アルファロメオ・GTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルファロメオ・GTV
20080830123940.jpg
販売期間 1996年 - 2006年(日本国内)
デザイン ピニンファリーナ
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドア クーペ
最高出力 220PS/6,300rpm
最大トルク 27.00kgfm/5,000rpm
変速機 4気筒車5速MT、6気筒車6速MT
駆動方式 FF
サスペンション フロント:マクファーソン・ストラット
リア:マルチリンク
全長 4,290mm
全幅 1,780mm
全高 1,315mm
ホイールベース 2,540mm
車両重量 1,420kg(3.0V6)
先代 アルフェッタGT/GTV GTV6
後継 アルファロメオ・ブレラ
-自動車のスペック表-

アルファロメオGTVAlfa Romeo GTV )は、イタリアの自動車会社アルファ・ロメオが製造したクーペ型の乗用車。

Alfa Romeo GTV 3.0 V6 24V

特徴[編集]

外装デザインはイタリアの代表的カロッツェリアの一つ、ピニンファリーナに在籍していたエンリコ・フミアの手による。プラットフォームはフィアット・ティーポ等と同じ「ティーポ2」となり、横置きエンジンの前輪駆動車となった。フロントフェンダー下部からリアトランクに至る、大胆な斜めのキャラクターラインが大きな特徴。ヘッドライトはプロジェクターランプを用いた丸目4灯。乗車定員は4人だが、後部座席は非常に狭く、実質的には2人乗りに近い。

ボディサイズは全長4,290mm、全幅1,780mm、全高1,315mmで、ホイールベースは2,540mm。サスペンションはフロントがマクファーソン・ストラット、リアがマルチリンクとなっている。トランク容量は155リットルだがスペアタイヤも収まっているため、実質的には非常に狭い。(最終型はトランク床面下にパンク修理剤とエアーポンプを装備)

GTVとは、Gran Tourismo Veloceの略で、速いGTカーを意味する。尚、現在は途切れてしまったがGTVはアルファロメオ伝統のネームである。

歴史[編集]

1994年のモンディアル・ド・ロトモビルで正式発表。日本国内には1996年から導入され、2006年まで販売された。エンジンは4気筒と6気筒の2種類があり、日本での発売当初は2リッターV6ターボ(1,996cc、201PS/6,000rpm)と2リッター直列4気筒ツインスパーク(同排気量、150PS/6,300rpm)の2種類だった。このうちV6モデルのほうは、翌1997年以降、自然吸気3リッター(2,958cc、220PS/6,300rpm)となり、2003年から外観をリデザインし3.2リッター(3,179cc、240PS/6,200rpm)のみとなった。最終型(2005年式~)は左ハンドルの3.2リッターV6と2リッターTSの二本立てであった。