フォーミュラチャレンジ・ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FCJ at 2007年Rd.9

フォーミュラチャレンジ・ジャパン(Formula Challenge Japan、略称:FCJ)は、2006年に発足し2013年まで行なわれたジュニア・フォーミュラのシリーズである。

概要[編集]

スーパーフォーミュラ(旧:フォーミュラ・ニッポン)を主催する日本レースプロモーション(JRP)と、トヨタ日産ホンダという日本の主要自動車メーカー3社が共同で、「世界に通用する若手ドライバーの育成」をテーマに発足させたシリーズである。

シリーズにはメーカー3社から資金面でサポートが行われており、その結果参戦するドライバーが支払う参加費は2009年の場合で年間892.5万円と、従来の同等クラスであるフォーミュラ・トヨタフォーミュラ・ドリームに比べ割安に抑えられている[1]。一方でその代償として、シリーズに参加を希望するドライバーに対して行われる審査において、各メーカーの育成プログラムに組み込まれているドライバーが優先される(このことは主催者よりあらかじめ告知されている)ほか、賞金はない。また若手ドライバー育成が主目的のため、参加ドライバーは原則として26歳未満に限られている[2]

なお、FCJの運営、プロモートを行なってきた日本レースプロモーションは、「所期の目標は達成した」として、2013年シーズンをもってシリーズを休止することを2013年6月28日に発表した[3]。これに伴いトヨタ・ホンダの両メーカーは、翌2014年より若手ドライバー育成の場をフォーミュラ4(F4)に移す方針を明らかにしている[4][5]

マシン[編集]

マシンはフォーミュラ・ルノー用マシンをベースに新たに開発された専用シャシー「FC106」(イタリアタトゥース社製、実体はフォーミュラ・ルノー用マシンそのままといわれる)を使用し、エンジンはルノー製の2L 直4(エンジンメンテナンスはNISMOが担当)。タイヤはダンロップワンメイク。このためコントロールタイヤの開発は、ダンロップのワークスドライバーである服部尚貴が中心になって行われており、服部はシリーズ全体のアドバイザーも務めている。

なお、フォーミュラ・ルノー用マシンをベースとしていることに対し、日本自動車レース工業会(JMIA)などは「日本のレース界のためには国産マシンの採用が不可欠」とした不満を表明していた。

ちなみに同マシンは、2014年よりフォーミュラトヨタ・レーシングスクール用の車両に転用されているほか[6]、一部はフォーミュラ4(F4)用にモディファイを受け、同年よりF4に新設された「FCクラス」に参戦している[7]

レース運営と特徴[編集]

シリーズ運営に当たっては「マシンの個体差によりレース結果に影響が出ることを避けるためにマシンを定期的にシャッフルする」、「エンジンをオーバーレブさせると、その後一定時間エンジンの最高回転数が引き下げられる(ペナルティシステム)」など、フォーミュラ・ドリームの仕組みを踏襲している部分が多い。

これ以外の特徴としては、ドライバーの要望によるマシンセッティングの変更が事実上禁止されている点が挙げられる(ドライバーが調整できるのはブレーキバランスとタイヤの内圧のみ)。これは「ドライバーにセッティングを合わせるよりも、ドライバーには標準的なセッティングを与え、後は『ドライバーの腕で何とかする』方法を学ぶ方が先々いろいろと役に立つ」という、ドライバー育成をメインとするカテゴリー方針によるもの。また「自由なセッティングを認めてしまうと、ドライバーよりも担当エンジニアの腕で成績が決まってしまう」という事情もあるとされている[8]

ただし、この点については「上位カテゴリーへのステップアップを考えると、セッティングの変更によるマシンの挙動変化を学べないのはマイナスではないか」との意見も多いことから、2007年の最終戦ではベースセッティングをそれまでに比べダウンフォースを大きく減らしたものとするなど、レースごとにセッティングを異なるものにするといった試みも導入されつつある。

スカラシップ[編集]

FCJの成績優秀者には、翌年のF3参戦の資金援助などのスカラシップが与えられる。ただスカラシップの選考基準や具体的な内容はメーカーごとに異なっている。実際にはFCJでの成績に加え、他のカテゴリー(フォーミュラ・トヨタなど)での結果も含めた総合的な判断として、各メーカーがそれぞれ注目するドライバーのステップアップを支援する形となっている。

ホンダ・日産のスカラシップは自社の育成プログラム枠だけでなく一般参加枠のドライバーも選考対象となるため、一般参加のドライバーにもスカラシップ獲得のチャンスがある[8]。トヨタのスカラシップは本来トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)の対象ドライバーのみが選考対象となるが、2010年チャンピオンの中山雄一のようにチャンピオン決定後にTDPに加わるケースもあるため[9]、実際には一般参加のドライバーにも門戸を開いているといえる。

ポイントシステム[編集]

