ルパン三世 念力珍作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルパン三世 念力珍作戦
監督 坪島孝
脚本 長野洋
原作 モンキー・パンチ
製作 藤岡豊、大木亀雄
出演者 目黒祐樹
田中邦衛
江崎英子
伊東四朗
音楽 佐藤勝
撮影 市原康至
編集 山地早智子
製作会社 国際放映
配給 東宝
公開 日本の旗 1974年8月3日
上映時間 82分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 ルパン三世
テンプレートを表示

ルパン三世 念力珍作戦』(ルパンさんせい ねんりきちんさくせん)は、モンキー・パンチの漫画『ルパン三世』を原作とし1974年8月3日に公開された実写版映画

概要[編集]

国際放映作品[1]赤塚不二夫中山千夏が企画に名を連ねているが、名義を借りただけで、実際にはノータッチだったという。監督は東宝クレージー映画シリーズを手がけた坪島孝。公開当時の併映作品は『ノストラダムスの大予言』。

本作品でのルパンファミリーは、ルパン三世を目黒祐樹、次元大介が田中邦衛、峰不二子を江崎英子、銭形警部を伊東四朗がそれぞれ演じた。なお、原作の石川五エ門に相当する役は本作に登場しない。

ルパン役を演じた目黒は後年テレビ番組で「監督とも話し合った結果、原作の通りに作るのはまず無理との判断になったので、原作を意識せず好きなように作ってみようということになった」「個人的にはとても気に入っている役」「再び映像化するなら是非演じてみたい」とコメントしている。

原作で頻出する「♂マークと♀マークを絡ませた濡れ場表現」を、忠実に映像化している。

内容とあまり関係のないタイトルの「念力珍作戦」は、東宝側からの「何か時代性のあるタイトルにしろ」との指示で、当時流行の超能力ブームにかこつけてスタッフがつけたものである[2]

本作品のルパンの銃はワルサーP38ではなく、ワルサーPPK消音器の付いたゴールドモデル)を使用している。

ストーリー[編集]

盗んだ車でドライブを楽しんでいたルパン三世は、その途中で刑務所に護送中だった峰不二子に出会い、彼女を手に入れるため脱獄に協力するが、不二子はルパンを置き去りにして一人で逃げてしまう。警察に捕まったルパンは銭形警部からの取り調べを受けるが、「脱獄に協力したという証拠も証人もない」という理由で釈放される。その直後、ルパンは自分のことを探していた次元大介に出会い、自分の素性を知ることになる。ルパンは、かつてフランスで活躍した怪盗アルセーヌ・ルパンの孫であり、世界中の犯罪組織を束ねていた「ルパン帝国」の御曹司だった。しかし、「ルパン帝国」はルパン二世の部下だったマカ・ローニ一家の裏切りによって壊滅してしまい、組織の生き残りは次元と、日本の孤児院で暮らしていたルパンの二人だけとなっていた。

警視総監からルパンの素性を聞かされた銭形警部は、ルパンを逮捕するために、それぞれ大岡越前遠山金四郎の子孫である大岡刑事と遠山刑事と共にルパンを追い掛け回すが、二人とも口先ばかりで役には立たず、当の銭形警部もルパンに散々な目に遭わされてしまう。同じ頃、ルパンが生きていることを知ったマカ・ローニ一家も、ルパンを抹殺するため殺し屋を送り込んできた。

そんな中、ルパンは不二子と再会し、次元と三人で時価56億円もの宝石を盗むことになった。難なく盗みに成功したルパンだったが、肝心の宝石は不二子に一人占めされた挙句、ルパンと次元は銭形警部に追い掛け回され、さらにマカ・ローニ一家の殺し屋たちに狙われるなど散々な目に遭ってしまう。次から次へと現れる殺し屋にウンザリしたルパンは、「安全だから」という理由で警察に自首してしまい、次元に呆れられてしまう。銭形警部はルパン逮捕の手柄で総監賞を貰い、新たに宇宙人の念力が詰まっているという遮光器土偶を四次元研究所に護送する任務を任された。

同じ頃、ルパンの自首を知ったマカ・ローニ一家も一安心し、世界中の物好きが欲しがっているという遮光器土偶を強奪しようと企んでいた。それを探っていた不二子が捕まったと聞いたルパンは血相を変えて留置所から脱走し、不二子を助けに向かう。ルパンは不二子が捕まっている山小屋に乗り込み不二子を助け出し、次元は銭形警部たちから遮光器土偶を強奪しようとしていたマカ・ローニ一家から遮光器土偶を横取りし、三人はヘリで逃げた。これをチャンスだと銭形警部はマカ・ローニ一家を捕まえようとするが、隙を突かれて逃げられてしまう。一方のルパンたちも、ヘリが故障して四次元研究所に不時着してしまい、護送役だと勘違いされ遮光器土偶の盗みに失敗してしまう。

