ピアス・カレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピアス・カレッジ
Piers Courage 1968 Nürburgring.JPG
基本情報
フルネーム ピアス・レイモンド・カレッジ
国籍 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
出身地 同・エセックス州コルチェスター
生年月日 1942年5月27日
没年月日 1970年6月21日(満28歳没)
F1での経歴
所属チーム '67ロータス
'67 - '68BRM
'69ブラバム
'70デ・トマソ
活動時期 1967 - 1970
出走回数 27
優勝回数 0
通算獲得ポイント 20
表彰台(3位以内)回数 2
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1967年南アフリカGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1970年オランダGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ピアス・レイモンド・カレッジPiers Raymond Courage1942年5月27日 - 1970年6月21日)はイギリスF1ドライバー。エセックス州コルチェスター出身。

経歴[編集]

イギリスのビール醸造メーカー、カレッジ・ブルワリー英語版の経営者一族の出身[1]イートン・カレッジ卒業後、会計事務所で働く[1]が、1963年に退職し、友人のジョナサン・ウィリアムズと本格的にレース活動を始める[2]

1967年1月2日南アフリカグランプリで、ロータスとBRMのシャシーを使用するプライベートチーム、レッグパーネルからF1デビュー。

1969年ドイツグランプリでブラバムをドライブするカレッジ

2年間在籍した後、1969年にはブラバムのシャシーを使用するフランク・ウイリアムズのチームに移籍、二度の2位表彰台を獲得する活躍を見せた。この活躍にフェラーリも誘いをかけるほどであったが、結局翌年も残留することとなった。

1970年にチームは、デ・トマソのシャシーを使用していたが前年に比べ予選順位も奮わず、決勝レースでも完走を果たせずにいた。こうして迎えたザントフォールト・サーキットでの第5戦オランダグランプリにおいて彼の乗った車はイースト・トンネル手前の右コーナーでスピンし、外側ガードレールに衝突してコースアウト(このサーキットをよく知るジャッキー・イクスは、このコーナーでのカレッジのシフトワークが危険であるとカレッジ自身に注意を促していた)。さらにその先のイースト・トンネルの橋の欄干に激突し、コース横の草地に転落し炎上、カレッジは死亡した(車が炎上した時点で即死していた)。28歳の若さであった。フランク・ウイリアムズや特に親しかったヨッヘン・リントは彼の死により大きなショックを受けることとなった。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 WDC ポイント
1967年 レグ・パーネル ロータス 25 BRM V8 RSA
Ret
30位 0
BRM P261 BRM V8 MON
Ret
NED
BEL
FRA
GBR
DNS
GER
CAN
ITA
USA
MEX
1968年 BRM P126 BRM V8 RSA
ESP
Ret
MON
Ret
BEL
Ret
NED
Ret
FRA
6
GBR
8
GER
8
ITA
4
CAN
Ret
USA
Ret
MEX
Ret
20位 4
1969年 ウィリアムズ ブラバム BT26A フォード V8 RSA ESP
Ret
MON
2
NED
Ret
FRA
Ret
GBR
5
GER
Ret
ITA
5
CAN
Ret
USA
2
MEX
10
8位 16
1970年 デ・トマソ 505 フォード V8 RSA
Ret
ESP
DNS
MON
NC
BEL
Ret
NED
Ret
FRA
GBR
GER
AUT
ITA
CAN
USA
MEX
33位 0

脚注[編集]

  1. ^ a b オートスポーツ三栄書房、1974. 2/1号、122頁。
  2. ^ 『オートスポーツ』 1970. 8月号、149頁。

関連項目[編集]