エンバシー・ヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒル
参戦年度 1975
出走回数 10
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 3
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1975年スペインGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1975年アメリカGP
テンプレートを表示

エンバシー・ヒル (Embassy Hill) は、1962年1968年のワールドチャンピオンであるグラハム・ヒルが設立し、1973年から1975年までF1に参戦していたイギリスのレーシングチームである。なお、最初の2年間はシャシーを購入して参戦していた為、「ヒル」のコンストラクター名でのエントリーは、1975年のみであった。

概要[編集]

シャシー購入時代[編集]

1973年に使用したシャドウ・DN1

1973年にグラハム・ヒルがEmbassy Racing With Graham Hillの名称でチームを設立した。初年度はシャドウからシャシーを購入し、ヒルのみの1カー体制で第4戦スペインGPから参戦したが、かつての名手をもってしても後方グリッドからのスタートがほとんどで、入賞を記録することはなかった。

1974年に使用したローラ・T370

1974年にはシャシーをローラ製に変更、セカンドドライバーとしてガイ・エドワーズ(後半戦でロルフ・シュトメレンと交替。他にピーター・ゲシンが1戦のみ参戦)が加わった。相変わらず後方グリッドからのスタートがほとんどであったが、唯一第7戦スウェーデンGPでヒルが6位入賞を記録した。

1975年も序盤3戦をローラ製シャシーで戦ったが、シュトメレンが第3戦南アフリカGPで記録した7位が最高で、ポイントは挙げられずに終わっている。また、アルファ・ロメオ水平対向12気筒を搭載してテストが行われたが、レースには出走しなかった[1]

オリジナルシャシー時代[編集]

序盤3戦をローラ製シャシーで戦ったヒルは、第4戦スペインGPより自社製シャシーGH1を投入し、真のF1チームとして初参戦となった。

しかし、このデビューレースでシュトメレンのGH1が観客席に飛び込んで4人が死亡する惨事を引き起こしてしまい、当事者のシュトメレン自身も重傷を負っていしまう。更に、ヒル本人も得意のモナコGPでよもやの予選落ちを喫してしまう。

この大敗がショックとなったのか、ヒルはステアリングを握ることなくオーナー業に専念。苦戦基調は相変わらずだったが、新鋭のトニー・ブライズアラン・ジョーンズが時折光る走りを見せ、ブライズがスウェーデンGPで6位、ジョーンズがドイツGPで5位入賞を記録した。

終焉[編集]

1975年シーズン終了後の11月29日、翌年用のシャシーGH2のテストをフランスで行った帰路、霧深い中でヒル自身が操縦する軽飛行機がロンドン近郊のゴルフ場に墜落。ヒルとブライズを含むチーム関係者が命を落とすこととなり、チームは消滅した。

なお、怪我の療養の為にテスト参加を自重し九死に一生を得たシュトメレンであるが、1983年に参戦したスポーツカーレースでスペインGPの事故を再現するかのような事故で、壮絶な最後を遂げている。

F1での戦績[編集]

凡例)(太字ポールポジション 斜体:ファステストラップ)

シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位
1973年 シャドウ
DN1
フォード V8 G ARG BRA RSA ESP BEL MON SWE FRA GBR NED GER AUT ITA CAN USA - -
グラハム・ヒル Ret 9 Ret Ret 10 Ret NC 13 Ret 14 16 13
1974年 ローラ
T370
フォード V8 F ARG BRA RSA ESP BEL MON SWE NED FRA GBR GER AUT ITA CAN USA - -
グラハム・ヒル Ret 11 12 Ret 8 7 6 Ret 13 13 9 12 8 14 8
ガイ・エドワーズ 11 Ret DNQ 12 8 7 Ret 15 DNS DNQ
ロルフ・シュトメレン Ret Ret 11 12
ピーター・ゲシン Ret
1975年 ローラ
T370
T371
ヒル
GH1
フォード V8 G ARG BRA RSA ESP MON BEL SWE NED FRA GBR GER AUT ITA USA 3 11位
グラハム・ヒル 10 12 DNQ DNQ
トニー・ブライズ Ret 6 7 7 15 Ret 15 Ret Ret
ロルフ・シュトメレン 13 14 7 Ret 16 Ret
フランソワ・ミゴール NC Ret
バーン・シュパン Ret
アラン・ジョーンズ 13 16 10 5

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ワールド・カー・ガイド DX18 アルファロメオ』 ネコ・パブリッシング、2006年、166頁。

関連項目[編集]