インディジャパン300

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インディジャパン300mile(2008年)

インディジャパン300(Indy Japan 300 mile)は、ツインリンクもてぎのスーパースピードウェイ(1.5マイル・オーバル(楕円)コース)で開催されていたインディカー・シリーズ(IRL)のイベントの一つ。1998年 - 2002年に開催されたCART(のちのチャンプカー・ワールド・シリーズ)イベント、および2011年にロードコースで開催されたインディジャパン・ザ・ファイナル(Indy Japan THE FINAL)についてもここで述べる。

概要[編集]

レースは1998年にCARTの一戦としてスタートし、2003年からはIRLの一戦になった。この大会はIRLとしては初のアメリカ以外の開催であり、2008年2010年・2011年を除き北米大陸以外で開催される唯一のIRLイベントとなっていた。

レースの周回数はチャンプカー時代は201周、インディカーになってからは200周、2011年のロードコースでは63周であった。

ツインリンクもてぎを運営するモビリティランドでは、2012年以降のインディジャパン開催を行わない方針を明らかにしており、2011年が最後の開催となった[1]

大会名称[編集]

ここまでCARTシリーズ戦、これ以後IRLシリーズ戦

  • Bridgestone Indy Japan 300 Mile (2003-2009)
  • Indy Japan 300 Mile (2010)
  • Indy Japan THE FINAL (2011)

歴代優勝者[編集]

優勝者 チーム シャーシ/エンジン タイム
1998 エイドリアン・フェルナンデス パトリック・レーシング レイナード/フォードコスワース 1:57'12"016
1999 エイドリアン・フェルナンデス パトリック・レーシング レイナード/フォード・コスワース 1:46'01"463
2000 マイケル・アンドレッティ ニューマン・ハース・レーシング ローラ/フォード・コスワース 1:58'52"201
2001 ケニー・ブラック チーム・レイホール ローラ/フォード・コスワース 1:44'48"888
2002 ブルーノ・ジュンケイラ チップ・ガナッシ・レーシング ローラ/トヨタ 2:00'05"882
2003 スコット・シャープ ケリー・レーシング ダラーラ/トヨタ 2:21'17"8265
2004 ダン・ウェルドン アンドレッティ・グリーン・レーシング ダラーラ/ホンダ 1:49'48"2611
2005 ダン・ウェルドン アンドレッティ・グリーン・レーシング ダラーラ/ホンダ 2:16'46"0711
2006 エリオ・カストロネベス マールボロ・チーム・ペンスキー ダラーラ/ホンダ 1:59'01"3704
2007 トニー・カナーン アンドレッティ・グリーン・レーシング ダラーラ/ホンダ 1:52'23"2574
2008 ダニカ・パトリック アンドレッティ・グリーン・レーシング ダラーラ/ホンダ 1:51'02"6739
2009 スコット・ディクソン チップ・ガナッシ・レーシング ダラーラ/ホンダ 1:51'37"6411
2010 エリオ・カストロネベス チーム・ペンスキー ダラーラ/ホンダ 2:04'04"4780
2011 スコット・ディクソン チップ・ガナッシ・レーシング ダラーラ/ホンダ 1:56'41"0107

トピックス[編集]

2008年レースで降雨のためにピットに引き上げるマシン
  • 2008年には、決勝日(4月19日)の前日から降り続いた雨のためにコースの複数個所から水が湧き出るトラブルが発生し、急遽水を吸い出す応急措置がとられたものの一向に治まることが無く、安全が確保できないという判断に至ったために決勝スタートが翌日に順延された。なお翌20日にはトラブルが解決し、雨も降らなかったために、無事に決勝レースが開催され、ダニカ・パトリックが、主要なモータースポーツカテゴリーで女性ドライバーとしての初優勝を達成した。

INDY JAPAN RADIO[編集]

  • 2006年頃より毎年3月からレース日直前にかけて、関東・福島の民放FMラジオ局で平日のワイド番組中に「INDY JAPAN RADIO」というコーナーを設けている。

放送局[編集]

なお、同局は期間限定でINDY Cafeを設けている(詳細)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ インディジャパンについて - ツインリンクもてぎ・2011年2月9日

外部リンク[編集]