このレースシリーズでは各レース毎に、順位に基づいてポイントが付与される。シリーズチャンピオンは全開催レースの80%で獲得したポイントが有効とされる(80%以上でポイント獲得した場合は、下位ポイントから無効とされる)有効ポイント制を採用しており、有効ポイントが同ポイントの場合は勝利数の多さでシリーズチャンピオンが決定される。

順位 ポイント 順位 ポイント
優勝 20ポイント 6位 6ポイント
2位 15ポイント 7位 4ポイント
3位 12ポイント 8位 3ポイント
4位 10ポイント 9位 2ポイント
5位 8ポイント 10位 1ポイント

ポールポジション獲得者:1ポイント
ファステストラップ獲得者:1ポイント

シリーズ結果[編集]

2013年[編集]

  開催日 サーキット 勝者
1 3月30日 富士スピードウェイ 坪井翔
2 3月31日 富士スピードウェイ 高橋翼
3 5月11日 ツインリンクもてぎ 山下健太
4 5月12日 ツインリンクもてぎ 高橋翼
5 6月22日 富士スピードウェイ 篠谷大幹
6 6月22日 富士スピードウェイ 篠谷大幹
7 6月23日 富士スピードウェイ 高橋翼
8 8月24日 富士スピードウェイ 清原章太
9 8月25日 富士スピードウェイ 坪井翔
10 11月9日 鈴鹿サーキット 山下健太
11 11月9日 鈴鹿サーキット 山下健太
12 11月10日 鈴鹿サーキット 山下健太

2012年[編集]

  開催日 サーキット 勝者
1 4月8日 富士スピードウェイ 平川亮
2 4月8日 富士スピードウェイ 平川亮
3 5月12日 ツインリンクもてぎ 平川亮
4 5月13日 ツインリンクもてぎ 高星明誠
5 9月1日 富士スピードウェイ 松下信治
6 9月1日 富士スピードウェイ 松下信治
7 9月2日 富士スピードウェイ 松下信治
8 10月6日 鈴鹿サーキット 松下信治
9 10月7日 鈴鹿サーキット 平川亮
10 11月3日 鈴鹿サーキット 平川亮
11 11月3日 鈴鹿サーキット 松下信治
12 11月4日 鈴鹿サーキット 高星明誠

2011年[編集]

  開催日 サーキット 勝者
1 4月24日 富士スピードウェイ 勝田貴元
2 4月24日 富士スピードウェイ 平峰一貴
3 5月14日 鈴鹿サーキット 石井一也
4 5月15日 鈴鹿サーキット 平峰一貴
5 6月11日 富士スピードウェイ 平峰一貴
6 6月11日 富士スピードウェイ 平川亮
7 6月12日 富士スピードウェイ 元嶋佑弥
8 9月3日 鈴鹿サーキット 悪天候のため中止
9 9月4日 鈴鹿サーキット 悪天候のため中止
10 10月8日 鈴鹿サーキット 石井一也
11 10月9日 鈴鹿サーキット 勝田貴元
12 11月5日 ツインリンクもてぎ 近藤翼
13 11月6日 ツインリンクもてぎ 勝田貴元
14 11月6日 ツインリンクもてぎ 勝田貴元
15 11月6日 ツインリンクもてぎ 勝田貴元

2010年[編集]

  開催日 サーキット 勝者
1 5月22日 ツインリンクもてぎ 中山雄一
2 5月23日 ツインリンクもてぎ 中山雄一
3 6月12日 富士スピードウェイ 中山雄一
4 6月13日 富士スピードウェイ 中山雄一
5 7月17日 富士スピードウェイ 中山雄一
6 7月18日 富士スピードウェイ 元嶋佑弥
7 8月7日 ツインリンクもてぎ 中山雄一
8 8月8日 ツインリンクもてぎ 松井孝允
9 10月9日 鈴鹿サーキット 中山雄一
10 11月6日 鈴鹿サーキット 中山雄一
11 11月6日 鈴鹿サーキット 中山雄一
12 11月7日 鈴鹿サーキット 中山雄一

2009年[編集]

  開催日 サーキット 勝者
1 4月4日 富士スピードウェイ 佐々木大樹
2 4月5日 富士スピードウェイ 蒲生尚弥
3 5月16日 鈴鹿サーキット 金井亮忠
4 5月17日 鈴鹿サーキット 金井亮忠
5 5月30日 ツインリンクもてぎ 佐々木大樹
6 5月31日 ツインリンクもてぎ 佐々木大樹
7 6月27日 富士スピードウェイ 三浦和樹
8 6月28日 富士スピードウェイ 三浦和樹
9 7月11日 鈴鹿サーキット 三浦和樹
10 7月12日 鈴鹿サーキット 三浦和樹
11 8月8日 ツインリンクもてぎ 銘苅翼
12 8月9日 ツインリンクもてぎ 銘苅翼
13 9月26日 スポーツランドSUGO 蒲生尚弥
14 9月27日 スポーツランドSUGO 蒲生尚弥

2008年[編集]

