式日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

式日』(しきじつ、SHIKI-JITSU、ritual)は、2000年に公開された日本映画庵野秀明監督による実写映画である。

「式日」は「儀式を執り行う日」を意味する。

概要[編集]

2000年12月7日に東京都写真美術館にて初公開された。第十三回東京国際映画祭最優秀芸術貢献賞を受賞している。

スタジオジブリの第2レーベルとして設立されたスタジオカジノの第1回作品である。そのためか、ジブリコレクションのひとつとしてビデオ・DVD化されている。DVDに関しては後に英語字幕がつけられ、米国でもリリースされる。

不幸な家庭と過去の体験に絶望し、現実世界を隔離して生活を送る少女の孤独で病的な精神世界の変遷を、非常に芸術的な映像で描き出した作品である。

アニメ作品が中心であった庵野監督のそれまでの実写作品はDVカメラによるものだったため、35mmフィルムの作品はこれが初めてである。美術館での公開となったことが象徴するように、芸術性の高い作品であり「エンターテインメント」を目指しておらず、作中でもそうした映像を批判する。

藤谷文子の書いた小説『逃避夢』が原作で、藤谷本人が主演した。この原作も、藤谷自身の家族問題が下地になっている。また、映画監督の岩井俊二がこの映画で初めて俳優として出演している。

物語の舞台およびロケ地は、庵野の出身地である山口県宇部市である。作品中では基底として標準語や関西弁が使用されているものの、後半では効果的に山口弁が使用されている。

作品は岩井俊二の影響を強く受けているように見えるとも言われており、全体的に岩井俊二テイストの音楽、編集、テロップなどが出てくるが、その映像の構図、撮り方などは庵野独特のものに他ならない。庵野特有の映像、カットが実写にも取り入れられ、映像作家としてかれの世界を垣間見ることができる。

スタッフ[編集]

メインキャスト[編集]

あらすじ[編集]

「カントク」は里帰りする。鉄路と巨大なコンビナート地帯、人影のないアーケードの商店街にコンクリート製の電柱ばかりが目立つ寂れた街並み。物語の冒頭、赤いブラウスとヒールを纏い鉄路に横たう若い女に気がつく。彼女は「明日は私の誕生日なの」と語る。カントクはそれまで東京で映像作家としての仕事をしていて大きな成功を得たが、それによって生まれた無力感や、本当は実写をやりたいという不満をため込んでいた。物語の全期間を象徴する31日間の、「私の誕生日」の前の日を共に送りながら、彼女とカントクは次第に心を開いてゆく。

カントクは自分の作品の素材として彼女の日々を撮り始めるようになる。眠らない彼女。毎朝6時にきまって住居としている廃墟ビルの屋上に上って、身を投げる勇気を試す「儀式」。入ってはならないとされる地下室は水浸しの床に赤い傘と赤いろうそくが一面に並ぶ。

二人で生活し始めるうち、当初は被写体としてしか捉えていなかったカントクだが、彼女がうちに秘める喪失感、自分を捨てた母親への憎しみ、常に比較の対象にされてきた姉への嫉妬など…虚構の世界に引きこもる動機に直面し、次第に彼女の心の問題そのものに取り組むようになる。やがて「錯乱した彼女の心」を持てあますようになったカントクと彼女の間に……。

外部リンク[編集]