一攫千金ヤマワケQ! "責任者はお前だ!"

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一攫千金ヤマワケQ 〜責任者はお前だ!〜』(いっかくせんきんヤマワケクイズ せきにんしゃはおまえだ)は、テレビ朝日系列で2007年から不定期放送されていた朝日放送製作のクイズバラエティ番組である。ハイビジョン制作、字幕放送実施。

ルール[編集]

基本ルール[編集]

クイズに挑戦するのは7人1組のチーム。第2回までと第3回以降とで大きく分かれる。

第1回・第2回には、後方に控える20名以上いるゲストの中から挑戦する7人をスロットマシン(ヤマワケ7スロットル)で無作為に選んでいた。第3回では、予め組まれた6組の中から抽選(ヤマワケルーレット)で、挑戦する1組を決定(飛んできたトランプによってチーム名が次々と破壊されていき、最後まで残ったチームに決定する)。最後の1巡は、1チーム14人の中から組に関係なく挑戦する7人を、ヤマワケ7スロットルで選抜。第4回では、1チームずつ挑戦。そのチームの10 - 14人(チームごとに人数が違う)の中から、挑戦する7人をヤマワケ7スロットルで選抜。第5回では、あらかじめ組まれた4組の中から抽選で、挑戦する1組を決定。後半からは、ゲストが一部変わっていた。

第1ステージ・ヤマワケチャンスクイズ[編集]

解答者7人は、矢継ぎ早に出題される問題に筆答。問題は全6問。1問ごとに、正解者の人数×問題によって定められた金額が賞金に積み立てられた。

第1回・第2回には、「大人なら知ってて当然のスーパー基礎知識」9ジャンルからルーレットで決めていた。賞金レートは一律3万円で固定。ジャンル決定の際に表示されるCGは、当時流行していた『脳を鍛える大人のDSトレーニング』のパッケージを模したものであった。

第3回以降はタイトルの一部に「学力テスト」という言葉が入り、小学校・中学校・高等学校で習う内容から8 - 9ジャンルが用意されていて、挑戦する組が好きなジャンルを選択。選んだジャンルによって賞金レートが変わり(1万円 - 10万円)、難しいジャンルほど賞金レートが高かった。1度選ばれたジャンルはもう選べなかった。

最後に、前ステージからのキャリーオーバー分が積み立てられる。第2回以降は「前回からのキャリーオーバー分」として、第1組に必ず100万円が加算された。

第2ステージ・ヤマワケファイナル[編集]

解答者7人の中から、運命のプレッシャーボール(巨大なコリントゲーム)で最終問題に挑む責任者1人を決定する。放送初期は単なるコリントゲームだったが、途中から高速回転する羽が登場してボールを弾き飛ばしたり、ボールの軌道を変える回転体が出来て、最後までハラハラさせる作りに変更されている。ボールをシュートするのは第1回では司会の田村亮ロンドンブーツ1号2号)だったが、第2回以降は回答者7人で相談して誰がシュートするのかを決めた。

プレッシャー演出として、第1回・第2回では現金が、第3回以降では司会の田村淳(ロンドンブーツ1号2号)によってその場で印字される小切手が責任者の目の前に置かれた。

責任者が出題される問題をクリアできれば、解答者7人(第3回・第4回では、同じチームに所属するクイズに挑戦していない人も含む)で賞金を山分け。できなかった場合、賞金はキャリーオーバー、次の組(ステージ)へ持ち越されたが、最終組(ステージ)である場合には残った賞金はプールされ、その中から適宜賞金に加算された。

第1回ルール[編集]

クイズの前に、出題ジャンルをルーレットで決定。出題ジャンルは、漢字ことわざ政治名所音楽偉人日本の政治スポーツ略語の全9ジャンル。

組によっては、1人正解3万円ではなく5万円になるケースもあった。

最終組では、責任者のスザンヌのために温情措置で5問中2問正解できれば賞金山分けだったが、1問しか正解できなかったので失敗。最後まで残った賞金444万円の内一部が、第2回放送分に繰り越された。

第2回ルール[編集]

基本的なルールは、第1回と同じ。ジャンルは理科英語日本語日本史地理、スポーツ、美術、音楽、計算の全9ジャンル。前述したとおり、前回の放送分で最後まで残った賞金の中から、まずは第1組に100万円が繰り越された。

