マルジュ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルジュ県 (المرج)
リビアの旗 リビア
首都 マルジュ
面積 10,000 km² (3,861 sq mi) [1]
人口 185,848 (2006) [2]
人口密度 19 /km² (49 /sq mi)
マルジュ県の位置
マルジュ県の位置

マルジュ県アラビア語: المرج‎、Al Marǧ、「草地」の意)は、リビア北東部の県。県都は古代、バルカとして知られたマルジュである。アフダル山地西端のキレナイカ高原に位置する。2007年の行政区画再編で、当時のヒザーム・アル・アフダル県の一部を編入した[3]

東でジャバル・アル・アフダル県と、南でアル・ワーハート県と、西でベンガジ県と隣接する。北は地中海である。

脚注[編集]

2007年以前のマルジュ県
  1. ^ 2007年の行政区画再編以前のデータ
  2. ^ Districts of libya”. statoids.com. 2009年10月27日閲覧。
  3. ^ "شعبيات الجماهيرية العظمى" – "Sha'biyat of Great Jamahiriya", Website of the General People's Committee of Libya, accessed 5 September 2009, in Arabic

座標: 北緯32度30分 東経20度50分 / 北緯32.500度 東経20.833度 / 32.500; 20.833