プジョー・604

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プジョー・604
フロントビュー(US仕様車)
Peugeot 604.jpg
リアビュー(英国仕様車)
Peugeot 604 Panton Street.JPG
Peugeot 604 von Erich Honecker (IA-1000).jpg
販売期間 1975年 - 1985年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン V型6気筒 ガソリンまたはディーゼル
変速機 4MT 5MT 3AT
駆動方式 フロントエンジン・リアドライブ
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:セミトレーリングアーム
全長 4,750mm
全幅 1,770mm
全高 1,430mm
ホイールベース 2,820mm
車両重量 1,480kg (1975年モデル)
先代 なし
後継 プジョー605
-自動車のスペック表-

プジョー604Peugeot 604 )は、フランス自動車会社、オートモビル・プジョーが1975年から1985年まで製造・販売した大型乗用車。

1975年、戦前の601以来途絶えていた戦後初の6気筒大型高級車(15CV以上に禁止税的な高額の課税がなされた当時のフランスとしては、だが)としてデビューした604は、同時期のプジョーの定石通りイタリアカロッツェリアピニンファリーナによる、スクエアで端正なスタイリングに包まれ、同時期のルノー30、ボルボ264と共通のPRVエンジン2,700ccのV型6気筒SOHCと、弟分である504の上級モデルと共通のマクファーソンストラット/セミトレーリングアームの4輪独立懸架サスペンションを有していた。

当時のフランス車に共通するソフトなシート、ラリーで活躍した504譲りの乗り心地とハンドリング、秀逸なパワーステアリングなど高い基本性能を有していたが、メルセデスベンツのコンパクトクラス(今日のEクラス)やBMW・5シリーズのようなブランド力を持たないプジョーの高級車は、後継の605607を含め、国際市場では正当な評価を得られない状況に長く甘んじることとなる。

1985年に生産中止、1989年に605が登場するまで、505のV6モデルがその市場を守った。日本ではセゾングループ西武自動車販売が、輸入権を新東洋企業から引き継いだ第一号モデルとして1975年の東京モーターショーに参考出品、翌年から販売開始したが、シトロエン・CXよりも一層地味な、極めてマイナーな存在であった。グループ総帥の堤清二も一時、604を愛用していた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]