ウィリー・ウェーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリー・ウェーバー
Willi Weber
生誕 Wilhelm Friedrich Weber
1942年3月11日(72歳)
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国バイエルン州レーゲンスブルク
国籍 ドイツの旗 ドイツ
職業 代理人
活動拠点 シュトゥットガルト
テンプレートを表示

ウィルヘルム・"ウィリー"・フリードリッヒ・ウェーバー(Wilhelm "Willi" Friedrich Weber, 1942年3月11日 - )は、ドイツバイエルン州レーゲンスブルク出身の代理人F1ミハエル・シューマッハラルフ・シューマッハ兄弟などのマネージャーとして知られる。また、スーパーモデルクラウディア・シファーナオミ・キャンベルとも契約している。

略歴[編集]

モータースポーツへの関わり[編集]

25歳の時、飲料事業を起業。投資に失敗して財産を失うが、飲食店経営者として成功を収める。趣味として子供の頃から憧れていたレース活動を始めるが、40歳を越えたため選手としての活動には見切りをつけた。

1983年F3チームを譲り受け、友人のクラウス・トレラとともにWTS(ウェーバー・トレラ・シュトゥットガルト)を結成。ドイツF3選手権において、ヨアヒム・ビンケルホック1988年)、ミハエル・シューマッハ1990年)、ペドロ・ラミー1992年)、ヨス・フェルスタッペン1993年)らチャンピオンを輩出した。国際大会でもミハエルと弟のラルフ・シューマッハマカオGP、ラミーとフェルスタッペンがマスターズF3で優勝した。

また、A1グランプリに参戦したドイツチームのシートホルダー(チーム所有者)を開幕年の2005 - 2006シーズンから2007 - 2008シーズンまで勤めた。スーパーノヴァ・レーシングが運営するドイツチームは2006 - 2007シーズンに総合優勝した。

トロ・ロッソ代表フランツ・トストも、かつてはウェーバーの部下としてWTSの運営を行っていた。

ミスター20%[編集]

1989年フォーミュラ・フォードに参戦していた20歳のミハエル・シューマッハに注目し、WTSのシートを与え、10年間のマネージメント契約を結ぶ。ミハエルは同年のドイツF3で年間2位となり、1990年にはチャンピオンを獲得。また、メルセデス・ベンツの若手育成プログラム(メルセデス・ジュニアチーム)に選ばれ、世界スポーツプロトタイプ選手権 (WSPC) に参戦した。

1991年、F1のジョーダンチームのベルトラン・ガショーがタクシー運転手との揉め事で収監されると、ウェーバーとメルセデス監督ヨッヘン・ニアパッシュは50万ドルの持参金付きで空いたシートを確保。ミハエルがF1デビュー戦ベルギーGPで予選7位を獲得して脚光を浴びると、直ちにベネトンへの電撃移籍を成立させた。

その後、フェラーリ在籍期間も含め、2006年の引退まで18年間ミハエルのマネージメントを担当した。チームとの契約交渉のほか、DEKRA(自動車車検機関)やDVAG(金融グループ)などの個人スポンサーとの契約、"MS"ブランドのライセンス管理などを引き受け、ミハエルをスポーツ選手有数の高額収入者とした。F3の最初の契約の際、「シューマッハの収入の20%を受け取る」との条件を交したことから、ウェーバー自身も巨額の報酬を得ることとなり、ミスター20%と渾名された[1]

なお、2010年に現役復帰したミハエルのマネージメントは、フェラーリ時代からの女性広報ザビーネ・ケームが担当している[2]

その他のドライバー[編集]

ミハエルのマネージメントで名を馳せたウェーバーは、その他の若手ドライバーのF1進出にも関与している。

1995年より2005年まで、ミハエルの実弟ラルフ・シューマッハのマネージングも担当した。ラルフはドイツF3→日本のトップフォーミュラ挑戦[3]→ジョーダンからF1デビュー、というミハエルと同じ道筋をたどった。ウェーバーはこれまで交わした契約の中で1番良いものとして、ラルフとトヨタの3年契約(2005年から2007年までで推定5000万ユーロ)を挙げている[4]トム・コロネルもドイツF3から日本のレース界へ進み、全日本F3フォーミュラ・ニッポンのチャンピオンを獲得した。

また、ポスト・シューマッハ兄弟としてニコ・ヒュルケンベルグをサポートし、2010年ウィリアムズ入りに導いた。ウェーバーは彼の才能を評価し、「ハルク」というニックネームで呼んだ[5]2011年、ヒュルケンベルグはレギュラーシートを失い、ウェーバーとの関係も終了することになった[6]

エピソード[編集]

シューマッハのF1デビューの際、新人と聞いて不安がるエディ・ジョーダンに対し、ウェーバーは「スパはミハエルのホームコースで走り慣れている」と説得した。確かにシューマッハの地元ケルペンから距離は近かったが、実際は一度も走ったことがなく、サーキットに行く道も知らなかったという。

脚注[編集]

  1. ^ 『皇帝ミハエル・シューマッハの軌跡』、pp48 - 49。
  2. ^ “ザビーネ・ケーム、ミハエル・シューマッハの新マネージャーに”. F1-Gate.com. (2010年3月3日). http://f1-gate.com/schumacher/f1_6655.html 2011年10月1日閲覧。 
  3. ^ シューマッハ兄弟はいずれもルマンと契約。ミハエルは1991年の全日本F3000に1戦のみスポット参戦。ラルフは1996年のフォーミュラ・ニッポンにフル参戦して初代チャンピオン獲得。
  4. ^ 『皇帝ミハエル・シューマッハの軌跡』、p50。
  5. ^ “ニコ・ヒュルケンベルグ”. ESPN F1. http://ja.espnf1.com/williams/motorsport/driver/2790.html 2011年10月1日閲覧。 
  6. ^ “ニコ・ヒュルケンベルグ、ウィリー・ウェバーと決別”. F1-Gate.com. (2011年5月14日). http://f1-gate.com/hulkenberg/f1_11706.html 2011年10月1日閲覧。 

参考文献[編集]

  • ZEITGEIST MEDIA編著、原田京子訳 『皇帝ミハエル・シューマッハの軌跡 - Danke,Schumi!』 ブックマン社、2007年、ISBN 978-4893086655

関連項目[編集]