ビル・ブコビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビル・ブコビッチ
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・カリフォルニア州フレズノ
生年月日 1918年12月23日
没年月日 1955年5月30日(満36歳没)
F1での経歴
所属チーム トレヴィス, オッフェンハウザー
活動時期 1951-1955
出走回数 5
優勝回数 2
通算獲得ポイント 19
表彰台(3位以内)回数 2
ポールポジション 1
ファステストラップ 3
F1デビュー戦 1951年インディ500
初勝利 1953年インディ500
最終勝利 1954年インディ500
最終戦 1955年インディ500
タイトル 0
テンプレートを表示

ビル・ブコビッチBill Vukovich 1918年12月13日 - 1955年5月30日)は、アメリカ合衆国のレーシングドライバー。1953年1954年インディ500覇者。

経歴[編集]

セルビア系移民の子。インディを走り始める前はミジェットカー・レースに参戦しており、1945年1946年にはタイトルを獲得。他にも、勝利を多く挙げている。

インディ500[編集]

1951年にインディ500に初参戦するが、この際は予選20位からリタイヤと、見せ場無く終わった。翌1952年ファステストラップ(以下:FL)を記録し、終盤までトップを走行。しかしステアリングが故障し、結果的には17位となった。

1953年ポールポジションからスタートし、決勝でもFLをマークしての優勝。前年に目前で逃げた勝利を、圧倒的な成績で掴んだ。更に1954年も優勝、1939年1940年ウィルバー・ショウ1947年1948年マウリ・ローズに続く3例目の連覇を達成した。

事故死[編集]

1955年、開催前の話題は「ブコビッチは3連覇出来るのか」に集まっていた。しかしこの年のレースにおいて、ブコビッチは連勝だけでなく、人生そのものをストップさせてしまうこととなる。

この年予選5位からスタートしたブコビッチは、その後順位を上げトップに浮上していた。しかし、56周目に周回遅れの2台が多重事故を起こし、パーツが散乱。そこへブコビッチと周回遅れのジョニー・ボイドが同時に差し掛かり、2台は同じ回避ラインを取ってしまう。

結果、ブコビッチのマシンはボイドのマシンに乗り上げ宙を舞い、コース外へ。縦に数回転しながら前進して停止し、火を噴いた。この事故によりブコビッチは即死。36歳だった。

補足[編集]

関連項目[編集]