アルファロメオ・4C

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルファロメオ・4C(Alfa Romeo 4C)は、イタリアの自動車メーカー、アルファロメオが製造を予定しているミッドシップスポーツカーである。同社初のミッドシップの量産市販車である[1]

概要[編集]

アルファロメオ・4C
製造国 イタリア
販売期間 2013年
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 1,750cc 水冷直列4気筒ガソリン直噴ターボ
最高出力 177kW(240PS)/6000rpm
最大トルク 350Nm(35.7kgm)/ 2,100rpm - 4,000rpm
変速機 6速DCT(Alfa TCT)
駆動方式 横置きMR
サスペンション (前)ダブルウィッシュボーン
(後)マクファーソンストラット
全長 3,989mm
全幅 1,864mm
全高 1,183mm
車両重量 895kg
-自動車のスペック表-

アルファロメオは2011年1月に開催されたジュネーブショーにてコンセプトカーの「アルファロメオ4Cコンセプト」を発表[2]。2013年のジュネーブショーで正式な市販モデルが「アルファロメオ4C」として発表され、同年9月にイタリアバロッコにあるフィアットのテストコースにてメディア向けに試乗会が行われた。車名の由来となった (4 cylinders) 直列4気筒ガソリン直噴エンジンは、アルファロメオジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデに搭載されていた1,750 cc ガソリン直噴ターボ(235 PS )を改良し、最高出力を240 PS に引き上げた。

特筆すべきはフルカーボンモノコックを採用したことであり、モノコック単体の重量ではわずか65 kg しかなく、乾燥重量は895 kg となった。重量の軽さも相まってパワーウェイトレシオは3.7 kg/ps を達成した。

トランスミッションはフィアット独自開発の6速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)であるAlfa TCT (Twin Clutch Technology) を採用し、MTの設定はない。

日本市場での販売[編集]

2014年5月27日、日本で同年7月1日に販売されることが発表された[3]

グレード 排気量 エンジン 最大出力/最大トルク 変速機
4C 1742cc 直列4気筒DOHC16バルブインタークーラーターボ 240ps/35.7kgm 6速TCT
4Cローンチエディション


関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【海外試乗記】『人々にスーパーカーを』Web CG
  2. ^ 【ジュネーブショー2011】アルファロメオの小さなスーパーカー「4Cコンセプトは市販車決定!
  3. ^ 【アルファロメオ 4C 発表】小型スーパーカー日本市場へ 「手が届く」783万円からResponse

参考文献[編集]

  • カーグラフィック社 CAR GRAPHIC 2013年11月号『アルファ・ロメオ 4C』より

外部リンク[編集]