世界三大レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界三大レース(せかいさんだいレース、Triple Crown of Motorsport)とは、モナコグランプリインディ500ル・マン24時間レースという3つの自動車レースに対する伝統的な呼称である。


概要[編集]

今日世界三大レースに数えられるレースは、いずれもモータースポーツの歴史とほぼ等しい長い歴史と高い人気を持つ。現在では

の看板レースを担っている。


これらのレースは、それぞれが大きく異なる特徴を持つ。

インディ500[編集]

開催地 - インディアナポリス・モーター・スピードウェイ(2.5miles)/アメリカ合衆国インディアナポリス
初開催 - 1911年
観客動員数40万人を誇るアメリカ最大のモータースポーツイベント。決められた距離を走るスプリントレースながら総走行距離が500マイル(約806km)と非常に長く、ドライバーはその中を350km/hを超える速さで走り続ける。クラッシュが度々起こるため何度もレースがリスタートされることや、フルコースコーション中の一斉ピットワーク、スリップストリームを駆使したオーバーテイクによって頻繁に順位が入れ替わる。そのため最終周の残り数メートル誰が勝つか分からないエンターテイメント性に富んだレースが展開される。

モナコグランプリ[編集]

開催地 - モンテカルロ市街地コース(3.34km)/モナコ公国モンテカルロ
初開催 - 1929年
市街地レースの元祖にして、F1ドライバーたちが揃って「選手権で最も重要なレース」と称するレース。シケインやタイトコーナーが連続するテクニカルコースでは、F1においてすら決勝レースの平均速度が150km/h程度である。また、道幅が狭くエスケープゾーンも少ないため些細なミスも許されない。ゆえにドライバーの技量が大きく問われる難しいレースであり、「モナコでの一勝は、他のレースでの三勝に匹敵する」と言われる。さらにF1のサーキット中最もオーバーテイクが難しいと言われ、予選での速さが重要になる。

ル・マン24時間レース[編集]

開催地 - サルト・サーキット(13.629km)/フランスル・マン
初開催 - 1923年
耐久レースのなかでは最も長い歴史をもち、「世界最高の草レース」と呼ばれることもある。世界各国で行われる耐久レースのほとんどはル・マンのフォーマットに準じている。サルト・サーキットは長距離の高速サーキットで、かつコースのほとんどに公道を利用しているため路面はパンプが険しく、エンジンやサスペンションが酷使される。さらに夕方、夜間、日中と移り変わるコンディションの中で走らなければならない。そのためマシンには高い速度と優れた信頼性、ドライバーには集中力はもちろん、環境の変化に対応する力と相互のチームワークが求められる。

各レースの比較[編集]

モナコGP インディ500 ル・マン24時間
主催団体 国際自動車連盟(FIA) IndyCar フランス西部自動車クラブ(ACO)
決勝レースの
開催時期
5月中旬から下旬
(決勝は日曜日)
戦没者追悼記念週間
(メモリアルウィーク)の日曜日
(5月最終月曜日の前日)
1年で日照時間が
最も長い土曜日から日曜日
(例年は6月中旬)
出走台数 コンストラクター数×2台 33台 最大55台
スポット参戦 不可
(リザーブドライバーの代走は可)
スタート方式 2列スタンディングスタート 3列ローリングスタート ル・マン式スタート(1969年まで)
2列ローリングスタート(1971年から)
使用するマシン 各チームが選手権向けに
開発したフォーミュラ1カー
インディカー・シリーズで使用される
ものと同じフォーミュラカー
シャシーメーカーや乗用車メーカーが開発、購入した
プロトタイプレーシングカーまたはGTレーシングカー
レース距離/周回数 260km/78周 500マイル/200周 -
レース時間 1時間40分~2時間 3時間前後 24時間
(土曜日の現地時間16時~翌日16時)
周回平均速度:最高速度
(およその値)
160km/h:280km/h 220mph(354km/h):230mph(370km/h) 240km/h:330km/h
車両一台あたりの
ドライバー人数
1人 1人 3人

主な記録[編集]

三大レース全てを制覇した唯一のドライバー、グラハム・ヒル
三大レース全てを制覇したコンストラクター、マクラーレンの創設者ブルース・マクラーレン。自身もモナコグランプリル・マン24時間レースで優勝した

2011年終了時の主な記録。

複数レース勝者[編集]

