ユーロバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2代目 フィアット・ウリッセ
03モデル 2.0 マルチジェット エモーション

ユーロバンPSA・プジョーシトロエンフィアットグループが手がけている欧州専売のピープルキャリア(MPVミニバン)の総称である。

それぞれの車名は、初代モデルがシトロエン・エバシオン/シナジーランチア・ゼータプジョー・806、二代目モデルはシトロエン・C8ランチア・フェドラプジョー・807となっており、フィアットブランドのみ、初代・二代目ともフィアット・ウリッセとなっている。

この項では、これらの車種を一括して「ユーロバン」として説明する。

なお、Dセグメント乗用車プラットフォームを流用している都合上、車両総重量的にはほぼシャシ容量の限界に達しているため、より高荷重が予想される商用バージョンの設定は無い[1]

歴史[編集]

初代(1994-2002年)[編集]

1998年式 シトロエン・エバシオン
シトロエン・エバシオンのサイドビュー
90°近く開くフロントドアも4車に共通の特徴
プジョー・806
1994年式 フィアット・ウリッセ
ランチア・ゼータ

初代ユーロバンは1994年にデビューした。しかしその頃には同コンセプトのルノー・エスパスが欧州ではポピュラーになっていた。もともとエスパスは、プジョーが買収したマトラが提案したアイディアであり、プジョーがそれを袖にしたため、マトラがルノーに売り込んだものであった。その経緯が関係しているためか、エスパスの後追いをすることを避け、ミニバンの祖であるクライスラー・ボイジャーを研究しアメリカ車のようなミニバン」を商品コンセプトとした。この判断は的を射たものであり、今では欧州でもこの方向性がポピュラーとなっている。

スケルトンとも呼ばれる、マルチチューブラーフレーム・樹脂外板のエスパスに対し、ユーロバンは一般的な鋼鈑プレス・溶接組み立てであり、利益率が重視された。また、「アメリカのミニバン」の特徴であるスライドドアを導入した。その特徴的なスライドドアは、バッジエンジニアリングでもある商用車にも有用であった。

短い全長に3列シートを配置するため、アップライトな(立った)着座姿勢となった。A・Bピラー間の距離も短いため、乗降性を損なわないよう、フロントドアは90°近くまで開くことができる。乗車定員は2・3・2の7人乗りで、二列目、三列目の座席は個別に取り外しができ、移動可能である。この点はエスパス同様で、欧州ミニバンの特徴となっている。

エンジンとトランスミッションは、PSAのDセグメント乗用車(406エグザンティア)のものが使われており、フロントに横置き搭載され、前輪を駆動する一般的なFF方式である。

足回りは、フロントがストラットとコイルスプリング、リアはトレーリングビームとコイルスプリングの組み合わせであり、これもきわめてコンベンショナルな構成である。

ユーロバンが登場したのち、クライスラーからボイジャーの上級車種である、ホイールベースを延長した「グランド・ボイジャー」が登場し、のちの1997年、エスパスにも同様のグランエスパスが加わったが、ユーロバンにはロングモデルは追加されなかった。

その後1998年10月にマイナーチェンジを行った。主な変更点は、

  • シフトレバーをフロアからダッシュボードへ移設
  • パーキングブレーキレバーをフロアセンターから運転席とドアの間に移設(左ハンドル)
  • センターコンソールを廃止し、フロントシートの間を空ける

など、比較的大掛かりなものとなったが、これらの変更は、前席の前後左右のウオークスルーを実現するためには、一つとして外せないものばかりであった。この改良は市場に好評を持って迎えられ、インパネシフトは欧州の実用車ではひとつのスタンダードとなった。

車名[編集]

