VIPER (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

VIPER』(バイパー)は、1993年から2003年まで有限会社サイレンスアダルトゲームブランド「ソニア」より発売されていた、アニメーションアダルトゲームのシリーズ。

概要[編集]

作品によって異なるが、対応機種はPC-9801VM21以降[1](以降、「PC98」と表記)、X68000(以降、「X68k」と表記)、FM TOWNS(以降、「TOWNS」と表記)、Windows95(以降、「Win」と表記)、Macintosh(以降、「Mac」と表記)。メディアはフロッピーディスク(以降、「FD」と表記)、CD-ROMDVD-ROM

サイレンス代表取締役社長P(パワー)・ウォリアーが、極楽シリーズ以外の全作品の原作、プロデューサーディレクターシナリオ絵コンテなどを担当した上で、開発当時のTVアニメやOVAで活躍中だった有名アニメーター達がキャラクターデザイン作画監督原画などで多数参加したため、アダルトゲームファンだけでなくアニメファンからも多数の支持を得るに至った。また、シリーズ売上は累計100万本に達している[2]

ダッジ・バイパーから付けられた冠タイトル『VIPER』をはじめ、パッケージタイトルのほとんどや一部のキャラクター名は、当時のP・ウォリアーの趣味でもあった外国製スーパーカーの車名、その関連物、エンジン形式などの名前から付けられている[3]

2013年現在、全てのパッケージ版はロットアップ済み。Win版を元にしたダウンロード版が各ダウンロード販売サイトで廉価販売中(『BTR』、アミューズメントソフト、デジタル画集を除く)。

なお、サイレンス健在時に発行されていたメールマガジンによれば、後述タイトルの他にMシリーズ新作の『VIPER -M6-』や、P・ウォリアーの師匠の大張正己ゲストに迎えての『VIPER-Z3 〜THE NIGHT MASTER〜』などが予定されていたが、サイレンスの消滅に伴い実現しなかった。後者は実現していた場合、作中に登場する女子プロレスラー大阪プロレスで実際にデビューさせる予定だった模様。また、サイレンス消滅後の2004年から2006年にかけて本シリーズの原動画がYahoo!オークションへ大量に流出していたが、美少女ゲーム誌で紹介されるような本編使用分だけでなく、まず表には出ないとされる版権物使用分も多く含まれていたため、出品者(ID削除済み)は元サイレンス関係者と見られている。

Vシリーズ[編集]

3本(『V16』のみ2本)の短編シナリオから成るオムニバス形式。メディアは全てWinのみがCD-ROM、それ以外がFD。

VIPER -V6-
PC98版初回発売は1993年6月25日。対応機種はPC98、X68k、TOWNS、Win。なお、TOWNS版のタイトルには『Turbo RS』が付く。収録シナリオは以下のとおり。
  • アフタヌーン
  • 悪魔が来たりて…
  • ダブルインパクト
『悪魔が来たりて…』のヒロイン・カレラは人気を集め、『GTS』に収録の続編『悪魔は再び』が制作された他、ソニアを代表するヒロインの1人となった。
2007年にはWinが『メガストア』3月号に収録された[4]
VIPER -V8-
PC98版初回発売は1993年9月10日。対応機種はPC98、X68k、TOWNS、Win。なお、X68k版のタイトルには『TWIN TURBO』、TOWNS版のタイトルには『Turbo RS』がそれぞれ付く。収録シナリオは以下のとおり。
  • 18日の禁曜日
  • ALIEN WAR
  • DEMONS NIGHT
2007年にはWinが『メガストア』3月号に収録された[4]
VIPER -V10-
PC98版初回発売は1994年3月11日。対応機種はPC98、TOWNS、Win。なお、TOWNS版のタイトルには『Turbo RS』が付く。収録シナリオは以下のとおり。
  • ノーザン・ライト
  • リア・アンダー
  • チルドレンズ・プレイ
『ノーザン・ライト』のヒロイン・藤堂あすかはカレラに並ぶ人気を集め、『CTR』に収録の続編『あすか』が制作された他、ソニアを代表するヒロインの1人となった。後年には、株式会社アイロゴス(旧:テレネット・ジェイアール)の運営するEZケータイアレンジ向けの着せ替えサービスにも採用されている[5]
VIPER -V12-
PC98版初回発売は1995年4月21日。対応機種はPC98、TOWNS、Win。なお、TOWNS版のタイトルには『Turbo RS』が付く。収録シナリオは以下のとおり。
  • 魔法の賭博師 トトカル☆チョミ
  • ANGEL DUST
  • 未来特捜ブレイバン
VIPER -V16-
PC98版初回発売は1995年12月22日。対応機種はPC98、Win。収録シナリオは以下のとおり。
  • -RISE-
  • -IMAGINE-
収録シナリオ数は減ったものの、2人の人気アニメーターが競作する形となったため、高評を得た。後年のダウンロード販売時にはVシリーズで唯一シナリオ別の販売となったことからも、各々の高評ぶりが窺える。
『-RISE-』のヒロイン・本条寺あきらはカレラやあすかに並ぶ人気を集め、『GTB』に収録の続編『-RISE AFTER-』が制作された他、ソニアを代表するヒロインの1人となった。