この「世界三大レース」を語る上で最もよく取り上げられるのは、複数のレースを勝利したドライバーについての記録である。これが重んじられるのは、前述の通り3レースがそれぞれ異なる性質であり、ドライバーに要求される技術も変わってくるためである。

ドライバー[編集]

この3レース全てを制覇したドライバーはグラハム・ヒルのみで、他、3レース中2レースを制したドライバーが6名いる。この内、ヒルがモナコで挙げた5勝、A・J・フォイトがインディ500で挙げた4勝は、それぞれのレースで当時の史上最多勝記録となるものであった。

三大レース中の複数のレースにおいて優勝を同年中に達成した例としては、1967年にフォイトがインディ500とル・マンの両方で優勝した例があるのみである。

2012年現在、この7名のドライバーの内、現役のレースドライバーはモントーヤのみである(モントーヤとフォイトを除く5名は故人)。

ドライバー モナコGP優勝 インディ500優勝 ル・マン優勝
イタリアの旗 タツィオ・ヌヴォラーリ 1932年 1933年
フランスの旗 モーリス・トランティニアン 1955年、1958年 1954年
アメリカ合衆国の旗 A・J・フォイト 1961年、1964年、1967年、1977年 1967年
ニュージーランドの旗 ブルース・マクラーレン 1962年 1966年
イギリスの旗 グラハム・ヒル 1963年、1964年、1965年、1968年、1969年 1966年 1972年
オーストリアの旗 ヨッヘン・リント 1970年 1965年
コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ 2003年 2000年

コンストラクター[編集]

この3レース全てを制覇したコンストラクター(車体製造者)は、メルセデス・ベンツマクラーレンのみである(但し、「メルセデス」名義だった「メルセデス・ベンツ」の1915年のインディ500優勝を別とみなす場合はマクラーレンのみということになる)。

コンストラクター モナコGP優勝 インディ500優勝 ル・マン優勝
フランスの旗 プジョー 1913年、1916年、1919年 1992年、1993年、2009年
ドイツの旗 メルセデス・ベンツ 1935年、1936年、1937年 1915年[1] 1952年、1989年[2]
フランスの旗 ブガッティ 1929年、1930年、1931年、1933年 1937年、1939年
イタリアの旗 アルファ・ロメオ 1932年、1934年、1950年 1931年、1932年、1933年、1934年
イタリアの旗 マセラティ 1948年、1956年、1957年 1939年、1940年
イタリアの旗 フェラーリ 1955年、1975年、1976年、1979年、1981年、
1997年、1999年、2001年
1949年、1954年、1958年、1960年、1961年、
1962年、1963年、1964年、1965年
イギリスの旗 ロータス[3] 1960年、1961年、1968年、1969年、1970年、
1974年、1987年
1965年
イギリスの旗 マクラーレン 1984年、1985年、1986年、1988年、1989年、
1990年、1991年、1992年、1993年、1998年、
2000年、2002年、2005年、2007年、2008年
1972年、1974年、1976年 1995年
フランスの旗 ルノー 2004年、2006年 1978年[4]

最多勝・連勝[編集]

モナコGPの6連勝の記録を制覇したF1ドライバーアイルトン・セナ

モナコGPの最多勝記録はアイルトン・セナ(6勝)が持ち、これに5勝のグラハム・ヒルミハエル・シューマッハ、4勝のアラン・プロストが続き、彼らを含め、2勝以上を挙げたドライバーの数は計11人に上る。連勝記録については、セナが持つ5連勝という記録に対して続くのはグラハム・ヒル(1963年─1965年)、プロスト(1984年─1986年)が持つ3連勝という記録であり、セナの記録がやや突出したものとなっている。

インディ500の最多勝記録は4勝で3人が並び、3勝を挙げたドライバーも7人に及ぶ(現役のドライバーはエリオ・カストロネベスダリオ・フランキッティ)。2勝以上を挙げたドライバーは18名であり、三大レース中、最多である。連勝記録は少なく、2連勝を達成した5名のみであり、3連勝以上を達成したドライバーは存在しない。

ル・マン24時間レースにおける最多勝記録はトム・クリステンセンが持つ9勝であり、クリステンセンが2005年に7勝目を挙げる以前はジャッキー・イクスが1982年に樹立した通算6勝という記録が最多勝記録であった。現在ではこれに5勝のデレック・ベルが続き、4勝のドライバーは5名を数える。連勝記録としてはクリステンセンが2000年から2005年にかけ達成した6連勝が突出したものとなっており、2番手以下は3連勝で6名が並ぶ。