  • シトロエン・エバシオン/シナジー
    このモデルは、コンチネンタル・ヨーロッパでは「エバシオン」の名で発売されたが、イギリスアイルランド共和国では「シナジー」に変更された。英語圏での「Evasion」の意味が、「脱税」、「言い逃れ」(つまりその物や事から逃げる意味)などのマイナスな意味合いであることから、これを避けたことが理由である。フランス語での意味は、英語での「Evasion」ほどではなく、「Escape(エスケープ)」の意味に近い。が、英語圏であるニュージーランドでは「Evasion」の名で発売されていた。
  • フィアット・ウリッセ
    このモデルの名称「ウリッセ」は、ギリシャの詩人ホメーロスオデュッセイアに出てくる勇者オデュッセウスのイタリア語読みにちなんでいる。皮肉にも、ミニバンのライバル車種でもあるホンダ・オデッセイも同類の言葉である。最初に説明したように、ウリッセはユーロバンの中で唯一、初代・二代目ともに同じ名前が使用されている。
  • ランチア・ゼータ
    ランチアは伝統的にギリシャ文字の読みを車名に使っており、未使用であったΖの読みをユーロバンの名にあてた。ミニバンかつファミリーカーであるユーロバンのなかで、ゼータのウッドパネルやアルカンターラをふんだんにあしらった内装は、名門ランチアの名に恥じないものであり、その価格も他のユーロバンに比べ、最大で20%ほど高い設定の「プレミアムモデル」であった。
  • プジョー・806
    100の位がモデルのシリーズ(「用途」や「車格」)名を、ゼロをはさみ、1の位は「世代」をあらわすプジョーの商標登録された"x0x"システムに従い、806と命名された。806登場以前、市販車中、数字のもっとも大きな車名は、Eセグメントのプレミアムセダンであるプジョー・607であり、多人数乗車が可能なユーロバンにはさらに大きな数字が与えられることになり、発表当時、下一桁は「6」の世代に切り代わりつつあったことから、「806」となった。

エンジンバリエーション[編集]

初代ユーロバンは、「PSA XU/XUDエンジン」を始めは搭載していたが後に「PSA EW/DWエンジン」に変わった。

直4EW10 DOHC 16バルブ」エンジン搭載車はオプションで4速ATが搭載され、その外は5速MTが搭載された。

エンジン 排気量 パワー トルク 備考
直4 XU10 2C SOHC 8バルブ 2.0 L (1998 cc/121 in³) 121 PS (119 hp/89 kW) 170 N·m (125 ft·lbf) 2000年に廃止。ランチア・ゼータには搭載されなかった。
直4 XU10 J2TE SOHC 8バルブ ターボ 2.0 L (1998 cc/121 in³) 147 PS (145 hp/108 kW) 235 N·m (173 ft·lbf) 2000年に廃止された。
直4 EW10 DOHC 16バルブ 2.0 L (1998 cc/121 in³) 132 PS (130 hp/97 kW) 180 N·m (133 ft·lbf) このエンジンの搭載車はオプションでATが装備できる。2000年7月から導入された。
直4 XUD9 SOHC 8バルブ ディーゼルターボ 1.9 L (1905 cc/116 in³) 90 PS (89 hp/66 kW) 196 N·m (145 ft·lbf) 2000年に廃止。ランチア・ゼータには搭載されなかった。
直4 XUD11 12バルブ SOHC ディーゼルターボ 2.1 L (2088 cc/127 in³) 109 PS (108 hp/80 kW) 250 N·m (184 ft·lbf) 2000年に廃止。
直4 DW10 SOHC 8バルブ コモンレール式ディーゼルターボ 2.0 L (1997 cc/121 in³) 109 PS (108 hp/80 kW) 250 N·m (184 ft·lbf) 2000年1月に導入された。

2代目(2002-2010年)[編集]

プジョー・807
シトロエン・C8
ランチア・フェドラ
特徴的なメーターパネル
(フィアット・ウリッセ)

二代目ユーロバンは2002年にデビューした。フロアパン(床板)、ホイールベース、全高は変更されず、全長と全幅が増加した。およそ30cmの長さの増加は衝突安全性の向上と、車内スペースの拡大に充てられ、居住性と荷室容積は向上した。

