プジョー・607

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プジョー607
プジョー607

プジョー・607Peugeot 607 )は、フランスの自動車メーカー、プジョーが製造・販売していた乗用車である。

1999年、605の後継車種として登場した。エンジンはガソリンエンジンが直列4気筒2.2リッターとV型6気筒3.0リッター、ディーゼルエンジンは2.2リッターを搭載した。プジョーのフラグシップモデルであり、フランスでは、公用車や社用車として使われることも多い。

2004年にマイナーチェンジが行われ、前部を変更し、ディーゼルエンジンをフォード製 2.7 HDi V6を追加し、6速ATも選べるようになったが、日本には導入されなかった。

日本での販売[編集]

  • 2001年に最上級モデルのV型6気筒3.0リッターモデルが輸入され、モデル展開は「コンフォート」と「スポーツ」だった。
  • その後、内装色が選べる「607オートクチュール」という受注生産システムも取り入れていた。
  • 販売は芳しくなく2005年に407 (406の後継モデル) と入れ替わる形でプジョー・ジャポンは輸入を終了した。

その他[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ http://www.ymworks.com/rally2004/vol07/press_release.pdf