作品。単行本は全12巻、文庫版全7巻。第32回小学館漫画賞少女部門受賞。1996年テレビ朝日系列にてテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

主人公・尾崎倫子は、からに変身する変身人間の血を引いている。父と妹、そして幼なじみで恋人の慎也との平穏な生活は、自身の能力の覚醒により一変する。生物教師・曽根原薫子は、変身人間の存在を知らしめようとして学界から追放された父の名誉を回復しようと、倫子ら変身人間を狙っていた。目的のためなら殺人や拷問など非道な事を平気で行う曽根原。

倫子の死によって、一度は退いた曽根原だったが、倫子ともう一人の変身人間・小田切との間に生まれた娘・麻衣の存在を知る。純血種である彼女は、より高い能力を持っていた。倫子と麻衣、母娘二代に渡る曽根原薫子との戦いを描く。

登場人物[編集]

尾崎 倫子(おざき りんこ)
黄金の豹に変身する変身人間。麻衣の母親。倫子という名前は変身する動物が初めはリンクスの予定だったかららしい。
水島 慎也(みずしま しんや)
倫子には「慎ちゃん」と呼ばれている倫子の恋人。麻衣の養父。変身人間の研究をしている。
小田切 貢(おだぎり みつぐ)
巨大な黒豹に変身する変身人間。麻衣の実父。フリーのジャーナリスト。
水島 麻衣(みずしま まい)
小田切と倫子の間に生まれた変身人間の純血種。怪力や建物を壊す力などは可能性の片鱗に過ぎず、また作中で変身もしておらず、純血種の能力の可能性は未知数。作者のコメントによると、彼女も変身能力は持っているとの事。
曽根原 薫子(そねはら かおるこ)
生物担当の教師。教授であった父の意思を継いで変身人間の研究に執着し、倫子、麻衣と親子2代にわたって付け狙う。研究のためなら人殺しも厭わない残忍な性格。倫子を生き返らせたり殺そうとしたりしていた。この作品の悪役ではあるが、彼女も変身人間に人生を狂わされた存在ともいえる。ドラマ版では森島由佳を姪に持つ。また、父の一件があるまでは獣医を目指しており「変身人間のことがなければ、獣医として過ごしていたかも」と平穏な日々を求めていた台詞を口にしたこともあった。
高階 暁生(たかしな あきお)
小田切の甥。黒豹に変身する。

アニメ(ミュージックビデオ)[編集]

1987年頃OVAとしてアニメ化された。

イメージソングに原作の名場面をアニメ化した映像をつけたミュージックビデオ(30分)であり、ドラマパートはない。

小説[編集]

中池葉がノベライズを行い、小学館パレット文庫から刊行された。タイトルは『小説闇のパープル・アイ』。全6巻。

  1. 1991年8月出版 ISBN 978-4094201215
  2. 1991年11月出版 ISBN 978-4094201222
  3. 1992年2月出版 ISBN 978-4094201239
  4. 1992年6月出版 ISBN 978-4094201246
  5. 1992年8月出版 ISBN 978-4094201253
  6. 1992年11月出版 ISBN 978-4094201260

イメージアルバム[編集]

闇のパープルアイ
収録曲
A
MEMORY OF BLOOD
TELL HER TONIGHT
BROTHER PRIDE
BLUE FIRE
KIZUNA・SECRET
B
ALL BY MYSELF
SHADOW RHYTHM
BACK TO YESTERDAY
PURPLE DESTINY
闇のパープルアイ PART-2
  • LP・カセット/LB28-5032 CD/LD32-5032 東芝EMI 1987年02月25日 定価2800円
  • CD TYCY-5276 1993年1月27日 EMIミュージック・ジャパン 1942円
  • サウンド・プロデュース:新田一郎
  • 作曲 新田一郎
  • 作詞 Linda Hennrick
  • 歌 山際祥子/デレク・ジャクソン
収録曲
A
DESTINY AGAIN
MYSTERIOUS PURPLE
MY DEAR
DON'T FIGHT THE FEELING
B
NEVER LOOK BACK
ALL FOR YOU
LAST CHANGE
MY ONE AND ONLY