RSキット[編集]

初期のPC98版に、当初X68k版やTOWNS版にのみ搭載されたアニメや、新規録音された音声データを追加するデータ集。従って、単体では動作不可。メディアはFD。

なお、Vシリーズの『V12』以降やTシリーズの『BTR』以降には音声データが最初から搭載されているので、RSシリーズは存在しない。『V12』を除く音声入り版ではいずれも16ビット機がサポートされなくなり、文字通りPC-9801RS386SX搭載)以降が対象機種になっている。発売日は以下のとおり。

Tシリーズ[編集]

Vシリーズの内、反響の大きかった短編シナリオの続編を描く長編1本もの。ただし、『GT1』のみ続編ではなく番外編。キャラクターデザインや作画監督は、元シナリオと同じアニメーターが担当。

VIPER -GTS- 悪魔は再び
『V6』に収録の『悪魔が来たりて…』の続編。PC98版初回発売は1994年11月25日。対応機種はPC98、Win。メディアはPC98がFD、WinがCD-ROM。後にアダルトアニメ化もされている。詳しくは後述
VIPER BTR 魔法の賭博師 トトカル☆チョミ
『V12』に収録の同名シナリオの続編。PC98版初回発売は1996年7月5日。対応機種はPC98。メディアはFD。
麻雀ゲームを内蔵しており、本編クリア後はこれのみ遊ぶこともできる。同社は過去に『あにまーじゃん』シリーズを作っていた実績があり、BTR本編で麻雀は1イベントに過ぎないサブゲームだったにもかかわらず4人打ちの本格的なものになっている。
PC98版発売後、シナリオの倫理的な難点をユーザーに指摘されたため、Winへの移植は見送られた。
VIPER CTR 〜あすか〜
『V10』に収録の『ノーザン・ライト』の続編。PC98版初回発売は1997年1月24日。対応機種はPC98、Win。メディアはPC98がCD-ROMとFD(後者は通信販売のみ。日本のアダルトゲーム史上最多の40枚組)、WinがCD-ROM。2013年にはWinが『TECH GIAN BRILLIANT 2012年下半期』に収録された[2]
VIPER GTB -RISE AFTER-
『V16』に収録の『RISE』の続編。2000年1月15日発売。対応機種はWin。メディアはCD-ROM。
VIPER GT1 〜あきらくんといっしょ〜
『GTB』の番外編。2000年8月31日発売。対応機種はWin、Mac(ハイブリッドCD-ROMでWin、Mac両対応)。メディアはCD-ROM。

Fシリーズ[編集]

Tシリーズと同じく長編シリーズだが、こちらはシナリオが陰湿へ、セックス描写も凌辱のみへ傾倒させたハード路線となっている。対応機種は、『F40』がPC98、Win兼用。『F50』がWin専用。メディアはCD-ROM。

VIPER -F40-
1997年11月7日発売。
シナリオは過去作品の続編ではなく、オリジナルの一本物。2013年には『TECH GIAN BRILLIANT 2012年下半期』に収録された[2]
VIPER -F50- 未来特捜ブレイバン
1999年4月23日発売。
『V12』に収録の同名シナリオのパラレル続編。2014年には『TECH GIAN』5月号に収録された[6]

Mシリーズ[編集]

原点に立ち返り、Vシリーズと同じく短編シナリオから成るオムニバス形式を再び目指したが、実際にそうなったのは『M1』のみ。特に、『M3』は数々のトラブル[7]による開発中止を経て一本物の『M3-3.2』へと変更され、『M5』より後に発売となった。全て対応機種はWin、メディアはCD-ROM。

VIPER -M1-
1998年6月27日発売。収録シナリオは以下のとおり。
  • GREEN BOY
  • THE MAY WORKS
  • MY MOTHERS
『THE MAY WORKS』は、キャラクターデザイン・原画を担当した神坂公平が後にジェリーフィッシュの『SISTERS 〜夏の最後の日〜』へ起用されるきっかけとなった。詳細は作品項目を参照。
VIPER -M3-
美少女ゲーム誌の誌面へ第一報やキャラクターデザイン画を掲載するも、開発中止。
VIPER -M3- 3.2
2002年12月20日発売。2013年には『TECH GIAN BRILLIANT 2012年下半期』に収録された[2]
VIPER -M5-
2001年10月5日発売。

