ル・カネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Le Cannet
Blason ville fr Cannet 06.svg
Le Cannet - Mairie.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏Blason région fr Provence-Alpes-Côte d'Azur.svg
(département) アルプ=マリティーム県Blason6.PNG
(arrondissement) グラース郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 06030
郵便番号 06110
市長任期 ミシェル・タバロ
2008年 - 2014年
人口動態
人口 42,207人
2007年
人口密度 5 474人/km²
住民の呼称 Cannetans
地理
座標 北緯43度34分36秒 東経7度01分09秒 / 北緯43.576616度 東経7.01912度 / 43.576616; 7.01912座標: 北緯43度34分36秒 東経7度01分09秒 / 北緯43.576616度 東経7.01912度 / 43.576616; 7.01912
標高 平均:m
最低:12 m
最高:285 m
面積 7.71km²
Le Cannetの位置(フランス内)
Le Cannet
Le Cannet
公式サイト http://www.mairie-le-cannet.fr/
テンプレートを表示

ル・カネLe Cannet)は、フランスプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏アルプ=マリティーム県の都市。カンヌ湾を見下ろす緩やかな斜面の丘にある。

地理[編集]

カンヌ港の北、地中海から2km離れている。沖合いにはレラン島が見える。マデイラ島から戻り、1862年にこの地を見出したピエトラ・サンタより、『フランスのマデイラ』(le Madère de la France)と別称をつけられた。

歴史[編集]

サント=フィロメナ教会とカルヴィ塔

非常に古くからローマ人が移住し、彼らはオリーブの木を植えてOlivetumと名づけた。

15世紀、レラン島からやってきた修道士が、ヴァル・ドネイユ(現在はインペリアの一部)出身の世帯を引き連れやってきて、土地を清め耕した。1441年、レラン修道院はシルヴェストル・カルヴィにル・カネの土地を授けた(これがコミューン最古の記録である)。1441年から1550年までに140世帯がル・カネに移住し、彼らの一部は地区の名に自らの姓をつけた。レ・ダニ、レ・ザルディソン、カルヴィなどである。

1778年まで、ル・カネはカンヌとムージャン、2つのコミューンに分かれていた[1]

人口統計[編集]

ル・カネ住民の年齢層は相対的に高い。60歳以上が31%ほどを占める。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://193.48.79.11/archives/ImageZoomViewerCAD.php?a=01/01/1814&t=T&c=MOUGINS&e=1/20000&l=Tableau%20d%27assemblage&cote=25FI%20085/1/A0&che=25Fi/085/085_1_A0.JPG