テレビドラマ[編集]

闇のパープル・アイ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日20:00~20:54(54分)
放送期間 1996年7月1日~9月9日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日東映
プロデューサー 五十嵐文郎杉山登
出演者 雛形あきこ
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

テレビ朝日月曜ドラマ・イン枠で放送。1人目の主人公の倫子と曽根原薫子との戦い、そして倫子の高校生活を重点に置かれているため、2人目の主人公の麻衣のエピソードが大幅にオミットされている(全11話中、僅か2話半のみである)。平均視聴率9.6%だった。

2011年6月13日から8月22日までCS専門チャンネル・チャンネルNECOにて放送されていた。

キャスト(テレビドラマ)[編集]

変身人間の少女。
倫子の恋人。麻衣の養父。
変身人間の研究をしている。
倫子と慎也(実父は小田切)の娘。名前は倫子が妹の舞子にちなんで付けた。
変身人間の男性で黒豹に変身する。同じ変身人間の倫子に興味を持つ。
倫子の妹。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1回 1996年
7月01日
私は豹だ!?少女が知った運命 田辺満 辻野正人 11.2%
第2回 7月08日 檻の中の豹少女! 12.1%
第3回 7月15日 幽霊学園の恐怖!! 武上純希 中西健二 7.8%
第4回 7月22日 黒豹のプロポーズ 田辺満 大井利夫 8.6%
第5回 7月29日 襲われた妹舞子!!運命の死… 武上純希 9.7%
第6回 8月05日 復讐の女豹!! 田辺満 辻野正人 7.6%
第7回 8月12日 女豹倫子の妊娠! 武上純希 6.5%
第8回 8月19日 涙のウエディングドレス! 田辺満 大井利夫 8.1%
第9回 8月26日 倫子の死!そして17年後 中西健二 11.3%
第10回 9月02日 生きている倫子!?悲しい再会 武上純希 辻野正人 10.8%
最終回 9月09日 倫子の最期!そして旅立ち… 田辺満 大井利夫 11.4%
平均視聴率9.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

テレビドラマと原作の違い[編集]

  • 舞子の死に方(原作→倫子の目の前で犬に食い殺される。ドラマ→特殊な水槽で溺死しかける。倫子が変身して助け出すも、結局溺死してしまう)
  • 倫子の父(原作→いつの間にか登場しなくなった。ドラマ→曽根原に殺された)
  • 17年後の倫子と慎也 (原作→再会せず、倫子は慎也の死体に会うだけ。ドラマ→再会し、親子3人でピクニックに行ったりする。倫子と麻衣の目の前で慎也は息を引き取る)
  • 倫子の最期(原作→慎也が死んだ直後、倫子も焼け死んでしまう。ドラマ→ビルの屋上で曽根原に致命傷を負わせ、麻衣を屋上から逃がした後、曽根原の仕掛けた爆弾によって死亡)
  • 暁生の存在価値(原作→小田切の甥であり、恋人である麻衣を守って曽根原に止めを刺す。ドラマ→小田切の甥という設定は無くなっている。最終回では曽根原に誘拐されてTVの生中継で変身を公開されそうになったのを麻衣に助け出される)

制作[編集]

倫子らの変身描写にはCGやビデオ合成が用いられた[1]

特殊メイクや変身後の豹の造型は、前番組『イグアナの娘』から引き続き高柳祐介が担当した[2]。豹の造形物は頭部などにメカを内蔵したものと投擲用の二種類を使い分けている[2]。毛皮には通常のボアでは毛先が立ってしまうためアナグマの毛皮が用いるなど質感にこだわって制作されたが、そのため完成が遅れて第3話からの登場となった[2]

ドラマCD[編集]

闇のパープル・アイ -慎也と小田切篇-』のタイトルで、2013年9月25日に映劇より発売。

キャスト(ドラマCD)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宇宙船YB 1997, p. 68.
  2. ^ a b c 宇宙船YB 1997, p. 37

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • e☆star(ドラマCD版公式サイト)