そして、第3組で上記の100万円も加えた319万円が獲得された後、最高150万円上乗せの権利を賭けたボーナスステージを実施。これは、解答者が1人ずつ、画面に表示された都道府県の名前を答えていくもので、正解なら上乗せ額は維持、1人不正解につき10万円ずつ減額というルール。その結果、40万円が第4組の賞金に予め上乗せされる事になった。

しかしその後、ヤマワケファイナル成功者が現れず、第6組(最終)には前回放送分の残金から100万円が賞金に上乗せされ、第5組までのキャリーオーバー分205万円、第6組の第1ステージで稼いだ90万円と合わせて、395万円が第6組の賞金となった。しかしヤマワケファイナルは失敗に終わった。

第3回ルール[編集]

この回から大きくルールが変更され、チーム対抗戦になった。

3チームによる団体戦。1チーム14名編成で、さらに7名×2組に組み分けされる。ヤマワケ成功時には同じチームの答えなかったほうの組7人も含む14人でヤマワケとなる。

前述の通り、1組ずつ挑戦。6組の挑戦が1巡した後、各チーム抽選で7名を選抜して、最後の1巡に挑んだ。

ジャンルは小学校で習う国語算数、理科、社会(以上、3万円)、中学校で習う英語、地理、歴史(以上、5万円)、シルバー高校受験公立高校受験レベル・7万円)、ゴールド高校受験(有名私立高校受験レベル・10万円)の全9ジャンル。一度選ばれたジャンルを再び選ぶことはできなかった。

また、チームアイドルとチーム芸人には、本編の間に「ボーナスチャンス GET100」が出題された。1つのテーマに沿った14問に1人1問ずつ解答していく。予め100万円がボーナスとして設定されており、正解ならボーナスの金額は維持、1問不正解する度に金額が半減していく(端数切り捨て)。14問終了した時点での金額を、そのチーム全員で山分け。

第4回ルール[編集]

3チームによる団体戦。チーム高学歴は10人、チームMEN'sは14人、チームLADY'sは12人と、チームごとに人数が違い、第3回同様、ヤマワケ成功時には同じチームの解答者に選ばれなかった者もヤマワケの対象になった。

ジャンルは小学校低学年(1万円)、小学校で習う国語、算数、理科、社会(以上、3万円)、中学校で習う文系理系(以上、5万円)、シルバー高校受験(公立高校受験レベル・7万円)、ゴールド高校受験(有名私立高校受験レベル・10万円)の全9ジャンル。一度選ばれたジャンルを再び選ぶことはできなかった。

前回キャリーオーバーされた455万円の中から100万円が、第1ステージの賞金に上乗せされた。

2巡6ステージが終わった後、最後の1巡では、以下の特別ルールで行われた。

第7組は、チームMEN'sとチームLADY'sが2チーム合同で挑戦。さらに「ヤマワケファイナル」に成功した場合は、解答者7名のみで賞金山分けとなり、選ばれなかったチームの仲間19名には賞金獲得の権利が与えられなかった。結果は、千原ジュニア千原兄弟)が責任者として選ばれて成功、賞金777万円を前述通りに解答者7人のみで山分けした。

第8組も、チームMEN'sとチームLADY'sの合同で挑戦。2人1組のペアで7組が選抜され、クイズに挑んだ。さらに「ヤマワケチャンスクイズ」では、1問正解する度に加算される金額が倍増された(中学校文系に挑んだので、1問正解で加算される金額が5万円の倍の10万円になった)。

最後の第9組は、チーム高学歴の挑戦。最後まで残ったゴールド高校受験に挑戦したが、特別ルールとして、7人中1人でも「ヤマワケチャンスクイズ」で6問全て正解した解答者がいれば、さらに100万円が賞金に加算されるというルールが追加された。ここでは宇治原史規ロザン)が6問正解を達成してボーナス賞金100万円を加算、さらに淳の提案により、前回ゴールド高校受験の「ヤマワケファイナル」で失敗した宇治原にリベンジの機会が与えられたが、再び「ヤマワケファイナル」で失敗した。

