アル・ホルバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホルバートがチャンピオンを獲得した、レーベンブロイカラーのポルシェ・962

アル・ホルバート英語:Alvah Robert "Al" Holbert、1946年11月11日 - 1988年9月30日)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身のレーシングドライバーで、IMSA GTシリーズで5度のチャンピオンを獲得した。

ホルバートの父はレーシングドライバーのボブ・ホルバートで、ペンシルベニア州ウォリントンでフォルクスワーゲンとポルシェのディーラーを経営していた。ホルバートはリーハイ大学 (en)在学中にロジャー・ペンスキーのもとで働いた。1971年、ホルバートはポルシェをドライブしてレースに初優勝し、1974年にプロドライバーに転向した。ホルバートは初のシボレー・モンザをドライブしてIMSAのタイトルを1976年に初めて獲得すると、翌1977年もIMSAタイトルを制した。ポルシェのサポートを受けていたホルバートは、ポルシェの技術者にモンザを点検させた。その後ポルシェはターボ車の934を投入し、以後数年にわたりIMSAを支配した。また、ホルバートもポルシェに車両を変更した。

1976年から1979年にかけて、ホルバートはNASCARに参戦し、19レースに出走した。ホルバートは主にジェームズ・ヒルトンのチームから参戦し、19レースのうち4レースでトップ10フィニッシュを果たした。

1983年、ホルバートはポルシェエンジンを搭載したマーチ・83GでIMSA GTPのタイトルを追加した。ポルシェはこの年、956をIMSA規則に適合させることができなかった。1983年2月27日、ホルバートはグランプリ・オブ・マイアミでシーズン初勝利を挙げると、全17レースのうち8レースに優勝した。1984年にはインディ500で4位に入り、1987年から1988年にかけてポルシェのインディカー活動を牽引した。

ホルバートはル・マン24時間レースに1983年、1986年、1987年の3勝、デイトナ24時間レースでは1986年と1987年の2勝、セブリング12時間レースでは1976年と1981年の2勝を挙げた。ホルバートは北米ポルシェのモータースポーツディビジョンのリーダーとなり、自身のチーム「ホルバート・レーシング」を運営した。

1988年、ホルバートは自身の初期の成功を支えたポルシェ・962は、ジャガー・XJR-9エレクトラモーティブ日産・GTP ZX-Tのような車両によって時代遅れにされつつあると気付いた。ホルバートはカスタマーチームのためにポルシェのインディカー用エンジンを搭載したオープントップのレース車両を160万米ドルで作ることを計画した[1]。それから10年ほど経ち、ポルシェは最終的にポルシェ・WSC95を作製したが、ホルバートとポルシェが計画したようなカスタマー販売は実現しなかった。ル・マン24時間レースを複数回制したアメリカ人は、ホルバートと、ホルバートが初優勝したときのチームメイト、ハーレイ・ヘイウッド以外には存在しない(2009年現在)。

1988年10月30日、ホルバートはIMSAのコロンバス・フォードディーラーズ500に参戦した。その晩、ホルバートの所有するプロペラ機、パイパー・PA-60オハイオ州コロンバス付近で離陸直後に墜落し、この飛行機に乗っていたホルバートは死亡した。墜落時、PA-60のクラムシェルドアは閉まっていなかった。ホルバートは、PA-60の飛行方向にあった住宅をうまくかわした。[2][3]。シーズン終了後、ホルバートのチームは解散し、IMSAはホルバートが使用したカーナンバー14を永久欠番にした。

ホルバートレーシングのチーフメカニックだったケビン・ドーランは後にチームオーナーとなった。ホルバートの息子、トッド・ホルバートはホルバートレーシングのメカニックだったが、後にトヨタでタンドラカムリNASCAR車両開発に携わった。

受賞歴[編集]


スポーツのタイトル
先代:
ジャッキー・イクス
デレック・ベル
ル・マン24時間勝者
1983 with:
バーン・シュパン
ハーレイ・ヘイウッド
次代:
クラウス・ルドヴィク
アンリ・ペスカロロ
先代:
クラウス・ルドヴィク
パオロ・バリッラ
"ジョン・ウィンター"
ル・マン24時間勝者
1986 with:
デレック・ベル
ハンス=ヨアヒム・スタック
次代:
デレック・ベル
ハンス=ヨアヒム・スタック
アル・ホルバート
先代:
デレック・ベル
ハンス=ヨアヒム・スタック
アル・ホルバート
ル・マン24時間勝者
1987 with:
デレック・ベル
ハンス=ヨアヒム・スタック
次代:
ヤン・ラマース
ジョニー・ダンフリーズ
アンディ・ウォレス
先代:
A.J.フォイト
ボブ・ウォレク
アル・アンサーSr.
ティエリー・ブーツェン
デイトナ24時間勝者
1986 with:
デレック・ベル
アル・アンサーJr.
次代:
アル・ホルバート
デレック・ベル
チップ・ロビンソン
アル・アンサーJr.
先代:
アル・ホルバート
デレック・ベル
アル・アンサーJr.
デイトナ24時間勝者
1987 with:
デレック・ベル
チップ・ロビンソン
アル・アンサーJr.
次代:
ラウル・ボーセル
マーティン・ブランドル
ジョン・ニールセン

脚注[編集]

  1. ^ J.A.Martin, Michael J. Fuller (2008). James Manning Michels. ed (英語). Inside IMSA's legendary GTP race cars: the prototype experience. Mineapolis, MN: MBI Publishing Company LLC and Motorbooks. pp. pp.83-84. ISBN 978-0-7603-3069-2. 
  2. ^ Aircraft Accidents and Incidents - COLUMBUS, OHIO 43235 OHIO STATE UNIVERSITY AIRPORT Friday, September 30, 1988 9:24 PM EDT
  3. ^ Famous People Who Died in Aviation Accidents 1980s

外部リンク[編集]

アル・ホルバート - Find a Grave(英語)