スマートボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スマートボール

スマートボールは、ピンボール及びパチンコの変種である。パチンコ台が垂直に並んでいるのに対して、横モノとも呼ばれ、パチンコ店ではかつて、パチスロが出回る以前に遊技機として流通した。

歴史[編集]

スマートボールは、バガテルやピンボールから派生したもので、さかのぼればビリヤードと共通の原型を持つ。

キューを使ってボールをゲーム盤上の穴に入れるゲームが現在のビリヤードとなっていく過程では、穴の数や位置が様々に変えられたり、盤上に木製の柱(ピン)が立てられるなど、さまざまなバリエーションが作られた。1777年、フランスのバガテル城 (Château de Bagatelleで開かれた、国王ルイ16世が出席してのパーティで、ピンが立てられたビリヤードの台を傾け、キューを右下に固定したゲーム盤が披露された。このゲームはバガテル城の名を取り、「バガテル (Bagatelleと呼ばれた。

19世紀、バガテルは欧米に広まった。ヨーロッパではフォーチュナ(Fortuna)とも呼ばれ、アメリカではピンボール(Pinball)に発展した。アメリカで独自の発展を遂げたピンボールゲームからは、台の下部に球を打ち返すためのひれ状の部品(フリッパー)を設けたフリッパーピンボールや、ビンゴゲームの要素を取り入れたビンゴ・ピンボールなどが派生する。

日本へは昭和初期に小林脳行(樟脳など防虫剤の輸入製造販売会社、1984年に倒産)がピンボールゲームの一種を「コリントゲーム」の名で紹介し、流行をもたらした[1]。釘を植え穴を開けた盤上に10個の鉄製の小球を順次発射し、穴に記された得点を合計して競うゲームで[1]、「コリント」の名は小林脳行が自社名の「小林」をもじった商標名とされる[1]という説が一部に流布されている。しかしコリンティアン英語版・バガテル(Corinthian bagatelle)という呼称も実際イギリスには存在しており、「コリント」の名が完全に小林脳行のオリジナルなのかは疑問である。

また、アメリカから日本に入ったピンボールゲームは、独自の発展を見せてスマートボールとなった。

概要[編集]

遊技者は、硬貨投入口に100円(ないしいくらかの料金)を払うと、前面からボールが数十個(7号営業の店では25個)降りてくる。そのボールをピンボールの要領で発射し(パチンコのハンドルと同様の形状の機種もある)玉の獲得を狙う。入賞口に入ると、5個から15個が払い出される(連勝穴といって、2個の穴に入賞して初めて払い出しのある入賞口もある。連勝穴の一方に入ると穴にボールがはまったままになり、もう一方の穴に入った時点で両方のボールが落ちて入賞となる)。

パチンコでいうスタートチャッカーに入ると数箇所、役物が開き、そこに玉が入ると15個が払い出される。一度入った口は閉じる。以上の繰り返しで玉数を稼ぐ。

ボールは盤面を覆うガラス板の上に乗るので、多すぎると盤面が見えなくなる。その場合はパチンコと同じようにボールを箱に入れる。

なお、メダルタイプやプライズタイプ(8号営業向け)もあり、メダルタイプではメダル(3枚200円)を購入し、メダル1枚を投入口に入れると規定数(16球)のボールがセットされ(このボールに手を触れることはできない)、縦4段横4列の16箇所に設置された穴にボールを入れて(パチンコタイプと違い、穴に入ったボールはゲーム終了まで穴にはまったままとなる)、与えられたボールを打ち終わるまでに、たて横もしくは斜向かいに4個揃えることで得点(メダル)の獲得を狙うタイプがある。プライズタイプではゲーム料金を投入すると規定数のボールがセットされて、メダルタイプと同様に16個の穴を狙って打ち、ラインを揃えるとその組み合わせにより景品が払い出される(単純に4個揃えば同じ景品が出るタイプの他、ラインによって異なる景品が用意されているタイプもある)。プライズタイプではボールの規定数が5~6球と少なく設定されている代わりに、穴に入らずに盤面下部まで到達したボールがアウトとならず再打球できるタイプが多い。また、景品価格に合わせてボールの数を調整して難易度を変更することもできる他、ゲームスピードの向上のためにボールにガラス球(ビー球)や鉄球を用いることがある(7号営業向けではボールの材質や、1ゲームの規定数を変更することは出来ない)。但し、現在はこのようなタイプのプライズマシンの販売は、「パチンコやピンボールをプライズマシンに使用してはいけない」というJAMMAAOUの自主規制により、できない。

写真のスマートボールは縁日用の簡易型で、料金を払うと店員が操作して穴のボールを手元に落とし、16個の穴めがけて打ちラインがそろうと店員が確認して景品を手渡す仕組みとなっている。スマートボールのメーカーは現存しないため、縁日向けの機械は、複雑な機構が必要ないこのような簡易タイプが主流となっている(但し、店員が常駐してオペレートする必要があるデメリットもある)。ラインをそろえるタイプのものは正しくはラッキーボールという名称だが、スマートボールと混同されているのが現状である。

7号営業においては、獲得したボール(メダル)はパチンコと同様に景品と交換できる(8号営業の店では景品交換はできず、メダルゲーム同様に店に預けることとなる)。

設置状況[編集]

現在でも、東京(浅草)や大阪(新世界)などの繁華街の一部や江ノ島等の観光地温泉街などでスマートボール専門店が残っている。愛知県豊橋市の豊橋駅前や和歌山市の中心市街地ぶらくり丁にも専門店がある。

なお、慣習的にスマートボール専門店は(7号営業であっても)子供の入場が黙認されるのが普通であったが、パチンコ店への規制強化と同時に、黙認されなくなった。また、現存するスマートボールはそのすべてがパチンコで言うところの「みなし機」であるが、ギャンブル性が低く、パチンコの規定上「普通機」に該当する(パチンコでも「普通機」に対しては救済的特例が適用されている)ため、本来撤去すべきところを特例で継続設置している(逆に、「デジパチ」に該当するメダルタイプは撤去対象となった)。

また、縁日でも出店されることがあり、役の判定などを手動で行う簡易型の機械が用いられる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c コリントゲーム”. 世界大百科事典 第2版(コトバンク. 日立ソリューションズ. 2013年9月17日閲覧。

関連項目[編集]