プジョー・505

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
505SR、1984年
505ターボファミリアーレ1991年

プジョー505Peugeot 505 )は、フランス自動車会社、オートモビル・プジョーがかつて製造した中型乗用車。

歴史[編集]

1979年、それまでの主力中型車、504の後継車として登場。デザインはプジョーと親しい関係にあったイタリアピニンファリーナが担当し、吊り目のヘッドライトに特徴付けられた端正で優美なもので、4ドアセダンと5ドアワゴンのボディが存在した。フランスなどではワゴンモデルを改造した救急車も存在した。

メカニズムでは、サスペンションに前輪にマクファーソン・ストラット、後輪にセミトレーリングアームの4輪独立懸架を採用、エンジンは排気量1,800cc(OHV)と2,000cc(OHCルノーボルボとの共同開発のPRVエンジン。この505では燃料噴射を搭載)の直列4気筒ガソリンエンジン、2,300ccのディーゼルエンジンが当初搭載された。駆動方式はFR(前エンジン、後輪駆動)である。後に2,200cc仕様(2,000ccから代替)やそのターボ仕様、ターボディーゼル仕様、さらに1986年のマイナーチェンジで最上級モデルの604から引き継いだV型6気筒2,700ccと、様々なエンジンが搭載された。生産中止となったのは実質的な後継車、605の登場直後、1991年。しかしアルゼンチン等ではその後もしばらく生産が続行された。また、中国南部、広東省広州市での合弁企業「広州標致 (プジョー)汽車」でも生産された(後に経営難で事業をホンダに譲渡し、アコードオデッセイなどを生産)。

日本での販売[編集]

日本では西武自動車販売がセダンのみを正規輸入し、初期には2,000ccのTI/STI(右ハンドル)が、マイナーチェンジ後には2,200ccのGTIと2,700ccのV6(左ハンドル)が販売されているが、日本でのバブル景気以前の車種ということもあり、絶対数はきわめて少ない。なお、全幅が1,700mmを超えていたため3ナンバー登録だった。

参考文献[編集]

「自動車アーカイヴ Vol.9 70年代のフランス/その他の諸国車編」 二玄社ISBN 4544910102

関連項目[編集]

外部リンク[編集]