ルノー・20

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
20TX
20TX(リアビュー)

ルノー・20(ルノー・ヴァン、R20)は、フランス自動車製造会社、ルノー1975年から1984年の間に生産した乗用車である。

概要[編集]

1975年11月、当時のトップモデルR30の廉価版として約9ヶ月遅れで発売された。R30と同じ大型の5ドアハッチバックボディに一回り小さいR16TXと同じ1.6Lの直4エンジン(90hp/67kw)を縦置で搭載。フロントマスクは丸型4灯ヘッドランプのR30に対して、こちらは異型2灯式ヘッドランプを持つ。

各種装備が簡素化され、メカニズム面ではリアブレーキがドラムとなり、ホイールサイズが13インチに下げられている。燃料タンク容量も7L少ない60Lに小型化。

当初組み合わせたギアボックスは4段MTと3段AT。 トリムはL、TL、GTLの3種類が用意された。

1977年にアンダーパワー解消のためシトロエン・CXプジョー・505とも共通の2.0L SOHC109hpPRVエンジンを積むTSを追加。1979年に5段マニュアルとルノー乗用車初となる2.1Lディーゼルを追加。1981年には2.2Lの燃料噴射R20TXを追加。1984年に後継車R25の登場により生産終了。

全幅が1,700mmを超えており、日本では3ナンバー登録となり、当時は自動車税が割高になるので正規に導入されなかったが[1]、79年3月からオーストラリアでも2L TSのATを販売、1980年2月からは4段MTも追加。82年3月にはMTが5段に切り替えられている。その他1984年にニュージーランドでも2LのMTとATを販売した。

モデルコードと生産台数[編集]

  • R1270:20/30ターボD - 27,601台
  • R1271:20L/TL/GTL - 187,001台
  • R1272:20TS - 201,401台
  • R1276:20TD/GTD - 84,801台
  • R1277:20LS/TS - 100,401台
  • R1279:20TX - 33,801台

R1273は不明。R1275とR1278はR30

脚注[編集]

  1. ^ ただし、ルノー・5ターボ2は3ナンバーのまま輸入された。

外部リンク[編集]

ルノー ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
コンパクト トゥインゴ トゥインゴII
5/7 シュペール5 クリオ(ルーテシア)I クリオ(ルーテシア)II クリオ(ルーテシア)III クリオ (ルーテシア)IV
シンボルI シンボルII
モデュス
カングー
カングーII
14 9/11 19 メガーヌI メガーヌII メガーヌIII
フルエンス
パルス
スカラI スカラII
ミドル 18 21 ラグナI ラグナII ラグナIII
20/30 25 サフラン ヴェルサティス ラティテュード/サフラン
アッパー タリスマン
ミニバン セニックI セニックII セニックIII
エスパスI エスパスII エスパスIII エスパスIV
クーペ フエゴ アヴァンタイム ラグナクーペ
オープン ウインド
クロスオーバーSUV キャプチャー
コレオス
アルピーヌ/スポール A310 V6 A610 スパイダー