Rシリーズ[編集]

アドベンチャーゲームやアニメとしてだけではなく、多種のゲームとしても楽しめることを目指して開発された長編。サイレンス消滅により、『RSR』1作のみで終わっている。対応機種はWin、メディアはCD-ROM。

VIPER -RSR-
2002年7月31日発売。
『VIPER』シリーズ初のコンピュータRPG

極楽シリーズ[編集]

画面内で展開される双六形式のボードゲームを勝ち進むことによって、過去作品のセックスアニメや本作描き下ろしのセックスアニメが見られるようになるという、一風変わったシリーズ。ただし、アニメは過去作品のようなプログラムによるものではなく、ムービー形式である。

なお、音声については過去作品から流用して半ば無理矢理組み込んだだけであり、新録はされていない。また、本シリーズのみディレクターはみずまくらが担当した。対応機種は全てWin。メディアは全てCD-ROM。全4巻の発売日は以下のとおり。

  • 極楽VIPER PARADICE - 2000年4月28日
  • 極楽VIPER LANJERIE 赤 - 2001年4月13日
  • 極楽VIPER LANJERIE 黒 - 2001年4月13日
  • 極楽VIPER LANJERIE 紫 - 2001年10月26日

アミューズメントソフト[編集]

メディアは全てCD-ROM。

VIPER DIGITAL MUSEUM
版権イラストを多数収録してデータベース化。新作のスクリーンセーバーやミニゲームも収録。1998年8月28日発売。対応機種はWin、Mac(Win、Mac両対応のハイブリッド仕様)。
VIPERアイランド
ミニゲームや、「M.I.N.」時代の同人ソフトを収録。対応機種は全てWin、Mac(Win、Mac両対応のハイブリッド仕様)。全6巻の発売日は以下のとおり。
  • VIPERアイランド Vol.1 - 1999年1月29日
  • VIPERアイランド Vol.2 - 1999年3月25日
  • VIPERアイランド Vol.3 - 1999年5月25日
  • VIPERアイランド Vol.4 - 1999年7月23日
  • VIPERアイランド Vol.5 - 1999年9月24日
  • VIPERアイランド Vol.6 - 1999年11月25日

タイピングソフト[編集]

タイピングVIPER
メディアはCD-ROM。2001年6月22日発売。対応機種はWin。

デジタル画集[編集]

メディアは全てCD-ROM。対応機種はWin。

VIPER DIGITALイラストレーションズ
全て1997年5月23日発売。
  • VIPER DIGITALイラストレーションズ 1 ささやん編
  • VIPER DIGITALイラストレーションズ 2 桂枝毛編
  • VIPER DIGITALイラストレーションズ 3 すがわらあわじ編
  • VIPER DIGITALイラストレーションズ 4 オールキャラ編1
  • VIPER DIGITALイラストレーションズ 5 オールキャラ編2
VIPER DIGITALイラストレーション2000
全て2000年10月27日発売。
  • VIPER DIGITALイラストレーション2000 B
  • VIPER DIGITALイラストレーション2000 G
  • VIPER DIGITALイラストレーション2000 R

リメイクシリーズ[編集]

『V6R』はVシリーズから選んだ短編シナリオのリメイク、『V8R』はそれに新作シナリオを加えた作品。しかし、開発開始の時点で既に大半のユーザーに見限られていたことから売上は伸びず、実質上の最終シリーズとなった。対応機種は全てWin、メディアは全てDVD-ROM。

VIPER -V6- R
2003年3月20日発売。収録シナリオは以下のとおり。
  • エイリアンウォー
  • ダブルインパクト
  • 悪魔が来たりて
VIPER -V8- R
2003年8月29日発売。収録シナリオは以下のとおり。
  • 子待川探偵事務所 〜社長令息営利目的誘拐事件顛末記〜
  • 18日の禁曜日
  • デーモンズナイト

アダルトアニメ版[編集]

概要(アダルトアニメ版)[編集]

『GTS』を原作として、『V6R』に収録の『悪魔が来たりて』のスタッフによりアニメ化。タイトルこそ『VIPER -GTS-』であるが、『悪魔が来たりて』の内容も内包している。2001年から2003年にかけて、MOON ROCKより全3巻が発売された。DVD・VHS共、各巻30分、税込7140円。

