シトロエン・C4ピカソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シトロエン・C4ピカソ
フロント
Citroën Grand C4 Picasso Exclusive front.jpg
C4ピカソ リヤ
Citroen C4 Picasso Luziferrot Heck.JPG
グランドC4ピカソ リヤ
2007-2010 Citroën C4 Picasso wagon (2011-03-08) 02.jpg
販売期間 2007年 -
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドア ミニバン
エンジン 2.0L 直4 143ps/20.8kgm
変速機 4速AT
6速セミAT(6EGS)
駆動方式 FF
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:カップルドビーム
全長 4,590mm
全幅 1,830mm
全高 1,685mm
ホイールベース 2,730mm
車両重量 1,610-1,650kg
-自動車のスペック表-

C4ピカソC4 Picasso )およびグランドC4ピカソGrand C4 Picasso )は、フランスの自動車メーカーシトロエンが製造・販売するミニバン型の自動車である。

初代[編集]

それまでのクサラピカソの後継として、2006年のモンディアル・ド・ロトモビルグランドC4ピカソを発表、C4ピカソは2007年1月に登場した。[1]クサラピカソやベルランゴとともにビーゴにあるPSAグループのスペイン工場で生産されている。

C4ピカソは5人乗り、グランドC4ピカソは7人乗りで、サイズではクサラピカソとC8の中間に位置する。車名が示す通り、C4およびプジョー・307プラットフォームをはじめ多くのパーツを共有している。

C4ピカソはパーキングブレーキは自動でロック・解除機能を持ち、パーキングブレーキの操作にはセンターコンソール上部にボタンスイッチが設けられており、シフトレバーもペンほどの大きさのセレクターがステアリングコラムから生えているのみである。新たに盛り込まれた電子制御機能のほとんどはハンドル内部に設けられたスイッチで操作可能で、そのスイッチ類を含めたハンドル中央部はC4同様固定式でハンドルを回しても中央部は回らないデザイン・設計になっている。エアコンは前後左右4座独立制御、夜間時はダッシュボード、ドア内装部分、サンバイザーに仕込まれたイルミネーションライトが灯され、総体的にコンピュータ、自動制御機能がふんだんに盛り込まれ自動車の電子機器化が進んだコンセプトとなっている。

エンジンはC4と共通の直列4気筒エンジンで、1.8L/2.0Lのガソリンエンジン、1.6L/2.0LのHDiディーゼルエンジンを搭載。トランスミッションは4速AT、5速MT、6速セミAT(6EGS)が用意されている。

サスペンションは基本的にコイルスプリングであるが、リアはオプションでエアサスペンションを選択することも可能。これはシトロエンが得意とするハイドロニューマチックとは違い、通常のタイプである。

ルノー・グランセニックやプジョー・307SWにも採用されている大きなグラスルーフを搭載、開放感と視界の良さを実現する一方で、ユーロNCAPでは5つ星を獲得するなど、安全性も確保されている。

2007年5月、日本での販売を開始。7人乗りで2.0Lガソリンエンジンに4速ATまたは6速EGSを組み合わせるモデルが導入されたが、日本ではグランドC4ピカソではなくC4ピカソを名乗る。グレードは「C4ピカソ2.0エクスクルーシブ」を名乗り、価格はいずれも345万円で、ハイドラクティブはオプションを含め選択できない。 [2]但し、リヤエアサスペンションは備わる。

2007年9月11日、ブルーのC4ピカソがスペイン工場で90万台目に生産された自動車となる。また、グランドC4ピカソC4ピカソの累計生産台数は13万台を越えた。[3]

2008年1月、値上げされ362万円となるも、その穴を埋め合わせるべく廉価版「C4ピカソ2.0」を追加した。 このグレードは従来のエクスクルーシブからバイキセノンライトやヘッドランプウォッシャー、鍍金モール、ガラスハッチ、リヤエアサスペンション、アルミホイールなどを省いた内容となっており、価格は335万円と27万円安となっている。

2009年2月、それまでの2.0Lから新開発の1.6Lツインスクロールターボに換装された。

2010年4月、一部改良。これまで設定されていたバイキセノンヘッドライトからハロゲンランプに変更された他、アルミホイールの形状が変更された。旧価格は377万だったが349万円と低価格が実現された。

2011年2月10日、マイナーチェンジ。エンジンはそのままで、これまで設定されていたハロゲンランプからバイキセノンヘッドライトが再設定された。インテリア表皮が変更され、レザーシートはメーカーオプション設定される。価格は据え置きされた。

2012年6月27日、特別仕様車「リミテッドスタイル」を150台限定で発売。「ミストラル」と呼ばれるブラックインテリアや17インチアロイホイールなどを装備。

2012年12月 日本での販売を終了。公式サイト上からも消えた。

2代目[編集]

2013年3月のジュネーブモーターショーで初公開されたコンセプトカー、テクノスペースの市販バージョンとして翌4月に発表された。PSAプジョーシトロエンが新開発したモジュラープラットホーム、「EMP2」を採用。アルミや高張力スチール、コンポジット素材の採用などにより、先代比で最大140kgの軽量化が図られている。ガソリンとディーゼルの複数のエンジンが用意され中でも、「e-HDi 90エアドリーム」と呼ばれるディーゼルは、欧州複合モード燃費26.2km/リットル、CO2排出量98g/km。この数値は、ハイブリッド車を除く小型MPVとしては、初のCO2排出量100g/km以下を達成している。[4]

脚注[編集]

  1. ^ [1] - シトロエンのプレスリリース(2007年1月5日)
  2. ^ [2] - シトロエン・ジャポンのプレスリリース(2007年5月25日)
  3. ^ [3] - シトロエンのプレスリリース(2007年9月21日)
  4. ^ http://response.jp/article/2013/04/03/195146.html

外部リンク[編集]

<- Previous シトロエン ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
ハッチバック 2CV
LN / LNA AX C1
ヴィザ サクソ C2
C3 I C3 II
DS3
C4エアクロス
GSA ZX クサラ C4 I C4 II
オープン DS3カブリオ
セダン BX エグザンティア C5 I C5 II
CX XM C6
ミニバン C15 ベルランゴ ベルランゴ II
C3ピカソ
クサラピカソ
C4ピカソ
エバシオン C8
オフローダー メアリ
クロスオーバーSUV Cクロッサー
C3クロスオーバー
DS4
DS5
ハイブリッドカー C-ZERO