タブロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際的な新聞判型の比較

タブロイド (Tabloid) とは、新聞判型のひとつである。元々このサイズを採用していた新聞がセンセーショナルな事件報道やゴシップ報道などに力を入れる大衆紙であったことから、転じて大衆紙の報道スタイルを指す語としても用いられる。

概要[編集]

国際的にはおよそ285×400mm(11¼×15¾インチ)前後の判型をタブロイド判と称し、大型の新聞判型であるブロードシート判(375×600mm)やノルディッシュ判(400×570mm)にちなみ、「ハーフ=ブロードシート」(Half-broadsheet)、「ノルディック・ハーフ」(Nordic half)などと称する場合もある。

またハーフ・ベルリナー判235×315mm前後)を広義のタブロイド判に含める場合も見られる。

日本にあっては、主に輪転印刷機に用いるロール紙の国内ローカルサイズに基づく判型である「ブランケット判」(406×545mm)の半分にあたる273×406mmを「タブロイド判」と称している。

歴史[編集]

1880年代後半、ロンドンアメリカに本社を置く製薬会社、バロウズ・ウェルカム・アンド・カンパニー(現・グラクソ・スミスクライン)が、それまで一般的だった粉薬を圧縮整形し服用しやすくした固形製剤(錠剤、tablet)を開発し、「タブロイド」(Tabloid)の商品名で発売した。

「タブロイド」錠剤はイギリスで広く普及したことから、小型複葉スポーツ飛行機の機種名(ソッピース・タブロイド1914年)に用いられるなど、20世紀初めにかけて小型のものを示す言葉として「タブロイド」が流行し、内容をまとめて簡略化した短い報道記事も「タブロイド」と称するようになった。

レッドトップス・タブロイド紙[編集]

1918年、イギリスで新しく作られた小型の新聞判型が「タブロイド判」と名付けられ、『ザ・サン』、『デイリー・スター』、『デイリー・ミラー』などの大衆紙にタブロイド判が広く採用された。

これらの新聞はのちに題字の赤色にちなんで「レッドトップス」(Red tops)と呼ばれ、犯罪やスポーツ、性、ゴシップ記事などを、虚報も交えて扇情的に報道することで部数を獲得する編集スタイルを現代に至るまで貫き、名誉棄損で訴えられるケースも少なくない。その結果、イギリスではこうした報道機関や報道姿勢を示す言葉として「タブロイド・プレス」(Tabloid press)という言葉が定着した。

またアメリカ合衆国でも1920年前後にタブロイド判を採用した『デイリーニューズ』『ニューヨーク・デイリー・ミラー』『ニューヨーク・イヴニング・グラフィック』の各紙が誕生し、当時の大手メディアが醜聞と考え避けていた犯罪報道や性、ゴシップ記事を競って掲載したが、アメリカでは扇情的な過熱報道は次第に影をひそめた。

コンパクト・タブロイド紙[編集]

20世紀後半になると、紙面改革に取り組み始めた欧米の一般紙(高級紙)が、通勤中にも読みやすい小型の判型としてタブロイド判に注目するようになった。1970年代にイギリスの『デイリー・メール』と『デイリー・エクスプレス』がブロードシート判からタブロイド判に移行したのが皮切りで、このとき『デイリー・メール』が旧来のレッドトップス紙のイメージを避けるために「コンパクト判」(Compact)という新しい判型名称を提唱した。

小型の判型は現代的でインパクトのある紙面デザインを作りやすい利点があり、イギリスでは2007年以降、『スコッツマン』『タイムズ』などが相次いでタブロイド判に移行し紙面デザインをリニューアルした。アメリカでも『ニューヨーク・ポスト』『フィラデルフィア・デイリー・ニュース』『ボストン・ヘラルド』などがタブロイド判に移行したが、「地下鉄版」や「地方版」だけをタブロイド判にしている社もある。

一方でタブロイド判の小ささを避け、イギリスの『ガーディアン』やフランスの『ル・モンド』など、タブロイド判より一回り大きいベルリナー判で紙面の小型化を実現する社も増えている。

タブロイド判を採用している主な新聞[編集]

イギリス[編集]

レッドトップス紙[編集]

コンパクト紙[編集]

アメリカ合衆国[編集]

日本[編集]

台湾[編集]

中国[編集]

北朝鮮[編集]

  • The Pyongyang Times - 英字紙

関連項目[編集]

新聞判型の関連項目[編集]

紙面内容の関連項目[編集]