大和屋竺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまとや あつし
大和屋 竺
生年月日 1937年6月19日
没年月日 1993年1月16日(満55歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 映画監督脚本家俳優歌手著作家
ジャンル 映画テレビドラマテレビアニメ
活動期間 1965年 - 1992年

大和屋 竺(やまとや あつし、1937年6月19日 - 1993年1月16日)は、日本の脚本家映画監督俳優。息子は脚本家の大和屋暁

経歴[編集]

北海道三笠市幌内町出生、東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。日活株式会社助監督部(第8期)を経て、若松プロダクション[要出典]

1966年、鈴木清順を中心とする脚本家グループ「具流八郎」を木村威夫田中陽造曾根中生岡田裕山口清一郎榛谷泰明とともに結成。変名に「出口出」、「大山村人」、「大谷義明」、「日野洸」、「小南洋人」がある[要出典]

『裏切りの季節』(1966年)、『荒野のダッチワイフ』(1967年)、『毛の生えた拳銃』(1968年)を監督[1]

1973年、『愛欲の罠』を監督する[2]

1993年1月16日、食道癌のため死去[1]

没後、荒井晴彦竹内銃一郎福間健二の編集による『悪魔に委ねよ 大和屋竺映画論集』がワイズ出版より刊行される[1]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • 情事の履歴書(1965年) - 脚本(大谷義明名義)
  • ゴースト・タウンの赤い獅子(1966年) - 脚本(具流八郎名義)
  • 裏切りの季節(1966年) - 監督・脚本
  • 荒野のダッチワイフ(1967年) - 監督・脚本
  • 避妊革命(1967年) - 出演
  • 殺しの烙印(1967年) - 出演・主題歌(「殺しのブルース」)
  • 情欲の黒水仙(1967年) - 脚本・出演
  • 殺しの烙印(1967年) - 脚本(具流八郎名義)
  • 蒼いフィルム 品さだめ(1967年)
  • 毛の生えた拳銃(1968年) - 監督・脚本(大山村人名義)
  • 犯す(1968年)- 監督
  • 金瓶梅(1968年) - 脚本
  • 寝強犯(1969年) - 脚本
  • 引き裂かれたブルーフィルム(1969年) - 脚本
  • 処女ゲバゲバ(1969年) - 脚本(出口出名義)・出演
  • 濡れ牡丹 五悪人暴行篇(1970年) - 脚本(日野洸名義)・出演
  • 叛女・夢幻地獄(1970年) - 出演
  • 野良猫ロック セックスハンター(1970年)
  • ネオン警察 ジャックの刺青(1970年) - 脚本
  • (秘)湯の町 夜のひとで(1970年) - 脚本(日野洸名義)
  • 八月の濡れた砂(1971年) - 脚本
  • 戦国ロック 疾風の女たち (1972年) - 脚本
  • 八月はエロスの匂い (1972年) - 脚本
  • セックス・ハンター 濡れた標的(1972年) - 脚本
  • らしゃめんお万 彼岸花は散った(1972年) - 脚本・出演
  • らしゃめんお万 雨のオランダ坂(1972年) - 出演
  • 王国(1973年) - 出演
  • 昭和おんなみち 裸性門(1973年) - 脚本
  • エロスは甘き香り(1973年) - 脚本
  • 愛欲の罠(1973年) - 監督・出演
  • 番格ロック(1973年) - 脚本
  • 戦争を知らない子供たち(1973年) - 脚本
  • 大人のオモチャ ダッチワイフ・レポート(1975年) - 脚本
  • 裸足のブルージン(1975年) - 脚本
  • 発禁 肉蒲団(1975年) - 脚本
  • 国際線スチュワーデス 官能飛行(1976年) - 脚本
  • 蛇と女奴隷(1976年) - 脚本
  • 不連続殺人事件(1977年) - 脚本
  • 青年の樹(1977年) - 脚本
  • 悲愁物語(1977年) - 脚本
  • 星空のマリオネット(1978年) - 脚本
  • 堕靡泥の星 美少女狩り(1979年) - 脚本
  • マタギ(1982年) - 脚本
  • カポネ大いに泣く(1985年) - 脚本
  • チェッカーズ SONG FOR U.S.A.(1986年) - 出演
  • 傷だらけの勲章(1986年) - 脚本
  • ドグラ・マグラ(1988年) - 脚本・出演
  • オーロラの下で(1990年) - 脚本

劇場用アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

著書[編集]

  • 悪魔に委ねよ 大和屋竺映画論集(ワイズ出版、1994年)
  • 荒野のダッチワイフ 大和屋竺ダイナマイト傑作選(フィルムアート社、1994年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 高崎俊夫 (2012年11月1日). “大和屋竺という映画作家がいた時代”. 高崎俊夫の映画アットランダム. 清流出版. 2014年7月20日閲覧。
  2. ^ 木全公彦 (2013年6月23日). “触媒としての二人の映画人”. 映画の國. マーメイドフィルム. 2014年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]