水グモもんもん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水グモもんもん』(みずグモもんもん)は、三鷹の森ジブリ美術館にて2006年1月より公開されているアニメーション映像。上映時間は約15分。

あらすじ[編集]

水ぐものもんもんはある日、アメンボのお嬢さんと出会い恋をする。好かれようと近づくが嫌がられてしまう。でも、もんもんはその後も近くで見ている。するとアメンボは魚に食べられそうになる。それをもんもんは助け、二人(匹)の間に恋が芽生えるという話である。この作品は、クモが嫌われていることを知った宮崎駿がくもを好きになるように作った話である。従って、この作品の主人公であるもんもんやその他の登場人物は、とても愛くるしく描かれている。それに特別なヴァイオリンによって奏でられるすばらしい音楽が加わり美しいものとなっている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]