  1. 悪魔召姦編(2001年1月1日発売)
  2. 悪魔交輪編(2003年7月25日発売)
  3. 悪魔娼天編(2003年9月25日発売)

スタッフ[編集]

声優は非公表。

関連書籍[編集]

ムック本[編集]

VIPERイラスト原画集
全てコンパスより発売。
  • VIPERイラスト原画集 I - 『V6』『V8』『V10』『GTS』の設定、原画、画面を収録。ISBN 9784906407293
  • VIPERイラスト原画集 II - 『V12』『V16』『RSキット』の設定、原画、画面を収録。ISBN 9784906407576
  • VIPERイラスト原画集 III - 『BTR』『CTR』の設定、原画、画面と『F40』の画面を収録。ISBN 9784906407934
  • VIPERイラスト原画集 IV - 『F40』『M1』の設定、原画、画面を収録。ISBN 9784877630188
  • VIPER GTB -RISE AFTER- イラスト原画集 - 『GTB』の設定、原画、画面を収録。ISBN 9784877630546
  • VIPER -RSR- 設定原画集 - 『RSR』の設定、原画、画面を収録。ISBN 9784877630980
VIPER -F40- オフィシャルファンブック
ベストセラーズより発売。 『F40』の設定、絵コンテ、画面を収録。ISBN 9784584160732
VIPER FAN BOOK
コンパスより発売。シリーズ10作達成を記念し、『M1』から『V6』までの10作を遡りながら紹介。ISBN 9784877630218
ソニア・イラストレーションズ
全てコンパスより発売。
  • ソニア・イラストレーションズ I - 『Vシリーズ』『Tシリーズ』『F40』の他、『あにまーじゃんシリーズ』『ガイナロックR』などといった『VIPER』シリーズ以外のカラーイラストを収録。ISBN 9784906407781
  • ソニア・イラストレーションズ II - 『-RISE-』『GTS』『M1』『F40』『CTR』のカラーイラストを収録。ISBN 9784877630317

アンソロジーコミック[編集]

VIPERアンソロジーコミック
全てコンパスより発売。
ソニアアンソロジーコミックス
キルタイムコミュニケーションより発売。ISBN 9784860325367

小説[編集]

全てP・ウォリアーが執筆。

VIPER LIMITED
コアマガジンより発売。『悪魔が来たりて…』の前日談。原作の面々に加え、オリジナルキャラクターも登場する。ISBN 9784877340124
VIPER -GTS-
コンパスより発売。『LIMITED』の改訂版。ISBN 9784906407972
VIPER CTR 〜あすか〜
メディアックスより発売。『ノーザン・ライト』と『あすか』を統合して小説化。原作の面々に加え、オリジナルキャラクターも登場する。ISBN 9784896135664
VIPER -F40-
ケイエスエスより発売。『F40』を小説化。ISBN 9784877092139

公式同人誌[編集]

全てソニアより発売。

VIPER EVOLUTION
  • VIPER EVOLUTION I
  • VIPER EVOLUTION II
  • VIPER EVOLUTION III
  • VIPER EVOLUTION IV
VIPER LTD
  • VIPER LTD 1
  • VIPER LTD 2
  • VIPER LTD 3

無料配布冊子[編集]

ソニアインフォメーション
スタッフへのインタビュー、ユーザーからのお便り、P・ウォリアーのコラム漫画などを収録。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 具体的にはV6・V8がVM以降、V10・V12・GTSがVX以降、それ以外はRS以降である。ただしこれらは全て5インチFDD内蔵機種の型番であり、3.5インチFD版パッケージの対応機種はこれらに対応する3.5インチ機種が表記されていた(例:VX以降→UX以降)。
  2. ^ a b c d 【3/26】半期に一度の美少女ゲームカタログ本『TECH GIAN BRILLIANT 2012年下半期』、3/29(金)発売!今回の特別付録は凄い!! 名作『VIPER』シリーズ3本が丸ごと収録!!
  3. ^ 例を挙げると、Fシリーズはフェラーリフェラーリ・F40フェラーリ・F50、MシリーズはBMWBMW・M3BMW・M5、『RSR』はポルシェ911カレラRSR(カレラRSのレーシングバージョン)から。
  4. ^ a b Webメガストア: メガストアにあの“VIPER”シリーズが!?&テックアーツ謹製小冊子付き
  5. ^ VIPERシリーズのきせかえの画像ケータイアレンジにきせかえ
  6. ^ TECH GIAN OFFICIAL WEBSITE 2014年5月号
  7. ^ P・ウォリアー佐原亜湖愛媛みかんの各項目を参照。

関連項目[編集]