シトロエン・C3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

C3フランスの自動車メーカーシトロエンが生産・販売するBセグメントの小型乗用車。

概要[編集]

欧州では激戦区となるBセグメントの正統派コンパクトカーとして開発され、PSAの新開発プラットフォームを採用する。C2とプラットフォームは同一であり、同グループのプジョー・207ともシャシや多くの構成部品を共有している。

初代(2002年-2008年)[編集]

シトロエン・C3(初代)
C3
Citroen C3 blue vl.jpg
C3プルリエル
Citroen Pluriel.jpg
 
販売期間 2002年 – 2008年
設計統括 ヴィンセント・ベッソン
デザイン Donato Coco
Jean-Pierre Ploué
乗車定員 5名
ボディタイプ 3/5ドア ハッチバック
エンジン ガソリン:1.1/1.4/1.6L
ディーゼル:1.4L HDi
変速機 5速MT/4速AT/5速AMT
駆動方式 FF
サスペンション 前:マクファーソン・ストラット
後:トーションビーム
最小回転半径 5.1m (165/70R14)
5.6m (185/60R15)
先代 サクソ
-自動車のスペック表-

2001年のフランクフルトモーターショーで発表、2002年4月にフランス本国で発売。日本国内では同年10月に販売が開始された。ルノー・トゥインゴを手掛けたDonato CocoとJean-Pierre Plouéがデザインしたエクステリアは所々にかつての2CVの面影が見られ、インテリアも扇型のインパネはスピードメーターがデジタル、タコメーターはアナログを採用し、ステアリングはセンターのスポークを強調するなど往年のシトロエンを現代風にアレンジしている[1]

メカニズム[編集]

エンジンは1.1、1.4、1.6Lのガソリン、1.4LのHDi(高圧直噴ディーゼル)の4種類。日本市場には1.4L、1.6Lガソリンの2種類が導入された。トランスミッションは、5速MT、ルノーと共同開発した4速ATのAL4型、クラッチに加えてギヤ選択も自動化したオートモードを備えた2ペダルMTで1.6Lに搭載されるパドルシフトの5速センソドライブの3種類。

センソドライブは、エンジン始動直後はオートモードのニュートラルに設定され、シフトレバーを奥に倒すか右パドルを引くとローギヤに入る。半クラッチの時間を長めに取ってあるため発進はスムーズで、オートモードでは丁寧なアクセルワークを心掛ければシフトアップ時の減速ショックも少ない。マニュアルモードではシフトアップに合わせてアクセルを抜くようにすることで、よりスムーズなドライビングが可能となる[2]

サスペンションはフロントはストラットだが、リアはサクソクサラなどが採用するトレーリングアームからトーションビームに変更された。下向きU字断面の鋼材をトレーリングアームにボルト止め、位置はアームの支点と作用点のほぼ中間にありビームを積極的に捩じらせて使うよう調整されている。

後輪のストロークは独立感が強く、路面からの入力が左右異なる速い動きには素早く追従し、左右の入力が同一か近い場合はゆったりとした動きに転じる。単純にスタビライザーを太くするのではなく、しなやかに動きながらロールを制御、フラット感を保ちつつゆったりした乗り味のセッティングでシトロエンらしさを継承している[3]

パワーステアリングは電動式を採用し、ギヤ比は17.8:1。パーキングスピードでは軽く、速度域が高まるとダイレクトなフィールとなる。電子制御によりアシスト量の強弱はなくスムーズに繋げてあり、操舵力の変化に対する違和感は全くない。装着タイヤによってラック・ストロークが異なり、切れ角が規制されてしまうことで、廉価版やディーゼルモデルなどの「165/70R14」装着車は回転半径5.1mだが「185/60R15」では5.6mとなる[3]

沿革[編集]

2003年6月、屋根着脱式のカブリオレ「プルリエル」を追加。トランク内にリアウィンドウとも格納できる電動折り畳み屋根(幕)を採用したほか、円弧型の屋根構造材自体を取り外してフルオープンにできる異色のカブリオレであった。屋根構造材を取り外した場合、屋根の円弧は車内に格納できず置き場所が必要となる。

2006年にマイナーチェンジを受け、ハッチバックはフロントバンパー、フロントグリル、テールランプ、ダッシュボード等の意匠を変更。ダッシュボードの仕上げと共にメーター類も読み取りやすく改良された他、ドアの内張りを始め内装も変更が加えられた。プルリエルはダッシュボードなど内装の変更のみとなっている。

2代目(2009年-)[編集]

シトロエン・C3(2代目)
前期(2010年型)
Citroen C3 Exclusive.JPG
前期 リヤ
2nd generation Citroën C3 rear.jpg
後期 フロント
CITROEN C3 2014 01.JPG
販売期間 2009年 –
デザイン オレグ・ソン
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン ガソリン:1.1L/1.4L/1.6L
HDiターボ:1.4L/1.6L
最高出力 ガソリン:44kW-88kW(60PS-120PS)
HDi:52kW-82kW(70PS-112PS)
変速機 5速·6速MT/4速AT/5速·6速EGS
駆動方式 FF
サスペンション 前:マクファーソン・ストラット
後:トーションビーム
全長 3,941mm
全幅 1,730mm
全高 1,524-1,538mm
ホイールベース 2,466mm
車両重量 1,135-1,210kg
最小回転半径 5.4m
-自動車のスペック表-

