オートクラブ・スピードウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オートクラブ・スピードウェイ
Auto Club Speedway (formerly California Speedway) - Speedway.svg
コース全容
所在地 サンバーナーディーノ郡
標準時 GMT-8
収容人数 91,200 (NASCAR)
所有者 インターナショナル・スピードウェイ・コーポレーション
運営者 インターナショナル・スピードウェイ・コーポレーション
着工 1995
オープン 1997
建設費 1億 ドル
設計者 パクストン・ウォーターズ・アーキテクチャー
ペンスキー・モータースポーツ
旧称 カリフォルニア・スピードウェイ (1997-2007)
主なイベント NASCAR スプリントカップ・シリーズ
オートクラブ400
NASCAR ネイションワイド・シリーズ
ロイヤル・パープル300
インディカー・シリーズ
MAVTV500
AMAスーパーバイク
スズキスーパーバイクチャレンジ
Dシェイプ・オーバル
路面 アスファルト
コース長 2.0 マイル (3.23 km)
バンク数 Turns: 14 degrees
Frontstretch:11 degrees
Backstretch : 3 degrees
レコードタイム 241.426 mph (ジル・ド・フェラン, ペンスキー・レーシング, 2000年10月28日, CART)
インフィールド・ロードコース
路面 アスファルト
ドラッグ・ストリップ
路面 アスファルト
テンプレートを表示

オートクラブ・スピードウェイ英語:Auto Club Speedway)はカルフォルニア州フォンタナ、チェリー通りに所在する1周2マイル (3,200m) のオーバルトラック。浅いバンクの2マイルDシェイプオーバルというレイアウトが先に建設されていたミシガン・インターナショナル・スピードウェイと似ている事から、ミシガンの妹という意味でSister Trackとも呼ばれる。

ロジャー・ペンスキーが1997年にカルフォルニア・スピードウェイ[1]として新築。1999年所有権自体は売却されロジャー・ペンスキーの手からは離れている。そして2008年に命名権を売り出したために現在の名前に変更されている。

デイトナインディアナポリスのようにトラック内部にロードコースを持ち、バックストレッチからインフィールドに入るレイアウト、ターン1とターン2の間からインフィールドへ入るレイアウト、そしてインフィールドのみで構成される3レイアウトで使用可能。またこのインフィールドを利用したレースでは全日本GT選手権が2004年のオールスターレースで使用している。

NASCARスプリントカップ・シリーズネイションワイド・シリーズが3月、インディカー・シリーズの最終戦が行われる。

コースレイアウト[編集]

トラックの特徴[編集]

  • オーバルコース寸法
個数 長さ バンク角
フロントストレッチ 1 3100フィート(944.9m) 11°
バックストレッチ 1 2500フィート(762m)
ターン 4 5113フィート(1558.4m) 14°
全長:2.029マイル(3265.4m) 路面:アスファルト

オーバルトラックとしては、一般的なDシェイプオーバルである。しかしフロントストレッチでもインラインよりアウトラインの方が走りやすく、Dシェイプである意味を成していないトラックの一つである。インディカーほどラインに自由度がない限り、インラインはほとんど使われない。バンク角はターンで14度、フロントストレッチで11度と低めのバンク角を持つ。コース幅は広く、3台どころか4台併走でもターンに進入出来、さらに、車間を30cm以上開けられるほどである。しかしターン進入では軽いブレーキングが必要なので、デイトナほど度胸が必要というトラックではない。また、ターン出口ではバンク角が浅くなり、マシンが不安定になるところでアクセルを開けていくため、リアがルーズになりやすい。

そのバンク角の浅さからストックカーでは速度が出ないと思われがちだが、デイトナタラデガと違い、リストリクタープレートが装着されないため、平均180mph後半に達する高速トラックである。コーナー最低速度は150mph(240km/h)ほどになってしまうが最高速度は200mph(320km/h)を越える。またターンが緩やかなためインディカーとの相性が良く、予選速度は215 - 220mphに達し、2.5マイルのスーパースピードウェイであるポコノと同等である。2000年のCARTではクローズドサーキットでの世界記録となる周回平均241.428mph(388.541km/h)を記録している。

展開的にはブレーキングの上手い下手が走行に影響しやすいこと、ラインの読みの選択肢の広さなどから、得意なドライバーが抜け出る事が多い。そのため縦に長い展開となりクラッシュが起こりにくいトラックであり、スプリントカップ戦が250周500マイルで行われていた時代でもコーション数の最低記録が4回を記録している。2009年2月のオートクラブ500では5回のコーション中雨によるコーションが4回で、クラッシュによるコーションは1度しか起こらなかった。

コーションが起こりにくいためアンダーグリーンでのピット回数が多く、ピットクルーの腕の見せ所である。一度のピットミスで5~6ポジションが入れ替わってしまうため、TV中継でピットクルーのアクションが映る事も多い。

死亡事故[編集]

1999年のCART最終戦でグレッグ・ムーアがリスタート直後の第2ターン立ち上がりでスピン、イン側の芝生の起伏に引っかかって舞い上がった車体は開口部からコンクリートウォールへと直撃し、全身打撲が原因で死亡している。そのためバックストレッチ内側の芝生部分の一部をアスファルト舗装にする改修を行っている。

NASCARスプリントカップ・シリーズ[編集]

記録[編集]

(As of 7/1/10)

最多勝利 5 ジミー・ジョンソン
最多トップ5 10 ジェフ・ゴードン, ジミー・ジョンソン
最多トップ10 12 マット・ケンゼス
最多出走 20 ジェフ・バートン, ジェフ・ゴードン, ボビー・ラボンテ
最多ポールポジション 3 カート・ブッシュ
Most Laps Completed 4981 ジェフ・バートン
最多ラップリード 824 ジミー・ジョンソン
Avg. Start* 8.7 ジミー・ジョンソン
Avg. Finish* 5.5 ジミー・ジョンソン

* from minimum 10 starts.

