アルファロメオ・アルファ6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルファロメオ・アルファ6
初期型(左)・後期型(右)
Alf6wiki.jpg
サイドビュー
Wikialf6204.jpg
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン V6 ガソリン2492cc 158馬力
変速機 5速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前:独立 ダブルウィッシュボーン トーションバー 後:ド・ディオン・アクスル コイル
全長 4760mm
全幅 1684mm
全高 1400mm
ホイールベース 2600mm
車両重量 1350kg
先代 アルファロメオ・2600
後継 アルファロメオ・90
-自動車のスペック表-

アルファロメオ・アルファ6 (Alfa Romeo Alfa 6 (Sei))は イタリアの自動車メーカー・ アルファ・ロメオ が1979年から1985年まで生産した大型高級乗用車である。ベースとなったのは2000ccクラスの中型車、アルフェッタで、ドアパネルなど共用部品も多く、サスペンションも共用しているため車格の割に妙に車幅が狭いスタイルとなった。これは、6は1969年に生産中止された2600の後継車として、1972年デビューのアルフェッタに先行して開発されていたためで、開発が遅れて1973年の第一次石油危機に遭遇し、発売がアルフェッタに実に7年も遅れてしまったためであった。このため、6のスタイルは発売当初から古めかしかったが、その割にはcd値は0.41と優秀な値を示した。また、トップモデルらしく、アルファロメオとしては異例に装備も充実しており、パワーステアリング、集中ドアロック、電動ミラー、リミテッドスリップデフ、衝突時の燃料自動カットオフ機構などが標準装備されていた。

1983年にはマイナーチェンジされ、ヘッドライトが角型2灯式に改められ、内外装が改められた。1985年にアルファロメオ・90に世代交代して生産中止されるまでに1万2,070台が生産された。登場が遅きに失したため、商業的に成功作にならなかった。

日本にはデビュー直後、当時の正規代理店伊藤忠オートによって、サンプル的に数台が輸入された。

V6エンジン[編集]

6で特筆されるのは新設計のV6SOHCエンジンがこの車で初めて市販化されたことである。当初は2500cc、158馬力/5600rpm、6キャブレター(調整が難しかった)であった。このエンジンはその後改良が重ねられ、現在まで164/155/156/GTVなどその後のアルファ・ロメオ各車や、同じフィアット系列のランチアの車種であるテーマ/カッパ/テージスなどにも搭載されており、傑作エンジンとして評価が高い。1983年のマイナーチェンジ後は6キャブレターがボッシュLジェトロニック燃料噴射に改められた(出力は158馬力のまま)。またイタリア国内向けの2000ccキャブレターエンジン(2.0V6:1997cc135馬力)、VMモトーリ製2500cc5気筒ターボディーゼル版(2.5TD:2494cc105馬力)も追加された。(生産台数内訳は2500キャブレター5748台、2500インジェクション1574台、2000キャブレター1771台、2500ディーゼル2977台)

参考文献[編集]