アルファロメオ・33

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルファロメオ・33
Alfa Romeo 33 1.3 VL 1991.jpg
販売期間 1983年 - 1994年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア ハッチバック
5ドア ステーションワゴン
エンジン ガソリン
1.3L/1.4L/1.5L/1.7L 水平対向4気筒
ディーゼル
1.8L 直列3気筒 ターボ
駆動方式 FF / 4WD
全長 4,075mm
全幅 1,613mm
全高 1,350mm
先代 アルファロメオ・アルファスッド
後継 アルファロメオ・145/146
-自動車のスペック表-

アルファロメオ・33は、イタリアの自動車メーカーアルファ・ロメオが製造・販売していた自動車である。アルファ33とも呼ばれる。

歴史[編集]

アルファスッドの後継車種として、1983年にまずハッチバックモデルが登場。アルファスッドとはプラットフォームや一部の部品を共有している。

エンジンはアルファスッドから引き継がれた1.3L/1.4L/1.5Lの水平対向4気筒OHVガソリンエンジンと1.8Lの直列3気筒OHVディーゼルエンジン。ガソリンエンジンにはシングルキャブレター仕様、ダブルキャブレター仕様、インジェクション仕様が存在し、このスモールボクサーエンジンは後継車種となるアルファロメオ・145/146にも引き続き搭載された。

デザインはチェントロスティーレ(アルファ・ロメオのデザインセンター)所属のエルマンノ・クレッソーニが担当。

1984年、ステーションワゴンモデルを追加。当初は「ジャルディネッタ」の名称が付けられていたが、後に「スポーツワゴン」に変更されている。ワゴンのデザインとボディの製造はピニンファリーナが担当。また、ハッチバック・ワゴン両モデルに4WD仕様を追加。

1986年、1.7Lエンジンを追加するとともに、75に準じた内装に変更。

1989年、マイナーチェンジ。フロントが164と同様のデザインに変更され、4カムOHCDOHC16バルブヘッド化を受けた1.7Lエンジンの出力が137bhpに向上した。また、4WD仕様には新開発の4WD機構(パーマネント4、後のQ4)が搭載された。


燃料 種類 排気量 弁機構 バルブ数 燃料供給装置 出力
ガソリン 水平対向
4気筒
OHV 1.3L 8バルブ シングルキャブレター 79bhp
ダブルキャブレター 86bhp
1.4L 8バルブ インジェクション 88bhp
1.5L 8バルブ シングルキャブレター 85bhp
ダブルキャブレター 105bhp
インジェクション 97bhp
1.7L 8バルブ ダブルキャブレター 117bhp
DOHC 16バルブ インジェクション 137bhp
ディーゼル
ターボ
直列3気筒 1.8L OHV 6バルブ インジェクション 83bhp

外部リンク[編集]