シトロエン・クサラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
5ドア前期型
5ドア後期型
3ドア前期型、テールランプは社外品

クサラXsara )はフランスの自動車メーカーシトロエンが生産する小型大衆車で、1997年にZXの後継車種として誕生し、2006年まで生産された。後継車種はC4である

概要[編集]

クサラのシャシー設計は先代のZX同様、親会社のプジョー・306と共通であり(正確にはZXが306の母体となっている)、ハイドロニューマティックサスペンションは装備されていない。

日本にも各種モデルが当初は新西武自動車販売から、後にはシトロエン・ジャポンから正規輸入された。 1998年にはアイルランドSemperit Irish Car of the Yearを受賞している。

歴史[編集]

ZXの後継モデルとして、1997年に登場。ボディはZX同様3ドアハッチバック、5ドアハッチバックそして5ドアステーションワゴンの3種が用意され、一部市場で3ドアは「クーペ」ワゴンは「ブレーク」とネーミングされた。 エンジンラインナップはいずれも直列4気筒で1,400cc/1,600cc/1,800cc/2,000ccのガソリン(1400cc以外は日本にも導入)と、輸入されなかった1,600cc/1,900cc/2,000ccのターボディーゼル車があり、欧州市場での主力は後者であった。

  • 2000年 - マイナーチェンジを受け、ヘッドライトやフロントグリル、ステアリングホイール形状などの変更の他、前後トレッドの10mm拡大や、新デザインの15インチホイールの採用などにより操縦安定性や衝突安全性も改善された。
  • 2002年 - 内装小改良。2003年にフロントバンパーなど外装の小改良を実施。
  • 2004年末 - C4がデビューするとラインナップは縮小され、2006年には最後まで残っていたブレークも生産中止された。

この時代、フランスではLPG自動車ブームがおこる。年率500パーセントの伸びを示していた事もあり、 フランスの自動車メーカー各社は全ラインナップにLPG車をラインで生産し用意していた。欧州メーカーや日本車もフランス向けにはLPG仕様車を投入。他のシトロエン車と同様に、クサラにもLPガス・ガソリン切り替え式LPG自動車が用意されていた。2009年現在では、オブションでLPG仕様に仕立てている。フランス表記ではLPGのことをGPLと呼ぶ

クサラ・ピカソ[編集]

1999年に登場したコンパクトMPV。エンジンはガソリン1.6L、1.8LとディーゼルHDi 2.0Lの3種で、トランスミッションはマニュアルのみだった。セニック同様、フランス、イギリスをはじめとするヨーロッパ市場で大人気モデルとなる。生産はスペインビーゴ工場の他フランスエジプトブラジルでも生産された。

2004年3月にマイナーチェンジが実施され、内外装に小変更を受けたほか、ガソリン2.0L 16Vエンジンと4段オートマチックが 追加。日本にはこのマイナーチェンジ後の4段オートマチック・右ハンドル仕様のみが正規導入された。2006年8月に後継C4ピカソが登場したが、その後も一部市場向けに継続生産されている。

WRCでの活躍[編集]

世界ラリー選手権においてクサラは、セバスティアン・ローブダニエル・ソルドによって参戦初年度の2004年から2006年まで3年連続でチャンピオンシップを獲得、28の勝利を収め、史上最も成功したラリーマシンの一つとなった。この勢いはマシンがC4に代わった2007年以降にも引き継がれた。

外部リンク[編集]

<- Previous シトロエン ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
ハッチバック 2CV
LN / LNA AX C1
ヴィザ サクソ C2
C3 I C3 II
DS3
C4エアクロス
GSA ZX クサラ C4 I C4 II
オープン DS3カブリオ
セダン BX エグザンティア C5 I C5 II
CX XM C6
ミニバン C15 ベルランゴ ベルランゴ II
C3ピカソ
クサラピカソ
C4ピカソ
エバシオン C8
オフローダー メアリ
クロスオーバーSUV Cクロッサー
C3クロスオーバー
DS4
DS5
ハイブリッドカー C-ZERO