ゲルハルト・ミッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲルハルト・ミッター
MitterGerhard1968.jpg
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
F1での経歴
所属チーム ポルシェ,ロータス,ブラバム,BMW
活動時期 1963 - 1967,1969
出走回数 5
優勝回数 0
通算獲得ポイント 3
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1963年オランダGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1967年ドイツGP
テンプレートを表示

ゲルハルト・カール・ミッターGerhard Karl Mitter1935年8月30日 - 1969年8月1日)はドイツ出身のレーシングドライバーである。

経歴[編集]

ニュルブルクリンクでロータス・25を駆るミッター(1965年)

当初は2輪の方で活躍していたが、後に4輪に転向。フォーミュラ・ジュニアに参戦し、通算40勝を記録した。これはフォーミュラ・ジュニアにおけるドイツ人最多勝記録でもある。

1963年にはプライベート・ポルシェからF1に参戦。主にドイツグランプリのみのスポット参戦、また後年はF2マシンでの出走だったが、デビュー2戦目となった1963年のドイツグランプリでは4位入賞を果たしている。

またミッターはF1以外のカテゴリーでも活躍し、1966年からヒルクライムのヨーロッパ選手権で3連覇を達成。1969年のタルガ・フローリオも制している。

事故死[編集]

ニュルブルクリンクでの1969年F1ドイツグランプリでの予選中BMWのF2マシンで出走していたミッターはアデナウの高速ストレートを走行中に突然右のフロントタイヤがホイールごと外れるトラブルに見舞われ、コントロールの利かなくなったマシンは約170km/hでスピンを起こし、キャッチネットを突き破りフェンスに激突。マシンは粉砕しミッターは即死した。33歳だった。