ジャガー・XJR-11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
XJR-11

ジャガー・XJR-111989年世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)用にトム・ウォーキンショー・レーシング(TWR)が製作したグループCカーである。XJR-10とはほぼ同型車である。

概要[編集]

エンジンはXJR-9までの大排気量自然吸気V型12気筒から、オースチンローバー製3.5L V型6気筒ターボAJ6に変更された。
エンジンマネージメントシステムは1989年はザイテックを、1990年はボッシュ・モトロニックを使用。
シャシーデザインはトニーサウスゲート。しかしXJR-10、XJR-11の不振の責任を問われ1989年シーズン限りで更迭。1990年からはロス・ブラウンが開発を担当した。

デビュー戦は第4戦ブランズ・ハッチ。5位で完走するが、同じ英国のアストンマーチン・AMR-1(4位)の後塵を拝することになってしまう。以降も熟成が進まず、TWRジャガーは最終戦ロドリゲスメキシコ)ではXJR-9で参戦することとなる。

1990年からTWRジャガーはタイヤを永く使ってきたダンロップから当時最強と謳われたグッドイヤーにチェンジ。開幕戦鈴鹿では序盤トヨタと激しい先陣争いを演じるが、終盤ギアボックスとターボが壊れリタイヤとなる。第2戦モンツァではメルセデス2台に次ぐ3位と初めて表彰台に上る。第3戦の地元シルバーストンでは、メルセデスの脱落があったにせよ、初優勝を1-2フィニッシュで飾る。シーズン後半はタイヤ性能では劣る(ダンロップを装着)日産にしばしば上に行かれるも、年間ランキング2位を守り切りシーズンを終える。しかし年間王者メルセデスとの差は埋めがたい大きなものになっていた。

1991年、スポーツカー世界選手権(SWC)のTWRジャガーはカテゴリー1(3.5L自然吸気エンジン搭載)のXJR-14にマシンを移行するが、XJR-11は日本のサンテック・レーシングに渡り全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)に参戦する。しばしば好走を見せるが結果に結びつかず、第5戦菅生の6位が最高位。(なお最終戦菅生はXJR-14がワークス体制で急遽参戦し優勝している)