ランチア・ベータ・モンテカルロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランチア・ベータ・モンテカルロ
シリーズ1
Lancia Beta-Montecarlo Rear-view.JPG
シリーズ2
Lancia Beta Monte-Carlo orange vr TCE.jpg
販売期間 1975年-1984年
デザイン ピニンファリーナ
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 直4ガソリンDOHC1,995cc120馬力
変速機 5速MT
駆動方式 MR
サスペンション 前:独立 マクファーソンストラット・コイル 後:独立 ストラット ウイッシュボーン・コイル
全長 3,815mm
全幅 1,695mm
全高 1,190mm
ホイールベース 2,300mm
車両重量 1,040kg
-自動車のスペック表-

ランチア・ベータ・モンテカルロイタリアの自動車メーカー・ランチアが1975年から1984年まで生産した2人乗りスポーツカーである。

当初は「フィアット・X1/20」として、フィアット・X1/9の上級モデルとしてフィアットが開発していたが、最終段階でより高級でスポーティなイメージのランチアブランドが与えられることになり、1975年のジュネーブ・モーターショーで、ベータシリーズのスポーツモデルとしてデビューした。デザインと車体製造はピニンファリーナが行なった。

同じランチアのミッドシップ・スポーツカー、ストラトスがラリー競技向けのスパルタンなスーパースポーツカーであったのに対し、モンテカルロは豪華な内装、広い視界、強固なバンパーやサイドプロテクトモールなど実用性に十分配慮されたエレガントなスポーツカーであった。その分エンジン出力は120馬力、最高速度は190km/hと性能は控え目で、特に排気ガス対策を施され、「ランチア・スコーピオン」の名で売られた(先にシボレー・モンテカルロが登場していたため名称変更)北米仕様車の性能は1,756cc81馬力と失望すべきものであり、大型バンパーや丸型ヘッドライトで外観もスポイルされていたこともあり、アメリカでの販売は低迷した。(1976年モデルとして1801台が作られたが、405台が売れ残り、1977年に売られた)このため1979年にはモンテカルロ自体が一旦生産中止となったほどである。

しかし翌1980年には復活、他のベータ同様伝統的パターンのフロントグリルに変更となりシリーズ2となった。最高出力120PS/6000rpm、最大トルク17.4kgm/3400rpmであった(『80年代輸入車のすべて』三栄書房、83頁参照)。後部のフィンにはガラスが嵌め込まれて、弱点であった斜め後方の視界も改善された。エンジンも燃料噴射化され0-60マイル加速は10秒から8.6秒に短縮され、1984年まで生産された。

ただし、英語版Wikipediaによると、スペック上では理想的なスポーツカーであったが、実際には高い騒音、硬いシフト、リアクロスメンバーの腐食による破損、オーバーサーボ気味でフロントが早期にロックするブレーキなどの欠点を持っていた。車体もファイヤーウオールやホイールアーチ、フロアパネルなどが錆びやすいことが原因で、多くのベータモンテカルロ、スコーピオンが既にスクラップとなった。[1]こうした欠点を改め、良く維持された個体には希少価値がつきつつある。

日本への輸入[編集]

日本には並行輸入業者だった頃のガレーヂ伊太利屋や、当時の輸入代理店・東邦モーターズによって少数輸入された。

ベータ・モンテカルロ・ターボ Gr.5(1980年ニュルブルクリンク1000km耐久仕様)

モータースポーツでの活躍[編集]

レースフィールドには、プロトティーポとして1974年アバルトピニンファリーナの手によって開発されたプロトタイプ、アバルトSE030が存在する。ピニンファリーナでの風洞実験によって決められた流麗なボディに、フィアット130用V6気筒をベースにアバルトでウェーバーキャブレター三連装等のチューンを経て、285PSを発揮するパワーソースをミッド・シップに縦置きとし、ミッションデ・トマソ・パンテーラ用のトランス・アクスルを採用。その年の10月のジロ・デ・イタリアにてジョルジオ・ピアンタのドライブにより、2位入賞を果たす。このボディフォルム自体は当時フィアットで開発中であったX1/20に採用されていった経緯がある。

1976年末のランチアとフィアット自体のレース部門の統廃合によりラリーチームの人員の大半がレースフィールドへ転向してきた関係もあり、フィアットの意向によりストラトスから次第にフェードアウトしていたワークスレース活動の材料として再度このSE030へと白羽の矢が立つ。

1979年5月のジロ・デ・イタリアでそれまでのストラトスのGr.5仕様と入れ替わるようにして、登場した。アバルトチューンによりKKK製ターボを搭載し360PSを発揮し、ダラーラにてシャーシ開発された「ベータ・モンテカルロ・ターボ Gr.5」である。F1勢からジル・ヴィルニューヴリカルド・パトレーゼ、ラリー勢からヴァルター・ロールマルク・アレンらがドライブを担当し、ニュルブルクリンク1000km、ル・マンといったサーキット耐久レースに参戦。ランチア・LC1ランチア・LC2の登場まで熟成を重ねる事となる。耐久レースがGr.Cに移行し、ラリーシーンではプロトティーポとしてのアバルトSE037を経て、1982年にGr.B規定の競技用スーパースポーツ・ランチア・ラリー037が登場した。

参考文献[編集]

二玄社 別冊CG「自動車アーカイブVol8 70年代のイタリア車編」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 更にこれ等の諸元に加え、英BBCトップ・ギア(Series14 Episode3)中、ランチアの栄光と悲劇として紹介されており、英国特有の雨期の影響もある中、英メディアの執拗な攻撃を受け、改良型ベータはおろか全モデルが深刻な販売不振に陥り、1994年にイギリス市場から撤退するに至るまでも綴られている。