第5回ルール[編集]

4チームによる団体戦。ただし2部構成で、前半と後半で一部のチームやメンバーが入れ替わっていた。

ジャンルは義務教育の国語・地理・理科・歴史(すべて3万円)、当たり前の時事・偉人(両方とも3万円)、総合シルバー(大人正解率30%台で5万円)、総合ゴールド(大人正解率20%未満で8万円)の計8ジャンル。一度選ばれたジャンルを再び選ぶことはできなかった。

チーム数の都合上、1チーム1回のみの挑戦であった。

出演者[編集]

司会[編集]

ナレーター[編集]

  • 立木文彦【第1回、第3 - 5回】
  • 木村匡也【第2回】(同時ネットにおいて裏番組に立木がレギュラーでナレーターを務める世界の果てまでイッテQ!があったため)
  • 中村啓子【第1 - 3回】 - 出題ナレーションを担当。
  • 内田恭子【第4 - 5回】 - 出題ナレーションを担当。


スペシャル出題者[編集]

  • セイン・カミュ【第3回】 - ヤマワケファイナルで、英語のリスニング問題において問題の読み手を担当。

解答者[編集]

第1回[編集]

麻木久仁子東幹久石田純一KABA.ちゃん金子貴俊ケンドーコバヤシ国生さゆり佐藤藍子里田まい椎名法子陣内智則スザンヌ鈴木蘭々武田修宏千原ジュニア千原兄弟)、山里亮太南海キャンディーズ)、山崎静代(南海キャンディーズ)、錦野旦近藤春菜ハリセンボン)、箕輪はるか(ハリセンボン)、東原亜希松木安太郎松本伊代松本明子南明奈安めぐみ

第2回[編集]

赤井沙希、麻木久仁子、安倍麻美伊集院光岡田唯美勇伝)、KABA.ちゃん、国生さゆり、佐々木健介、佐藤藍子、品川祐品川庄司)、庄司智春(品川庄司)、武田修宏、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、千原ジュニア(千原兄弟)、土田晃之夏川純西川史子、錦野旦、野々村真藤本敏史FUJIWARA)、原西孝幸(FUJIWARA)、北斗晶、松木安太郎、松本伊代、南明奈、ムーディ勝山モト冬樹山本梓吉澤ひとみ

第3回[編集]

チームアイドル[編集]

チーム高学歴&いい大人[編集]

チーム芸人[編集]

第4回[編集]

チーム高学歴[編集]

チームMEN's[編集]

チームLADY's[編集]

第5回[編集]

チームハロプロ → チームアイドル[編集]

  • 固定メンバー
    • 矢口真里、吉澤ひとみ
  • 前半のみのメンバー
    • 小川麻琴嗣永桃子Berryz工房)、梅田えりか℃-ute)、岡田唯、三好絵梨香 - 前半はチームハロプロと名がついていたが、当時実際にハロプロメンバーであったのは嗣永桃子と梅田えりかの2人だけであり、あとの5人はハロプロメンバーではなかった。
  • 後半のみのメンバー

チーム高学歴[編集]

チーム芸能人家族[編集]

  • 固定メンバー
    • スザンヌ、マーガリン(スザンヌの妹)、キャサリン(スザンヌの母)
  • 前半のみのメンバー
    • 藤本敏史(FUJIWARA)、原西孝幸(FUJIWARA)、藤本の母、原西の母
  • 後半のみのメンバー

チームゆかい → チームAround40[編集]

  • 固定メンバー
    • 千原ジュニア、武田修宏、田村亮、鼠先輩
  • 前半のみのメンバー
    • インパルス(板倉俊之、堤下敦)、日村勇紀(バナナマン)
  • 後半のみのメンバー

スタッフ[編集]

途中まで参加していたスタッフ[編集]

  • チーフプロデューサー:今村俊昭(ABC、第4回まで)
  • プロデューサー:伊藤拓哉(ABC、第4回まで)

放送日[編集]

同時ネット局[編集]

遅れネット局[編集]

視聴率[編集]

※すべて関東地区・ビデオリサーチ調べ

  • 第1回 10.5%
  • 第2回 12.7%
  • 第3回 13.1%
  • 第4回 10.6%
  • 第5回 9.8%