分類 モナコGP インディ500 ル・マン
ドライバー
最多勝 6 ブラジルの旗 アイルトン・セナ
 1987年、1989年、1990年、1991年、1992年、
 1993年
4 アメリカ合衆国の旗 A・J・フォイト
 1961年、1964年、1967年、1977年
アメリカ合衆国の旗 アル・アンサー
 1970年、1971年、1978年、1987年
アメリカ合衆国の旗 リック・メアーズ
 1979年、1984年、1988年、1991年
9 デンマークの旗 トム・クリステンセン
 1997年、2000年、2001年、2002年、2003年、
 2004年、2005年、2008年、2013年
連勝 5 ブラジルの旗 アイルトン・セナ
 1989年─1993年
2 アメリカ合衆国の旗 ウィルバー・ショウ
 1939年─1940年
アメリカ合衆国の旗 モーリ・ローズ
 1947年─1948年
アメリカ合衆国の旗 ビル・ブコビッチ
 1953年─1954年
アメリカ合衆国の旗 アル・アンサー
 1970年─1971年
ブラジルの旗 エリオ・カストロネベス
 2000年─2001年
6 デンマークの旗 トム・クリステンセン
 2000年─2005年
コンストラクター
最多勝 13 イギリスの旗 マクラーレン
 1984年、1985年、1986年、1988年、1989年、
 1990年、1991年、1992年、1993年、1998年、
 2000年、2002年、2005年
7 アメリカ合衆国の旗 ペンスキー
 1979年、1981年、1988年、1989年、1991年、
 1993年、1994年
16 ドイツの旗 ポルシェ
 1970年、1971年、1976年、1977年、1979年、
 1981年、1982年、1983年、1984年、1985年、
 1986年、1987年、1994年、1996年、1997年、
 1998年
連勝 6 イギリスの旗 マクラーレン
 1988年─1993年
5 イギリスの旗 マーチ
 1983年─1987年
7 ドイツの旗 ポルシェ
 1981年─1987年

日本勢の活躍[編集]

日本人ドライバーで世界三大レースの優勝者となった者としては、1995年のル・マンでマクラーレン F1 GTRを駆って優勝した関谷正徳(チームメイトはヤニック・ダルマスJ・J・レート)、2004年のル・マンでアウディ・R8を駆って優勝した荒聖治(チームメイトはトム・クリステンセンリナルド・カペッロ)の2名がいる。

日本人ドライバーでモナコGP、インディ500を優勝した者はなく、決勝レースの最高成績はモナコGPが5位(2011年・小林可夢偉)、インディ500が5位(2003年・高木虎之介)となっている。

日本のコンストラクター(車体製造者)としては、マツダマツダスピードマツダ・787B)が1991年にル・マンで収めた優勝が世界三大レースにおける唯一の勝利である。モナコGPにおいては2006年にホンダ・レーシング・F1チームが記録した4位が最高位である(ドライバーはルーベンス・バリチェロ)。インディ500にはコンストラクター(車体製造者)として参戦した例がない。

エンジンコンストラクター(エンジン製造者)としては、インディ500ではトヨタ(2003年)、ホンダ(2004年-)[5]が、モナコGPではホンダと無限(無限ホンダ)が優勝を記録している。特にモナコGPにおいてはホンダがエンジンコンストラクターとしての連勝記録(6連勝:1987年-1992年)を持っている。

「コンストラクター」に該当しないプライベートチームとしては、2004年のル・マンでチーム郷が優勝を達成している(車両はアウディ・R8)。

また、世界三大レースの3つ全てに出走経験がある日本人ドライバーは中野信治のみ。

注釈[編集]

  1. ^ 1915年当時は「メルセデス」名義。「メルセデス・ベンツ」が誕生するのは1926年のことである。
  2. ^ 1989年について、車体は「ザウバー」が製造した。
  3. ^ モナコGP、インディ500における優勝はいずれもチーム・ロータスによる
  4. ^ 「ルノー・アルピーヌ」としてエントリー。
  5. ^ ただし2006年から2011年までホンダのワンメイクであるため、連勝記録として扱わないものとされる。