レバーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レバーク
参戦年度 1979
出走回数 1[1]
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1979年カナダGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1979年カナダGP
テンプレートを表示

レバーク(Team Rebaque)は1979年にコンストラクターとしてF1に参戦していたレーシングチーム。

F1[編集]

1978年[編集]

レバークは、1978年にヘクトール・レバークが自分自身がドライバー兼オーナーとなって設立したチームである。この時のマシンは型落ちのロータス 78を購入し出走した。全16戦にエントリーするも、予備予選落ちが3回、予選落ちが4回、完走は4度という散々な結果だった。このような状況にもかかわらず、第11戦ドイツGPで6位入賞を果たした。

1979年[編集]

1979年も引き続き第13戦まで(第6戦モナコGPは欠場)ロータスで参戦。第14-16戦は自チームからマシンを自製して参戦。マシンはチャンピオンマシンのロータス 79とレバーク HR100。しかし予選落ち4度、決勝リタイヤ6度で、入賞も一度もできなかった。

この年使用したレバーク HR100は純粋なオリジナルマシンではなかった。HR100はジェフ・フィリスが設計、ペンスキーの工場で作られたが、79をベースにした改造車である。

チームは解散し、レバークは翌年以降は他チームから参戦をしている。

脚注[編集]

  1. ^ エントリー数は3。また、ロータスのプライベーター時代も含めるとエントリー数は30、出走数は19。

関連項目[編集]