パイドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パイドラー古希: Φαίδρα, Phaidrā, ラテン語: Phaedra)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してパイドラとも表記される。

クレータ島の王ミーノースパーシパエーの娘。カトレウスデウカリオーングラウコスアンドロゲオース、アカレー、クセノディケー、アリアドネー、の兄妹。

アテーナイテーセウスの妻。 テーセウスとの結婚の祝宴の席に嫉妬したアンティオペー(かつてテーセウスと結婚していたアマゾーンの女王)が、他のアマゾーンたちを引き連れて乱入し、命を狙われるが、テーセウスに助けられ、アンティオペーは殺される。テーセウスとの間に二子アカマースデーモポーンとを生んだ後、テーセウスとアンティオペーの息子ヒッポリュトスへの恋をアプロディーテーに吹き込まれ、義理の息子を愛してしまう。しかし、その恋は実らず、恋文は焼き捨てられ、ヒッポリュトスに罵倒される。彼がテーセウスに訴えることを恐れ、自分の寝室の扉を破り、衣を引き裂き、ヒッポリュトスが暴行を働いたと偽りの訴えをした。テーセウスはこれを信じ、ポセイドーンに祈り、ヒッポリュトスは戦車に引きずられて死んだ。しかしその後、自分の恋情が露見したため、自殺した。

系図[編集]


 
 
 
 
 
 
ミーノース
 
パーシパエー
 
 
 
アイゲウス
 
オトレーレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドロゲオース
 
デウカリオーン
 
アリアドネー
 
パイドラー
 
テーセウス
 
アンティオペー
 
ヒッポリュテー
 
ペンテシレイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イードメネウス
 
トアース
 
アカマース
 
デーモポーン
 
ヒッポリュトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


参考文献[編集]