おそるべしっっ!!!音無可憐さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

おそるべしっっ!!! 音無可憐さん』(おそるべしっっおとなしかれんさん)は、鈴木由美子による恋愛漫画作品。全2巻。1998年1月5日から3月16日までテレビ朝日系列にてドラマ化された。

あらすじ[編集]

史上最強のぶりっこ・音無可憐は、大学生・武田軍司が大好き。行き過ぎたぶりっこやストーカー紛いの追っかけを繰り返していくうちに、軍司の心を引き寄せていくが…。

登場人物[編集]

※「演」の記述は、ドラマ版である

音無可憐(おとなし かれん)
演 - 榎本加奈子
ヒロイン。軍司のことが大好き。男性の前ではか弱いぶりっこで通し、非常に人気がある。本当は、口汚く肝が据わっており、男性がいないところでは平然と喫煙したり、ゴキブリを手で潰したりする。女性には嫌われている。軍司と同郷で、高校時代に彼の気を引こうとわざと騒いではしゃいで見せたところ、煩いと貶されたことがきっかけでぶりっこを武器にするストーカーに変貌した。
奇抜なコスプレ姿で現れることが多い(例:お雛様やキューピット、蝶、てるてる坊主など)。「かわいくてちょっぴり不思議な女の子」をイメージ作りし、父親は航海士で、金髪の弟(ロベルト)がいるらしい。実際はプロレス好きで、東京スポーツを読み、東北弁を使いこなす家族がいる。
ドラマでは、物語開始時は高校1年生で、軍司が好きな女性のタイプについて話しているところを偶然耳にしたことで、ぶりっこかつストーカーに変貌した。そのストーカーぶりは回を追う毎に悪質さを増し、挙句には父親(演 - 草刈正雄)の制止にも猛然と反発する。最終回で在学生であるにもかかわらず、軍司と共に卒業しようと職員室に侵入して名簿を書き換え、卒業証書の授与を先頭にした。結局は軍司と結婚するが、挙式でお色直しを15回も行っている。
武田軍司(たけだ ぐんじ)
演 - 岡田義徳
薬学部に通う大学生。誰もが同じ格好に見える女子大生が嫌いだったが、一味異なる可憐に興味を持つ。ぶりっこの可憐よりも、素顔の可憐のほうが好き。
ドラマでは、物語開始時は高校3年生。友人に好きな女性のタイプを冗談で言った際、不幸にもこれを耳にした可憐が、今のぶりっこキャラクターとなるきっかけを作る。当初は、可憐に振り回されて鬱陶しく思っていたが、次第に彼女の一途な想いに惹かれていく。
万田久美子(まんだ くみこ)
演 - 小嶺麗奈
軍司と同じ大学に通う女子大生。軍司のことが好きで、可憐とはライバル関係である。軍司に纏わりつく可憐が気に入らず邪魔しようとするが、最終的には村山田と付き合い始める。可憐とは部屋が隣同士。
ドラマでは、軍司の同級生かつ恋人だったが、可憐のたび重なる悪質な横槍に遭わされた上に、彼女に惹かれていく軍司に愛想を尽かし、最終的に彼に別れを告げられ振る。高校卒業後は彼と同じ大学へ進学した。
村山田(むらやまだ)
軍司の親友で、かなり存在感のない青年。性格は優しいが、何を考えているのか読めない。可憐や軍司が帰省している間に久美子と交際を始めた。おっとりしているが、ベンツを乗り回すなど、実は裕福な模様。
ドラマには未登場。

テレビドラマ[編集]

スタッフ[編集]

他キャスト[編集]

主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 1998/1/5 ブリッコ・ストーカー登場 9.0%
第2話 1998/1/12 男にすかれりゃケッコー、女に嫌われてもオッケー 9.5%
第3話 1998/1/19 グンジィの替わりにカゼをひくのだっ 10.1%
第4話 1998/1/26 普通の女の子に戻ったのだ 11.9%
第5話 1998/2/2 グンジィの初恋の相手が来た 10.1%
第6話 1998/2/9 彼女の座を譲るのだ… 9.9%
第7話 1998/2/16 グンジィ…死ぬときは…一緒なのだ 10.3%
第8話 1998/3/2 グンジィママの可憐いびり 9.9%
第9話 1998/3/9 恋の結末は別れの卒業式 10.4%
最終話 1998/3/16 卒業進学…離ればなれの2年間、それでも恋はノンストップ!これが可憐の生きる道 11.3%

平均視聴率 10.3%ビデオリサーチ調べ・関東地区

備考[編集]

1999年1月~3月に放送された、同じ榎本加奈子主演のドラマ『可愛いだけじゃダメかしら?』の劇中でもミニドラマとして『おそるべしっっ!!!音無可憐さん2』が放送されていた。