2009年6月一般公開。デビューは2009年9月のフランクフルトモーターショーで、フランス本国では同年に発売開始。並行して開発されていた派生車種のDS3も同時に登場、日本国内ではDS3とともに2010年5月6日に販売が開始された[4]

コンセプトは『VISIODRIVE(ビジオドライブ)』。これはVision(ビジョン)とDrive(ドライブ)を掛け合わせた造語で、今までに類を見ない広い視界と高度な快適性を融合させることで全く新しいドライビングプレジャーを提案している。

エクステリアは「ゼニス(頂上)フロントウィンドウ」と呼ばれるルーフ部分に迄及ぶ広大なフロントウィンドウが特徴で、サンルーフと異なり繋ぎ目のないガラスエリアが魅力となっている。直射日光を和らげるため、通常のガラスに比べて熱伝導率が5分の1以下、紫外線透過率が12分の1以下となる特殊加工が施されており、日焼けの心配がなく暑さも軽減した。直射日光を避けるために頭頂部はスーパーティンテッド(薄く色付けされた)加工に加え、任意の位置で固定可能なスライド式のサンバイザーが装備されている。

シトロエンが1950年代に開発したヘリコプターがデザインチームに影響を与え、初代より開放的な環境を造り上げることに腐心し、技術的な問題をクリアしたことから2代目でようやく実現した。広い視界は開放感だけでなく安全性にも寄与しており、一般的なフロントウィンドウでは交差点で車列の前列に停車した時に頭上の信号や標識が見難い時もあるが、このウィンドウでは全くそういうことはなくアクティブセーフティの設計となっている[5]。なお、この特殊ガラスの製造は極めて高い技術が求められるリスクにより、サプライヤーは1社のみとなっている。

DS3との同時開発が両車のデザインに相乗効果をもたらし、初代のアイコンを踏襲しつつボディが拡幅された(日本では3ナンバー)[6]。最小回転半径は5.4mでコンパクトハッチバックとしてはやや大きいが、重量は先代1.6Lガソリン(5速MT)モデルの1,180kg→1,135kgと軽量化された。大幅に質感が高められたインテリアは部分により異なる仕上げや上質感の有る素材に変更、チリ(パネル同士の段差)合わせの精度も高くなり高級感が増している[7]

室内のパッケージングはフロントでグローブボックスの張り出しを抑え+80mm、リアはフロントシートバックの形状を工夫しシートポジションをアレンジすることで+30mmを、それぞれ旧モデルより足元のスペースを確保。クラス最大級となる300Lの大容量トランクルームや防振防音対策など、ゆとりと静粛性に配慮している。

メカニズム[編集]

エンジンは1.1L(44kW/60PS)·1.4L(54kW/73PS)·1.4L VTi(70kW/95PS)·1.6L VTi(88kW/120PS)のガソリン4種類と1.4L(52kW/70PS)·1.6L(66kW/90PS)·1.6L(82kW/112PS)のHDi(高圧直噴ディーゼルターボ3種類。2012年にはHDiがより低燃費なecoモード搭載のe-HDiへ移行、エントリーグレードの1.4L「HDi 70」「e-HDi 70」は併売となるが、上級モデルは全てe-HDiとなった。ecoモードはボタンを押すことで解除可能となっている。

トランスミッションは5速MTと6速MT、4速ATに加え、2012年よりEGS[8]と呼ばれる2ペダルMTモデルが追加された。EGSはMTと同じシングルクラッチ方式でエンジンの回転数や負荷を感知しクラッチを電子制御するため、シフトチェンジの際はMTの様に一瞬アクセルを抜くと滑らかにつながる。シフトダウン時はエンジンを空ぶかしして回転を合わせるブリッピングが自動的に行われる。

日本国内仕様は2010年の発売以来、PSABMWが共同開発した1.6Lガソリンに4速ATの組み合わせであったが、2014年2月の一部改良でプジョー・208に先行搭載されていた新開発の1.2L・直列3気筒ガソリンエンジンに5速ETG(2ペダル式5速MT)の組み合わせに変更された。ディーラー以外の一部ショップでは、海外で主流となっているクリーンディーゼルの一種であるHDiの5速MTモデルを含め、左ハンドルの本国仕様と右ハンドルの英国仕様が輸入されている。

沿革[編集]

2012年6月11日、100台限定の特別仕様車“C3 AIRPLAY2(エアプレイ2)”発売[9]
2012年9月6日、C3セダクションをベースとしてレザーシートを装備した特別仕様車“C3レザーエディション”発売[10]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

<- Previous シトロエン ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
ハッチバック 2CV
LN / LNA AX C1
ヴィザ サクソ C2
C3 I C3 II
DS3
C4エアクロス
GSA ZX クサラ C4 I C4 II
オープン DS3カブリオ
セダン BX エグザンティア C5 I C5 II
CX XM C6
ミニバン C15 ベルランゴ ベルランゴ II
C3ピカソ
クサラピカソ
C4ピカソ
エバシオン C8
オフローダー メアリ
クロスオーバーSUV Cクロッサー
C3クロスオーバー
DS4
DS5
ハイブリッドカー C-ZERO