アルファロメオ・146

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルファロメオ・146
アルファロメオ・146(フェイスリフト後)
Alfa Romeo 146.jpg
販売期間 1995年-2000年
デザイン アルファ・ロメオ・チェントロスティーレ
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン ガソリンエンジン
水平対向4気筒SOHC 1.3L,1.6L
水平対向4気筒DOHC 1.7L
直列4気筒DOHC 1.4L,1.6L,1.8L,2.0L
ディーゼルエンジン
直列4気筒ターボ 1.9L
駆動方式 FF
サスペンション 前:マクファーソン・ストラット
後:セミ・トレーリングアーム
全長 4,257mm
全幅 1,712mm
全高 1,425mm
ホイールベース 2,540mm
先代 アルファロメオ・33
後継 アルファロメオ・147
-自動車のスペック表-

アルファロメオ・146Alfa Romeo 146 )は、イタリアの自動車会社アルファ・ロメオが製造したハッチバック型の乗用車

概要[編集]

33の後継車種として1995年に発売された5ドアハッチバックで、2000年まで製造された。2000年発表の147が後継車種となる。 33と同じ5ドアハッチバックで、1994年に発売された145とボディ前半部は共通するが、別の名称を与えられた独立モデルであった。

しかし、3ドアハッチバックである145の5ドア版であることに間違いはなく、145や155と同様にフィアット・ティーポがベースとなり、多くの部品を共有した。 ただし、33同様に3ボックスセダン風のトランク部分を強調した造形から、Cピラー周辺の骨格はアルファロメオ独自の開発であった。

ボディサイズは、全長4,257mm×全幅1,712mm×全高1,425mm、ホイールベースは2,540mm。

エンジンは、排気量1.3Lと1.6Lの水平対向4気筒OHC、1.7Lの水平対向4気筒DOHC、1.4L,1.6L,1.8L及び2.0Lの直列4気筒DOHCのガソリンエンジンと、排気量1.9Lの直列4気筒ターボディーゼルエンジン。 直列4気筒DOHCモデルは、ツインスパーク(Twin Spark )と言われるエンジンで、1気筒あたりに2本の点火プラグが配置されていた。 これらをFF方式で駆動した。

サスペンションは、前輪がマクファーソン・ストラット後輪がセミ・トレーリングアーム。バネは前後ともにコイルスプリングを使用。

内外装ともにアルファ・ロメオ・チェントロスティーレ(アルファ・ロメオ社内デザインセンター)が担当。

日本での販売[編集]

アルファ・ロメオの正規輸入元であるフィアット&アルファロメオ・モータース・ジャパンで輸入されることは無く、並行輸入という形でのみ販売された。しかも輸入されたのはほとんど左ハンドルで、右ハンドルはごく少ない(1.6Lの右ハンドル仕様が業者オークションにて1台確認されている。)ベース車の145とは内装が異なったデザイン設計になっている。

外部リンク[編集]