インテリアでは、インパネシフトとウオークスルーは受け継がれたが、ドライバーの前の小ぶりなメーターナセルには、タコメーターとスピードメーターは無く、ダッシュボード中央に取り付けられた、液晶モニターとのコンビパネルにフローティングアーチのひさしがかぶせられた、独特の構成へ変更された。一目でユーロバンと分かる特徴的なダッシュボードと、ミニバンでは重要となる、どの席からもよく見えるセンターメーターは、洗練と機能性を兼ね備えた優れたデザインである。

座席配置と定員は、2・3・3の8人乗り、2・3・2の7人乗り、2・2・2の6人乗りの3種類で、上級グレードになるほど座席数は少なくなる傾向がある。

二代目ユーロバンは2010年11月に製造を終了した。

車名[編集]

  • シトロエン・C8
    初代ではシトロエン版は「エバシオン」を名乗っていたが、新しいCxシステム導入に合わせ、「シトロエン・C8」へと変更された。
  • フィアット・ウリッセ
    前でも述べた通り、「ウリッセ」はそのまま継続となった。2011年モデルイヤーから登場した「フリーモント」(ダッジ・ジャーニーOEM車種)が事実上の後継となる。
  • ランチア・フェドラ
    ランチアは伝統的にギリシャ文字の名前を使用していたが、新しい命名スタイルに従い、「フェドラ」へと変更した。「フェドラ」の由来は、ギリシャ神話に出てくる「ミノス」の子供「パイドラ」のイタリア語読みである。2011年モデルイヤーからランチアブランドで販売されるグランドボイジャーが事実上の後継となる。
  • プジョー・807
    「806」は、伝統の"x0x"システムに従い、「807」となった。

V6エンジンの追加設定に伴い、プジョー2003年ジュネーブショー「807 Grand Toursimeを発表した。

エンジンバリエーション[編集]

二代目ユーロバンのエンジンは「PSA EW/DWエンジン」を搭載し、トランスミッションは6速・5速マニュアルか4速オートマチックを選べる。

エンジン 排気量 パワー トルク 備考
直4 EW10 DOHC 16バルブ 2.0 L (1998 cc/121 in³) 132 PS (130 hp/97 kW) 180 N·m (133 ft·lbf)
直4 EW12 DOHC 16バルブ 2.2 L (2230 cc/136 in³) 158 PS (156 hp/116 kW) 217 N·m (160 ft·lbf) 「フィアット・ウリッセ」、「ランチア・フェドラ」には搭載されなかった。
V6 ES9 DOHC 24バルブ 2.9 L (2946 cc/179 in³) 204 PS (201 hp/150 kW) 285 N·m (210 ft·lbf) 2003年にラインナップに加えられ、トランスミッションは4速オートマティックのみ
直4 DW10 SOHC 8バルブ コモンレール式ディーゼルターボ 2.0 L (1997 cc/121 in³) 109 PS (108 hp/80 kW) 250 N·m (184 ft·lbf)
直4 DW12 DOHC 16バルブ コモンレール式ディーゼルターボ 2.2 L (2179 cc/132 in³) 128 PS (126 hp/94 kW) 314 N·m (232 ft·lbf) 2005年に6速マニュアルと変わったトランスミッションのみ搭載されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

<- Previous シトロエン ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
ハッチバック 2CV
LN / LNA AX C1
ヴィザ サクソ C2
C3 I C3 II
DS3
C4エアクロス
GSA ZX クサラ C4 I C4 II
オープン DS3カブリオ
セダン BX エグザンティア C5 I C5 II
CX XM C6
ミニバン C15 ベルランゴ ベルランゴ II
C3ピカソ
クサラピカソ
C4ピカソ
エバシオン C8
オフローダー メアリ
クロスオーバーSUV Cクロッサー
C3クロスオーバー
DS4
DS5
ハイブリッドカー C-ZERO

脚注[編集]

  1. ^ 商用車には、許容荷重の大きな専用シャシを持つ、シトロエン・ジャンピー / ディスパッチ(Jumpy)、フィアット・スクード(Scudo)、プジョー・エキスパート(Expert)が用意される