スプリントカップ・シリーズ優勝者[編集]

  • - グリーン・ホワイト・チェッカーで延長されたレース
シーズン 開催日 レース 優勝者 車番 スポンサー 使用車両 距離 平均スピード 2位との差
1997 6月22日 California 500 ジェフ・ゴードン 24 DuPont シボレー・モンテカルロ 500 mi (800 km) 155.012 mph (249.468 km/h) 1.074 sec
1998 5月3日 California 500 presented by NAPA マーク・マーティン 6 Valvoline フォード・トーラス 500 mi (800 km) 140.22 mph (225.662 km/h) 1.287 sec
1999 5月2日 California 500 presented by NAPA ジェフ・ゴードン 24 DuPont シボレー・モンテカルロ 500 mi (800 km) 150.276 mph (241.846 km/h) 4.492 sec
2000 4月30日 NAPA Auto Parts 500 ジェレミー・メイフィールド 12 Mobil 1 フォード・トーラス 500 mi (800 km) 149.378 mph (240.401 km/h) 0.300 sec
2001 4月29日 NAPA Auto Parts 500 ラスティ・ウォレス 2 Miller Lite フォード・トーラス 500 mi (800 km) 143.118 mph (230.326 km/h) 0.27 sec
2002 4月28日 NAPA Auto Parts 500 ジミー・ジョンソン 48 Lowe's シボレー・モンテカルロ 500 mi (800 km) 150.088 mph (241.543 km/h) 0.620 sec
2003 4月27日 Auto Club 500 カート・ブッシュ 97 Rubbermaid フォード・トーラス 500 mi (800 km) 140.111 mph (225.487 km/h) 2.294 sec
2004 5月2日 Auto Club 500 ジェフ・ゴードン 24 DuPont シボレー・モンテカルロ 500 mi (800 km) 137.268 mph (220.911 km/h) 12.871 sec
2004 9月5日 Pop Secret 500 エリオット・サドラー 38 M&Ms フォード・トーラス 500 mi (800 km) 128.324 mph (206.517 km/h) 0.263 sec
2005 2月27日 Auto Club 500 グレッグ・ビッフル 16 Post-It/National Guard フォード・トーラス 500 mi (800 km) 139.697 mph (224.821 km/h) 0.231 sec
2005 9月4日 Sony HD 500 カイル・ブッシュ 5 Kelloggs シボレー・モンテカルロ 508 mi (818 km) * 136.356 mph (219.444 km/h) 0.554 sec
2006 2月26日 Auto Club 500 マット・ケンゼス 17 DeWalt フォード・フュージョン 502 mi (808 km) * 147.852 mph (237.945 km/h) 0.338 sec
2006 9月3日 Sony HD 500 ケイシー・ケーン 9 Dodge Dealers/UAW ダッジ・チャージャー 500 mi (800 km) 144.462 mph (232.489 km/h) 3.427 sec
2007 2月25日 Auto Club 500 マット・ケンゼス 17 DeWalt/Carhartt フォード・フュージョン 500 mi (800 km) 138.451 mph (222.815 km/h) 0.679 sec
2007 9月2日 Sharp AQUOS 500 ジミー・ジョンソン 48 Jimmie Johnson Foundation/Lowe's シボレー・モンテカルロSS 500 mi (800 km) 131.502 mph (211.632 km/h) 1.868 sec
2008 2月25日 Auto Club 500 カール・エドワーズ 99 Dish Network フォード・フュージョン 500 mi (800 km) 132.704 mph (213.566 km/h) UC
2008 8月31日 Pepsi 500 ジミー・ジョンソン 48 Jimmie Johnson Foundation/Lowe's シボレー・インパラ 500 mi (800 km) 138.857 mph (223.469 km/h) 2.076 sec
2009 2月22日 Auto Club 500 マット・ケンゼス 17 Carhartt フォード・フュージョン 500 mi (800 km) 135.839 mph (218.612 km/h) 1.463
2009 10月11日 Pepsi 500 ジミー・ジョンソン 48 Jimmie Johnson Foundation/Lowe's シボレー・インパラ 500 mi (800 km) 143.908 mph (231.597 km/h) 1.603
2010 2月21日 Auto Club 500 ジミー・ジョンソン 48 Kobalt Tools/Lowe's シボレー・インパラ 500 mi (800 km)

各種レコード[編集]

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.dailybulletin.com/breakingnews/ci_8327058 Inland Valley Daily Bulletin, 2/21/2008. Retrieved 2/21/2008.

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度05分19秒 西経117度30分00秒 / 北緯34.08858度 西経117.50000度 / 34.08858; -117.50000