後日、遮光器土偶を守った手柄で再び総監賞を貰えると思っていた銭形警部は、警視総監から「遮光器土偶を守ってくれたのはルパンだろう」と言われた挙句、ルパンに感謝状を届けて来ることを命令されてしまう。一方、ルパンと不二子は港でイチャイチャしており、次元はそれを横目に呆れ返っていた。そこに銭形警部が現れ、三人は逃げ出してしまう。それを見た銭形警部も感謝状を投げ捨て、三人を捕まえるため追い掛けっこを始めてしまった。次元と不二子が銭形に追いかけられているのを尻目に、カメラに歩み寄ったルパンは「これでお仕舞い」と挨拶をしてスクリーンの幕を下ろした。

キャスト[編集]

※映画クレジット順

※以下ノンクレジット出演者

※映画登場順

スタッフ[編集]

  • 原作:モンキー・パンチ
  • 監督:坪島孝
  • 製作:藤岡豊 大木亀雄
  • 脚本:長野洋
  • 企画:赤塚不二夫中山千夏
  • 音楽:佐藤勝
  • 助監督:志村光隆
  • 撮影:市原康至
  • 色彩計測:田辺博通
  • 美術:竹中和雄
  • 録音:西尾昇
  • 照明:小島正七
  • 編集:山地早智子
  • 特殊技術:中野稔
  • 疑斗:宇仁貫三
  • スチル:中尾孝
  • 製作担当:杠洋之輔
  • 製作宣伝:川島洋次
  • 装置:美建興業
  • 装飾:東宝美術
  • 衣裳:京都衣裳
  • 技髪:川口かつら
  • オリジナルサウンドトラック:「ルパン三世 念力珍作戦」(CDとして初めて商品化された)
  • 挿入歌:「恋のチャンス」 唄 - ポピーズ
  • 現像:東京現像所
  • 録音:東京映画
  • 配給:東宝

脚注[編集]

  1. ^ アニメ版を製作した東京ムービーの創設者である藤岡豊は、当時東京ムービーの取締役制作部長、および国際放映の専務を兼任しており、本作の製作も務めた。
  2. ^ 本作DVDの映像特典である坪島監督へのインタビュー(聞き手:佐藤利明)によると、脚本がほぼ出来上がっていたところへ、上から「タイトルは『念力珍作戦』で行け!」というお達しがあり、セリフなどを直してどうにか無理矢理こじつけた、とのことである。

外部リンク[編集]

ルパン三世の劇場映画
通番 題名 公開日 監督 脚本 主題歌 歌手 興行収入
実写版第1作 ルパン三世 念力珍作戦 1974年8月3日 坪島孝 長野洋 恋のチャンス ポピーズ
TV第2シリーズ
から再編集
ベネチア超特急 1978年3月18日 - 今野譲 (主題歌なし)
アニメ版第1作 ルパン三世 ルパンVS複製人間 1978年12月16日 吉川惣司 大和屋竺
吉川惣司
ルパン音頭 三波春夫 9.15億円
アニメ版第2作 ルパン三世 カリオストロの城 1979年12月15日 宮崎駿 宮崎駿
山崎晴哉
炎のたからもの ボビー 6.1億円
アニメ版第3作 ルパン三世 バビロンの黄金伝説 1985年7月13日 鈴木清順
吉田しげつぐ
大和屋竺
浦沢義雄
MANHATTAN JOKE 河合奈保子
アニメ版第4作 ルパン三世 風魔一族の陰謀 1987年12月18日 - 内藤誠 セラヴィと言わないで 麻倉未稀
アニメ版第5作 ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス 1995年4月22日 白土武 柏原寛司
伊藤俊也
愛のつづき 坂上伊織
アニメ版第6作 ルパン三世 DEAD OR ALIVE 1996年4月20日 モンキー・パンチ 柏原寛司 Damegeの甘い罠 media youth
アニメ版特別作品 ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE 2013年12月7日 亀垣一 前川淳 (主題歌なし) 42.5億円
アニメ版第7作 LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 2014年6月21日 小池健 高橋悠也 Revolver Fires Gary Stockdale
実写版第2作 ルパン三世 2014年8月30日 北村龍平 水島力也 (主題歌なし)