ランボルギーニ・ウラカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランボルギーニ・ウラカン
LP610-4
2014-03-04 Geneva Motor Show 1375.JPG
販売期間 2014年 -
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 5.2L V10 DOHC
最高出力 448kW(610ps)/ 8,250 rpm
最大トルク 57.1kgm/ 6,500 rpm
変速機 7速DCT
駆動方式 4WDミッドシップ
サスペンション 前後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,459mm
全幅 1,924mm
全高 1,165mm
ホイールベース 2,620mm
車両重量 1,422kg
先代 ランボルギーニ・ガヤルド
-自動車のスペック表-

ウラカン(Huracán)は、イタリアの自動車メーカー、ランボルギーニで製造され、ランボルギーニ・ガヤルドに代わって販売されるスポーツカーである。車名は1879年8月アリカンテで行われた試合で活躍したスペインの闘牛からつけられたもの。

概要[編集]

約10年間におよび生産され、2013年に生産を終了したランボルギーニ最大のヒット作となったランボルギーニ・ガヤルドの後継車種として、ランボルギーニのサイトで正式発表された[1]2014年3月より開催されていたジュネーヴショー2014にて正式に発表された。デザイナーは、フィリッポ・ペリーニ。特徴的なルーフのラインは、日本の折り紙から着想を受けたものである[2]

エンジンはV型10気筒NAエンジン、駆動方式は4WDとウラカンでも踏襲。変速機は、ランボルギーニ・ドッピア・フリッツィオーネ(LDF)と呼ばれるDCTをランボルギーニで初めて採用した。ANIMA「アニマ」(Adaptive Network Intelligent Management)アダプティブ・インテリジェント・マネージメントと呼ばれる走行モード統合制御機構を搭載させた。ちなみにANIMAはイタリア語で“魂”という意味である。

全長4459mm、全幅1924mm、全高1165mmと、全高は先代ガヤルドと変わらないものの、全長全幅はわずかに延ばされている。

日本では2014年7月17日に発表された[3]

出典[編集]

  1. ^ ランボルギーニ ニュース (2013年12月20日). “The new Lamborghini Huracán LP 610-4: A new dimension in Luxury Super Sports Cars” (English). 2013年12月23日閲覧。
  2. ^ “ランボルギーニ ウラカン、デザインモチーフとなった日本の伝統芸とは?”. レスポンス (レスポンス). (2014年3月13日). http://response.jp/article/2014/03/13/219065.html 2014年3月16日閲覧。 
  3. ^ “ランボルギーニウラカンを発表”. Web CG (Web CG). http://www.webcg.net/articles/-/31034 2014年7月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]



ランボルギーニ S.p.A. ロードカータイムライン 1962-
タイプ 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
MR(含ミッドシップ4駆) V12 ミウラ カウンタック ディアブロ ムルシエラゴ アヴェンタドール
イオタ レヴェントン ヴェネーノ
V8/V10 シルエット ジャルパ ガヤルド ウラカン
2+2 ウラッコ


FR GT 350GT
2+2 400GT イスレロ ハラマ


エスパーダ


SUV LM002


オーナー フェルッチオ・ランボルギーニ ロゼッティ、レイマー イタリア政府管理下 ミムラン クライスラー メガテック アウディ
レーシングカー: ランボルギーニ・イオタ(1969)
コンセプトカー: ランボルギーニ・エストーケ(2008)、ランボルギーニ・アンコニアン(2009)、ランボルギーニ・セスト・エレメント(2010)、ランボルギーニ・アステリオン(2014)
人物: フェルッチオ・ランボルギーニマルチェロ・ガンディーニルーク・ドンカーヴォルケ
公式WEBサイト: Automobili Lamborghini Holding Spa