ランボルギーニ・LM002

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LM002
LM002ブルネイ

LM002イタリアの自動車メーカー、ランボルギーニが1986年から1993年にかけて発売していたオフロード4WDである。

概要[編集]

元々はアメリカ「MTI(モビリティテクノロジーインターナショナル)」の依頼を受け、ランボルギーニが製作したアメリカ軍向け高機動車プロトタイプが起源である。その1台が1977年サロン・アンテルナショナル・ド・ロト「チーター」として発表された[1]

当初はのちに親会社となるクライスラーV型8気筒エンジンを横置きでリアミッドシップに搭載していたが、軍用車としての道が頓挫した後はエキゾチックカー路線へ転身、ランボルギーニ製 V型12気筒をリアに横置き搭載したコンセプトカーを経て、V12エンジンをフロントに移動させ、縦置きとした「LM002」へと生まれ変わり、1986年に市販を開始した。

鋼管スペースフレームFRP製アウターパネル、アルミ製ドアからなるボディに、カウンタックの5.2L - V型12気筒"クアトロバルボーレ"’(4バルブ)をガソリンの質の悪い地域も考慮に入れて仕様変更、砂漠などの悪環境も考慮したエアクリーナー、酷暑地域も考慮した大型ラジエーターなどの変更などと共に、オフロード走行に適するように改良された。エンジンは最高出力450PS/6800rpm、最大トルク51.0kgm/4500rpmを発揮し、3t超の車両総重量を最高速度206㎞/hまで引っ張る。

ドライブトレインは副変速機付きトランスファーZF製5速MTを備えたフルタイム4WDを採用。燃費向上の為、後輪駆動にすることも可能であった。タイヤパンクしても走行が可能なピレリ製の専用品(325/65VR17)を装着。乗車定員はキャビン内の独立シートに4人、ボディ後部はトランク、もしくはエクストラで2人乗れる荷台となっている。燃料タンクは290Lと大型トラック並みの大容量を誇っていた。

シートトリムの部分には本皮革をふんだんに使用し、エアコンオーディオ、厚みのあるカーペットまで装備するなど、インテリアはエクステリアの印象と打って変わって高級車そのものであり、まさに現代におけるプレミアムSUVの先駆けともいえる存在であった。

1993年に生産終了、総生産台数301台。

LM002ブルネイ[編集]

特装車としてリヤオーバーハングを延長してカーゴスペースを新設し、ハイルーフ化したモデル。

LM002アメリカン[編集]

1992年北米国際オートショーで発表され最終仕様として60台限定で発売された。排出ガス規制に対応させるため, 同社のディアブロとほぼ同様のシステムの電子式燃料噴射装置を採用し、エクステリアに専用のボンネットクロームバンパー、専用デカールOZ製ホイールを装備するとともに、インテリアにも手が加えられている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ゆえにLM002とチーターが混同されることも少なくない。


ランボルギーニ S.p.A. ロードカータイムライン 1962-
タイプ 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
MR(含ミッドシップ4駆) V12 ミウラ カウンタック ディアブロ ムルシエラゴ アヴェンタドール
イオタ レヴェントン ヴェネーノ
V8/V10 シルエット ジャルパ ガヤルド ウラカン
2+2 ウラッコ


FR GT 350GT
2+2 400GT イスレロ ハラマ


エスパーダ


SUV LM002


オーナー フェルッチオ・ランボルギーニ ロゼッティ、レイマー イタリア政府管理下 ミムラン クライスラー メガテック アウディ
レーシングカー: ランボルギーニ・イオタ(1969)
コンセプトカー: ランボルギーニ・エストーケ(2008)、ランボルギーニ・アンコニアン(2009)、ランボルギーニ・セスト・エレメント(2010)
人物: フェルッチオ・ランボルギーニマルチェロ・ガンディーニルーク・ドンカーヴォルケ
公式WEBサイト: Automobili Lamborghini Holding Spa