シトロエン・サクソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サクソ

サクソSaxo )は、フランス自動車メーカー、シトロエンがかつて製造販売した小型ハッチバック乗用車。製造期間は1996年から2003年まで。

概要[編集]

前任モデルのAXの旧式化を受けてプジョー・106の基本骨格とコンポーネントを活用して設計されたが、デザインは当時のシトロエン車の方向性だった、極力アクの強さを排したものであった。ただ顔つき等には上級車XMのイメージが映されていた。

エンジン(1.1、1.4、1.6、1.6リットル16バルブガソリンエンジンと1.5リットルディーゼルエンジン)、サスペンションは基本的に106と共用していた。一方インテリアは柔らかいデザインのダッシュボードで独自性を出していた。

グレード[編集]

X、SX、エクスクルーシブ(3/5ドア。1.1、1.4、1.6リットル、1.5リットルディーゼル搭載)と、VTR、VTS(3ドアのみ。フェンダーアーチが盛り上がった精悍な風貌。VTRは1.6、VTSは1.6リットル16バルブ搭載)が存在した。

1997年2000年にマイナーチェンジを受けたが、中でもVTR/VTSはかなりスポーティな味付けの硬派ホットハッチとしてマニアに愛好され、ラリー(当時のWRCスーパー1600)等でも活躍した。系譜上はC2が3ドアの、C3が5ドアの後継車となった。

日本仕様[編集]

日本ではユーノスで輸入販売されていた時期がある。日本の気候環境上必須のエアコンと右ハンドルが両立できず、プジョー・106同様左ハンドルのまま輸入された。当初は「サクソ」の名称が商標登録上使えず、止むなく「シャンソン」(Chanson 、フランス語で小歌の意、日本ではフランスの古典歌謡という意味合いもある)と改名した。輸入されたグレードはSX(3ドア)、エクスクルーシブと同等グレードのV-SX(5ドア)だった。後に改めて『サクソ』を名乗った時はスポーツグレードのVTRとVTSのみが輸入され、後年VTSのみとなった。

関連項目[編集]

<- Previous シトロエン ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
ハッチバック 2CV
LN / LNA AX C1
ヴィザ サクソ C2
C3 I C3 II
DS3
C4エアクロス
GSA ZX クサラ C4 I C4 II
オープン DS3カブリオ
セダン BX エグザンティア C5 I C5 II
CX XM C6
ミニバン C15 ベルランゴ ベルランゴ II
C3ピカソ
クサラピカソ
C4ピカソ
エバシオン C8
オフローダー メアリ
クロスオーバーSUV Cクロッサー
C3クロスオーバー
DS4
DS5
ハイブリッドカー C-ZERO