  開催日 サーキット 勝者
1 4月5日 富士スピードウェイ 松井孝允
2 4月6日 富士スピードウェイ 国本雄資
3 5月10日 鈴鹿サーキット 千代勝正
4 5月11日 鈴鹿サーキット 千代勝正
5 5月24日 ツインリンクもてぎ 国本雄資
6 5月25日 ツインリンクもてぎ 千代勝正
7 6月28日 富士スピードウェイ 国本雄資
8 6月29日 富士スピードウェイ 松井孝允
9 7月12日 鈴鹿サーキット 国本雄資
10 7月13日 鈴鹿サーキット 佐藤公哉
11 8月9日 ツインリンクもてぎ 銘苅翼
12 8月10日 ツインリンクもてぎ 松井孝允
13 8月30日 富士スピードウェイ 国本雄資
14 8月31日 富士スピードウェイ 国本雄資
15 9月20日 スポーツランドSUGO 国本雄資
16 9月21日 スポーツランドSUGO 国本雄資

2007年[編集]

  開催日 サーキット 勝者
1 3月17日 鈴鹿サーキット 中嶋大祐
2 3月18日 鈴鹿サーキット 国本京佑
3 3月31日 富士スピードウェイ 国本京佑
4 4月1日 富士スピードウェイ 中嶋大祐
5 5月19日 ツインリンクもてぎ 栗原正之
6 5月20日 ツインリンクもてぎ ケイ・コッツォリーノ
7 6月16日 富士スピードウェイ 井口卓人
8 6月17日 富士スピードウェイ 田中誠也
9 7月7日 鈴鹿サーキット 中嶋大祐
10 7月8日 鈴鹿サーキット 坂本雄也
11 8月25日 富士スピードウェイ 中嶋大祐
12 8月26日 富士スピードウェイ 国本雄資
13 9月15日 スポーツランドSUGO 国本雄資
14 9月16日 スポーツランドSUGO 国本雄資
15 10月20日 ツインリンクもてぎ 山本尚貴
16 10月21日 ツインリンクもてぎ 山本尚貴
17 11月17日 鈴鹿サーキット 山内英輝
18 11月18日 鈴鹿サーキット 国本京佑

2006年[編集]

  開催日 サーキット 勝者
1 7月8日 鈴鹿サーキット 安田裕信
2 7月9日 鈴鹿サーキット 関口雄飛
3 8月5日 富士スピードウェイ 関口雄飛
4 8月6日 富士スピードウェイ 中山友貴
5 8月26日 富士スピードウェイ 中山友貴
6 8月27日 富士スピードウェイ 関口雄飛
7 10月21日 ツインリンクもてぎ 安田裕信
8 10月22日 ツインリンクもてぎ 安田裕信
9 11月18日 鈴鹿サーキット 山本龍司
10 11月19日 鈴鹿サーキット 安田裕信

歴代チャンピオン[編集]

チャンピオン チーム名
2006年(注1) 関口雄飛 FTRSギャマットマセキFCJ
2007年 国本京佑 TDPスカラシップFCJ
2008年 国本雄資 TDPスカラシップFCJ
2009年 三浦和樹 HFDP/SRSスカラシップ
2010年 中山雄一 CITYKART FCJ
2011年 勝田貴元 LUCK FTRS FCJ
2012年 松下信治 HFDP/SRS-F/ARTA
2013年 山下健太 FTRS FCJ

(注1)2006年度のシリーズチャンピオンは、1位関口雄飛(総POINT=107,有効POINT=106)と2位山本龍司(総POINT=111,有効POINT=106)が同有効POINTであった。規定により、優勝回数の多い関口がシリーズチャンピオンとなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フォーミュラ・ドリームの場合、年間パッケージで約1,200万円必要(さらに別途保証金も必要)。ただし上位入賞すると賞金が出る。ただし、シリーズ発足以降 徐々に参加費が値上がりしており、割安感はやや薄れてきており、2006年は年間500万円、2007年は年間600万円、2008年は年間840万円だった。なお2007年までは別途150万円の保証金が必要だったが、2008年からは保証金込みの金額となっている。
  2. ^ 参加枠に空きがある場合はその限りではない。
  3. ^ フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ) 2013年シーズンをもって休止
  4. ^ 「フォーミュラチャレンジ・ジャパン」休止にともなう「Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト」参戦カテゴリーについて - 本田技研工業・2013年6月28日
  5. ^ 2014年度のトヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム(TDP)におけるジュニア・フォーミュラ参戦カテゴリーについて - トヨタ自動車・2013年6月28日
  6. ^ 2014年 『フォーミュラトヨタ・レーシングスクール』の開催について - トヨタ自動車・2014年3月4日
  7. ^ F4 2014年 レース車両解説 - TOYOTA Racing
  8. ^ a b Racing On』(ニューズ出版)2008年6月号 pp.132 - 133
  9. ^ トヨタ、中山雄一をFCJ第10戦からTDPドライバーに - as-web.jp・2010年9月2日

外部リンク[編集]