プジョー・304

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プジョー・304
ベルリーヌ
Peugeot 304 S 1974.jpg
カブリオレ
Peugeot 304 Cabriolet (Unter den Linden).jpg
クーペ
Peugeot 304 coupe England.jpg
販売期間 1969年1980年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
5ドア ワゴン
3ドア クーペ
2ドア カブリオレ
エンジン 水冷 直列4気筒 SOHC 1,288cc
変速機 4速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前輪:独立マクファーソンストラット コイル
後輪:独立 トレーリングアーム ストラット コイル
全長 4,140mm
全幅 1,570mm
全高 1,410mm
ホイールベース 2,590mm
車両重量 850kg
兄弟車 プジョー・204
後継 プジョー・305
-自動車のスペック表-

プジョー・304Peugeot 304 )は、フランスの自動車会社であるプジョー1969年から1980年まで生産した小型乗用車である。

概要[編集]

1969年発表のルノー・12の登場により活況を呈し始めた1,300ccクラスの乗用車市場に向けて、プジョーが同年秋のパリ・サロンに登場させた上級大衆車。

一言で言えば1965年発表の204の上級版で、フロントを上級車の504風に化粧直しし、エンジンを1.3Lに拡大、全長を10cm延長してトランクスペースを拡大させている。ホイールベース、トレッドも204と共通。ボディデザインは204同様、ピニンファリーナの作である。1972年にはボディ後半は204のままの5ドアワゴン・ブレークも追加された。

1973年にはマイナーチェンジを受けリアコンビランプが大型化され、ツインキャブレター74.5PS/6,000rpmエンジンとフロアシフトを持つ「304S」が追加された。204が生産中止となった1977年には、その市場を受け継ぐべく204と同じ1,100cc/1,400ccディーゼルエンジン搭載車が追加された。後継車305が登場した後の1979年にセダンが、1980年にブレークの生産が終了した。

当時の日本はプジョーの輸入がほとんど途絶えていた時期であったので、正式輸入されなかった。

クーペ・カブリオレ[編集]

304にはセダン(ベルリーヌ)・ワゴン(ブレーク)の他に、同じくピニンファーリーナ・デザインの2+2ハッチバッククーペと2座カブリオレがあった。といってもやはり204をベースとしたもので、1970年に204クーペ・カブリオレのフロントデザインを変更し、エンジンを1,300ccに拡大して登場した。204クーペ・カブリオレはこの際消滅した。車体後部は204のままで、ベルリーヌよりホイールベースが短縮されて全長は20cm短い。(全長3,760mm×全幅1,570mm×全高1,430mm)

1973年にはベルリーヌ同様「304S」が追加され、カブリオレはSのみとなり、その後1974年にクーペも同じくS仕様に統一された。セダン・ワゴンより早く1975年に生産中止となった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]