アルファロメオ・156

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルファロメオ・156
前期型(1997年-2003年)セダン
Alfa Romeo 156 Selespeed.jpg
後期型(2003年-2005年)セダン
Alfa-Romeo-156-Giugiaro.jpg
後期型(2003年-2005年)
ステーションワゴン
Alfa Romeo 156 Sport waggon grey vl.jpg
販売期間 1997年 - 2005年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
5ドア ステーションワゴン
エンジン 1997年-2002年
2.0L 直4 155ps
2.5L V6 190ps
2002年-2005年
2.0L 直4 166ps
2.5L V6 192ps
3.2L V6 250ps
最高出力 190ps/6,300rpm
最大トルク 22.60kgfm/5,000rpm
変速機 5速MT
4速AT(Qシステム)
5速セミAT(セレスピード)
6速セミAT(セレスピード)
駆動方式 FF
全長 4,435mm
全幅 1,755mm
全高 1,415mm
ホイールベース 2,595mm
先代 アルファロメオ・155
後継 アルファロメオ・159
-自動車のスペック表-

156は、イタリア自動車メーカーアルファ・ロメオ1997年から2005年にかけて製造、販売していた中型セダン155の後継にあたり、スポーツワゴンもラインナップする。アルファ156とも呼ばれる。アルファ・ロメオ史上、商業的に最も成功したモデルとされる。

2005年には、後継車である159セダンの生産、販売が開始された。

歴史[編集]

セダン[編集]

1997年フランクフルトモーターショーで生産型が発表され、日本では1998年5月に1度発売された。1998年度のグッドデザイン賞を受賞している。デザインはワルテル・デ・シルヴァが担当。

日本仕様車のエンジンは2リッター直列4気筒と、2.5リッターV型6気筒の2種類。トランスミッションは当初2リッターには5段MT、2.5リッターには6段MTが組み合わされ、後にそれぞれセレスピードフェラーリF1ギアシステムを元にしたセミオートマ)、2.5リッターには4段QシステムMTのようなシフトレバーを持つAT)が追加された。

2002年7月には、2リッターエンジンはそれまでのツインスパークから三菱自動車のGDIエンジンのパテントを獲得した直噴エンジンJTSに換えられ、さらに3.2リッターV6エンジン搭載のスポーティモデルGTAがラインナップに追加された(詳細は後述)。しかしツインスパークが姿を消した事によって「アルファらしいエンジンが無くなってしまった」と嘆くファンも存在している。

2003年9月に外観を変更し、ジョルジェット・ジウジアーロのデザインしたアルファロメオ・ブレラに似たフロントマスクが採用された。

2004年にはスポーティグレードTI:Turismo Internazionaleの略)を設定。これは、2リッター、および2.5リッターモデルをベースに外観やホイールサスペンションにスポーティな装備を施したものである。また同時に、2リッターモデルにMTが設定された。

スポーツワゴン[編集]

日本での発売は2000年9月。当初は156の名を持たず、単にアルファ・スポーツワゴンと名乗っていた(ただし、リヤにはこの段階から156のエンブレムが装着されていた)が、2002年9月からアルファ156スポーツワゴンと改称。ワゴンとしての利便性よりもスタイルを重視したモデルで、トランク容量などは小さい。なお、日本向けにはMTの設定はない。

エンジン、サスペンション形式などはセダンと共通。ただし、荷物積載時の姿勢変化を抑えるため、セダンにはないセルフレベリング機構を採用している。

GTA[編集]

GTAはセダン、スポーツワゴンの両方に設定されたスポーティクレードである。

旧来のアルファ・ロメオにおけるGTAのAイタリア語軽量化を意味するAlleggeritaの頭文字で、1965年に登場したジュリア・スプリントGTAではベースモデルからおよそ200kgの軽量化を実現していた。

156GTAでは逆に全ラインナップ中で最も重くなっていることから(セダン<セレスピード>2リッターモデルの1,300kgに対し、同GTAは1,420kg)、イメージ先行の命名であるという見方もあり、エンスー自動車評論家の中には、似非GTAと称して否定的な態度を取る者もあるが[要出典]パワーウェイトレシオは、156全ラインナップ中、最も大きく、相対的な軽量化を達成している高性能モデルである。

183kW=250馬力を発生する3.2リッターV6エンジンは前輪駆動車としてはこれ以上望むべくもないスペックであり、専用設計のサスペンション、エアロパーツなどとも相俟って、世界中で人気(日本では発売日である2002年7月20日の受注のみで2002年輸入分を全て売り切っている、スイスでも発売と同時に初年度の全輸入台数が売り切れている。)を博している。

日本では2002年7月からセダンは6速MT、ワゴン(2003年に追加)は6速セミAT(セレスピード)仕様のみが導入されていたが、2005年2月にセダンにもセレスピードが設定された。 このセレスピードのセダンは、BMW・M3E46、SMG2モデルと比較されることが多く、スペックでは遠く及ばないものの、官能的な走りは互角以上と評価された。強化された足まわり、成熟されたセレスピード、V6・3.2Lエンジンのマッチングに加え、親会社フィアットのGM、クライスラーとの提携関係から、アルファロメオ製V6エンジンが生産中止となったことや、日本では2005年2月~2006年2月の1年間のみしか、発売されなかったことから希少価値が高く、良い個体が少なくなったこともあり、中古市場では高額で取引されている希少・人気モデルとなっている。

外部リンク[編集]