スチュワート・SF-3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スチュワート・SF3
Rubens Barrichello 1999 Canada.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター スチュワート・グランプリ
デザイナー ゲイリー・アンダーソン
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック.
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, インボードスプリング/ダンパー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, インボードスプリング/ダンパー
エンジン フォード コスワース CR-1 2,998 cc (183 cu in) 72度 V10 NA, ミッドエンジン.
トランスミッション スチュワート製 6速 セミAT. 縦置き
燃料 テキサコ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム スチュワート フォード
ドライバー ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ
イギリスの旗 ジョニー・ハーバート
コンストラクターズ
タイトル
0 (4位: 1999年)
初戦 1999年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 1 1 0
テンプレートを表示
ジョニー・ハーバートがドライブするSF-3(カナダグランプリにて)

スチュワート・SF-3スチュワート・グランプリ1999年のF1世界選手権に投入したフォーミュラカー。デザイナーはゲイリー・アンダーソン

1999年[編集]

ドライバーはルーベンス・バリチェロジョニー・ハーバートの布陣で3年目のシーズンに臨む。開幕戦オーストラリアグランプリでは2台揃ってグリッド上でオイルリークが発生し、バリチェロはスペアカーを使用、ハーバートは出走不可能という憂き目にあった。

しかしながら、大荒れのヨーロッパグランプリでハーバートが1995年以来の優勝を果たし、チーム創設3年目で初優勝を飾った。バリチェロも3位に入りダブル表彰台を達成する快挙となった。

バリチェロも随所で健闘を見せ、特にブラジルグランプリでは予選で圧倒的な速さを誇るマクラーレンに続く予選3番手を獲得、決勝でもマシントラブルに見舞われたマクラーレンの2台をかわし、ピットインのタイミングでミハエル・シューマッハに先行されるが、その後自力でシューマッハをオーバーテイクするなど母国のファンを熱狂させるが3位走行中にエンジンブロー、初優勝の夢は消えてしまった。フランスグランプリでも雨の予選でポールポジションを獲得するなどしたが、決勝は3位に終わり、この年は3位(3回)が最高位となった。

また、このシーズン限りでエンジンサプライヤーであるフォードがチームを買収、2000年からはジャガーとして参戦することが決定、上昇気流に乗っていたチームの歴史はわずか3年で幕を閉じることとなった。

シャシー[編集]

  • シャシー名 SF-3
  • 材質 カーボンファイバーアルミハニカム・コンポジット
  • タイヤ ブリヂストン
  • ギアボックス 6速セミオートマチック

エンジン[編集]

  • エンジン名 フォード・コスワース CR-1
  • 気筒数・バンク角 V型10気筒・72度
  • 燃料・潤滑油 テキサコ

成績[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
ESP
スペインの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
AUT
オーストリアの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
EUR
欧州連合の旗
MAL
マラヤ連邦の旗
JPN
日本の旗
1999 16 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ 5 Ret 3 9 DSQ Ret 3 8 Ret Ret 5 10 4 3 4 8 36 4位
17 イギリスの旗 ジョニー・ハーバート DNS Ret 10 Ret Ret 5 Ret 12 14 11 11 Ret Ret 1 5 7